本日限定!Amazonタイムセール開催中

[超高コスパ&多機能]Amazfit Bip5〜スマートウォッチ初心者/入門者向き

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

入門用スマートウォッチとしては120点ではないだろうか? これだけの機能を備えて、このコスパを出せているのが単純にスゴイなと思える代物でした。

この記事では、Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の全容をスマートウォッチ初心者の方にも分かりやすくまとめていますので、最後まで読んでみて下さい。

Amazonで使える限定クーポンのご案内が本記事の末尾にありますので、ぜひご利用下さい。

記事末にAmazonクーポン有り!!

created by Rinker
Amazfit
¥12,580 (2024/04/18 19:07:06時点 Amazon調べ-詳細)
総合評価
Amazfit Bip 5(ビップファイブ)
 (4)

Amazfit Bip 5メリット・デメリット

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)のメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • とにかく高コスパ
  • 多機能
  • シンプル&ミニマルデザイン
  • 充電もち良し

デメリット

  • 画面解像度は低め
  • 動作速度は必要最低限

Amazfit Bip 5の開封

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)を開封していきます。

パッケージはシンプルでコンパクトでした。  

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

付属品

付属品もいたってシンプル構成で「本体」「マニュアル」「専用充電器」の3つです。  

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

専用充電ケーブル

専用充電ケーブルはAmazfitシリーズでお馴染みのやつですね。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

磁石でスマートウォッチの裏面にくっつくタイプの専用充電器です。

電源側はUSB Type-Aが採用されています。

個人的にUSB Type-Cにしてもらえると嬉しいな・・・と感じてます。ココはその内進化しそうですね。

充電器はスマートウォッチ本体と磁石でピタッとくっついてくれるので、意図的に力を加えないと外れない設計になってます。

「充電されてないよ〜」という事態はよほどのことでもない限りなさそうですね。

充電の様子も動画で確認してみて下さい。

▼Amazfit Bip 5(ビップファイブ)充電の様子

Amazfit Bip 5見た目/ファーストインプレッション

それではスマートウォッチ本体を見ていきましょう。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

角が丸まったラウンドフォルムですが、とてもシンプルにデザインされているので好感が持てます。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

カラーリングは上部が「黒」下部は「グレー」で統一されていてカジュアルでもビジネスでも違和感なく合いそうですね。

画面サイズ

まずは画面ですが、スクエアな1.91インチのTFT-LCDディスプレイです。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

Apple Watch7の45mmモデルとサイズ的にも同程度、カタログスペックではAmazfit Bip 5の方が0.01インチ大きいですね。

画面解像度

320×380という画素数で解像度は「250ppi」です。

解像度としてはミドルアッパークラスですね。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

めちゃくちゃ細かいという程ではないものの、パッと見で「粗さ」を感じる解像度ではありません。

必要十分な解像度でしょう。

Apple Watchに慣れている僕が見ても「荒い」とは感じず、Apple Watchと同じくらいかな?という印象でした。

2.5D強化ガラスと指紋防止コーティングも備えているので、ココも必要十分ですね。

操作ボタンは一つだけ!

操作インターフェイスは右サイドのボタン「一つ」だけ。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

いさぎよい構成で迷いがなくて分かりやすいです。

画面上でのタッチやフリック操作とサイドボタン一つで直感的に操作できるのはありがたいです。

さまざまなセンサー搭載

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)はコスパが良い機種ですが、3軸加速度センサーに加え心拍を計測するセンサーなど一般的なセンサーは全て搭載されてますね。

センサーはスマートウォッチ本体裏側を中心に搭載されています。  

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

スマートウォッチでできることは一通り出来る仕様になっているのはありがたいですね。

重さ

本体重量は「26g(ベルト除く)」と大変軽いです。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)
ベルト込みで約40g

装着していても苦になりません。

ウォッチフェイス(盤面)

さまざまなウォッチフェイス(盤面)が用意されています。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

専用アプリ「zepp」経由でダウンロードしてスマートウォッチ本体と同期することで好みのウォッチフェイス(盤面)が使えるようになります。

▼気に入って使っているウォッチフェイス(盤面)

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

ベルトについて

専用のベルトが最初からついています。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

本体下部と同じカラーリングの「グレー」のベルトです。

材質は「シリコン」、触った感じもしっとりすべすべで心地よいです。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

飽きの来ないシンプルデザインが好印象ですね。

本体裏側からベルトを外せるようになってるので雰囲気を変えたい時はベルトを変えて楽しめそうです。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の基本操作・操作感

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)は一つのサイドボタンと画面のタップ&フリックで操作します。

実際の操作感を動画で確認してみて下さい。

▼Amazfit Bip 5の画面操作動画

操作感はとくに反応の悪さを感じる事はありません。

意図した反応を返してくれています。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)は通常時画面が非表示となります。

手首を返した時に画面が表示される様になっています。

こちらも動画で確認してみて下さい。

▼Amazfit Bip 5で手首を返した時

強いて言えば、わずかに遅さを感じますが慣れると気にならなくなる程度のスピードでした。

Amazfit Bip 5の使い方・セッティング

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の使い方は簡単です。

使い始めのセッティングも難しくありません。

専用アプリ「Zepp」

専用のアプリ「Zepp」は必須です!

