本日限定!Amazonタイムセール開催中

【書評】LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵〜あなたの頭の中の『OSバージョン・アップ』に。

LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

敬愛してやまない高城剛さんの新刊

「LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 」

を読んだので書評を書きました。

僕も大好きなこのLIFE PACKINGシリーズ。

今作が三作目。

 

こちらが一作目、

created by Rinker
¥280 (2022/09/28 18:10:59時点 Amazon調べ-詳細)

こちらが二作目、

created by Rinker
¥280 (2022/09/28 18:11:00時点 Amazon調べ-詳細)

前作と前々作も読みましたが、眼から鱗の発見がたくさんありました。

今読んでも色あせず面白いと思うので気になる方は前作、前々作も是非手に取ってもらいたい。

ただのモノ紹介本ではない

基本、この本は高城剛さんが自身で選んで使われている様々なモノを紹介している本だ。

しかし、ただのモノ紹介本とはわけが違う。

世界中を旅しながらDJ、作家、写真、映像クリエイターを多彩にこなし、テクノロジー、健康オタク、政治や経済、歴史に深く通じていてもはや「何の人なのか?」よく分からない人物「高城剛」さん。

女優の沢尻エリカさんと結婚されていたのをご存知の方が多いのでは。

それより前は「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きで時代の寵児的な立ち位置でメディアに露出していた事も。

そんな高城さんのクリエイティブで?過酷?で多動な?移動生活を支えるモノたちを紹介してくれているので、見た事も、聞いた事もないものがたくさん登場する。

それぞれに新しいテクノロジーや、新しい知識の背景があって、いちいち驚かされたり感心させられたりする。

商品写真と紹介文が続くシンプルな構成なのだけれど、すっかり魅了されてしまうのだった。

思えば、写真も文章も研ぎ澄まされていて秀逸だ。

頭の中のOSが書き換えられる感覚

Life Packingシリーズを読んだあとはいつも、

掲載されていた製品のことを夢中で調べて新しいテクノロジーや知らなかった知識に出会って、ワクワクしたり嬉しくなってボーッと夢想したりしている。

楽しみにしていた今回の新作も例に漏れずワクワクさせられっぱなし。

OSで云うところのバージョンアップがかかる様な、自分の中のオペレーティング・システムに新しいバージョンが読み込まれる感覚が味わえる。

よくもまあ、毎回これだけのワクワクを用意できるものだ・・・と感心しきり。

高城剛さんの探究心と知識・経験の豊富さは一般人の自分からすると次元が3つくらい異なっているのでは?・・・と思うほど。

同じ人間とは思えない・・・きっと宇宙人か?仙人か?どちらかではないかと思ってる(笑)

今回紹介されていたモノで僕の心が揺れ動いたものは、実に「31個」

これからじっくりその製品たちを調べてみて色々と物色したり勉強したりしたいと思ってる。

想像しただけで楽しみだ。

考えてみると・・・、この様なある種特異な楽しみ方をさせてくれる本は本書をおいて他にはないのではなかろうか?

僕を魅了した製品を紹介

ちなみに、僕の心が