このアプリはAmazfitのシリーズを使った事がある人にはお馴染みのアプリです。

Zepp
Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

Amazfitシリーズのスマートウォッチで使われているのでアップデートがずいぶん行われ、とても使いやすくて優秀なアプリに進化しています。

事前にダウンロードしておきましょう。

▼流れとしては以下の様になります。

STEP.1
本体起動

本体のボタンを押して起動します。その後「使用言語」を選択します。

STEP.2
専用アプリダウンロード

専用アプリである「Zepp」をダウンロードしましょう。

STEP.3
ペアリング

本体の画面に表示されるQRコードをアプリのデバイス追加から読み込むと、アプリと本体がペアリングされます。

STEP.4
完了

基本セッティングは以上で完了です。簡単なチュートリアルを消化するとスタンバイ完了です。

Amazfit Bip 5の特徴・機能

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)はコストの割にとても機能が豊富です。

スマートウォッチで必要とされる主な機能はほぼ網羅されている感じなので、その辺をレビューしていきます

健康機能

健康機能として僕が常に気にしているのは「心拍数」計測です。

ランやジョギングなどには欠かせないですね。

▼アプリの心拍数画面

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)心拍数

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)は心拍を計測するセンサーがしっかりと備わっています。

また、「血中酸素濃度」の計測も可能ですので運動をされる方には必要な機能が揃ってますね。

そして、睡眠の計測もしてくれます。

▼アプリの睡眠画面

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

睡眠時間から眠りの深さなども記録してくれて健康管理に役立ちます。

あと、気に入っているのが「ワンタップで測定」機能、

一度の測定で「心拍数」「血中酸素濃度」「ストレス」を測って教えてくれます。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

僕は体調の変化を感じた時によく使います。おすすめ機能ですね。

防水・防塵性能

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の防水・防塵性能は「IP68」というIPXX規格の最高ランク。

雨や汗程度なら全く問題にならないくらいの性能ですね。

僕は毎日走っていますが、汗がAmazfit Bip 5につくのでランから帰ったら毎日水で流してはタオルで拭き上げてました。

▼防水防塵IPXX規格について詳しくはこちら

防水防塵規格 IPXX 防水/防塵規格「IPXとは?」〜初心者にも分かる!簡単な覚え方!

スポーツ・エクササイズ機能

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)はスポーツ・エクササイズ機能も豊富です。

ウォーキング・ランニングから筋トレ、ヨガなど120を超えるさまざまなエクササイズを記録できる様になっています。

僕は市民ランナーなので「ラン」をかなり使ってみましたが、1kmごとにアナウンスして知らせてくれたりする機能はとても便利でした。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

スマートウォッチでエクササイズの記録をしていきたいという方にとっても、さまざまなスポーツやエクササイズが用意されてるのは良いですね。

当然、同時に心拍なども記録されるので体の状態と合わせて振り返る事ができるのは便利です。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

位置情報性能

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)は4種類の衛星測位システムに対応しています。

ポピュラーなアメリカのGPS(アメリカ)だけでなくロシアのGLONASS、EUのGalileo、日本のみちびき/ QZSSといった衛星測位システムに対応しているので高精度での位置情報取得が期待できます。

電話通知・通話機能について

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)にはインテリジェント機能という事で、スピーカーとマイクが搭載されているのでスマホとBluetooth接続をしておけば、Amazfit Bip 5本体で通話する事が可能です。

スマートウォッチでの通話をしない場合は、着信通知だけを出す事も可能です。

注意
Amazfit Bip 5(ビップファイブ)で通話する場合は本体のBluetooth接続と別に通話専用のBluetoothの接続が必要になります。本体のBluetooth接続だけだと着信・通話ともに機能しないので注意しましょう。

その他にも、アレクサと連携させて声で操作をしたりといった事もAmazfit Bip 5本体からできる様です。

LINE通知・LINE返信機能について

日本では圧倒的に利用者の多いLINE(ライン)ですが、こちらもアプリ側で通知を「ON」にすれば本体にバイブと液晶画面に通知が入ります。

ただし、iPhoneの場合は内容や発信者は表示されません。

そして、iPhoneでの利用の場合、返信機能もないようですので、LINE(ライン)が入った事だけしか分からないですね。(※Androidの場合は定型返信ができる様です。)

LINE(ライン)のメッセージ表示に重要性がある方は注意が必要ですね。

充電に関して

Amazfit Bip 5は充電もちが良いです。

1回の充電で最長10日間駆動可能で、バッテリーセーバーモードを使えばさらに電池もちは伸びます。

1週間に一回くらいの充電で十分な感じですね。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

Apple Watchだと毎日充電していましたが、圧倒的に電池がもちました。

充電も大変早いです。

充電の検証をしたところ・・・、

0%から満充電までの所要時間は「2時間」かかりませんでした。

また、1時間の充電で「約76%」まで充電できたので、急いでいる時でも少しの充電でしばらくしのげそうです。

バッテリーに関しては言う事なしですね。

Apple Watchとの比較

僕はApple信者でもありますので普段使用しているApple Watchとも比較しながら使ってみました。

▼僕の使っているApple Watch Series 7

結論から言って、「機能的にはApple Watchと比較しても遜色ない」です。

Apple Watchでできる事は大体できるので不自由さは感じませんでした。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)
右上:Apple Watch 左下:Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

電池の持ちなどはAmazfit Bip 5(ビップファイブ)圧倒的に有利ですし、健康・運動機能面でも問題ありません。

ただ、画面表示や反応スピード、ヌルヌルサクサク感などはやはりApple Watch7に軍配が上がりました。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)はコストを抑えて機能を豊富にしてるので仕方がない部分ですね。

コスパ面では圧倒的にAmazfit Bip 5(ビップファイブ)が有利です。スマートウォッチ入門の方でスマートウォッチが要るのかどうか?見極めたい人にはAmazfit Bip 5(ビップファイブ)がおすすめです。

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)のスペック

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)をまとめています。

サイズ
45.94×38.09×11.2mm (心拍ベース除く)
カラー
ソフトブラック、クリームホワイト、 パステルピンク
本体重量26g (バンド除く)
ボディ素材プラスチック製ボトムケース
防水グレードIP68
ディスプレイ1.91インチ TFT-LCD
解像度320×380
PPI260ppi
タッチスクリーン
2.5D強化ガラス + 指紋防止コーティング
バッテリー容量300mAh (定格値)
理論上の充電時間最大2時間
標準的な使用※最大10日間
ハードな使用※最大5日間
センサー
BioTrackerTM 3.0 PPG バイオメトリックセンサー 3軸加速度センサー
通信規格Bluetooth 5.2 BLE
GPS
4衛星測位システム (GPS、GLONASS、 Galileo みちびき)
セット内容
スマートウォッチ(標準バンド含む) マグネット式充電、 取扱説明書
対応デバイスAndroid 7.0 以上、iOS 14.0 以上
OSZepp OS 2.0
アプリケーションZepp App

メーカー

よく間違えられているのを見かけますが、

「Amazfit」はブランド名で

メーカーは「Zepp Health Corporation(ゼップヘルス コーポレーション)」さんです。

ウェアラブルデバイスを中心にグローバルに展開されている中国の企業です。

IDC社が発表している「Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker」によると、

Amazfitは、2021年度の世界の成人向けスマートウォッチ出荷台数で第5位となっているそうです。

2014年以降、全世界でなんと!2億台以上のスマートウェアラブルデバイスを出荷しているとのことなので、

製品の安定感・安心感が確かなものだと感じますね。

また、直近の場合、2022年Q3(第3四半期)でハイレベルOS採用スマートウォッチで「三位」。

日本国内の2022年Q1~Q3でスマートバンドを含まない、スマートウォッチのランキングで、Apple、ガーミンに次ぐ、出荷台数で日本第三位となっています。

▼メーカーさん公式サイト

気になる質問Q&A

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の気になる質問をまとめました。

通話着信時の通知・表示はされますか?
設定を行うと着信表示可能です。また本体のマイク&スピーカーで通話も可能です。
LINEの通知・表示はされますか?
専用アプリ上の設定を行えば可能です。(iPhoneはメッセージの表示・返信はできません。)
バイブによる通知はありますか?
バイブ機能は搭載していますので、各種通知の際に本体が振動します。
Amazfit Bip 5(ビップファイブ)

まとめ

Amazfit Bip 5(ビップファイブ)の感想としては現時点での「高コスパスマートウォッチの最高峰」という言葉に尽きると思います。

スマートウォッチとしてほしい機能はほぼ網羅されていて必要十分な点が素晴らしいですね。

実売で「14800円」という価格でここまで豊富な機能を備えていて画面表示性能や動作性能も一定ラインを超えているのはかなり圧巻です。

スマートウォッチ初めての方の入門機としてあげるならばAmazfit Bip 5(ビップファイブ)が筆頭に上がってきそうです。

Amazonクーポンのご案内

Amazonでご購入の際に下記のクーポンをご利用頂くと「7%オフ(約1036円オフ)」となります。

▼クーポンコード

Bip5Kamix

有効期間:2023年9月22日〜10月22日まで

created by Rinker
Amazfit
¥12,580 (2024/04/18 19:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

Amazfitシリーズのスマートウォッチのレビューを他にも書いてますので参考にご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA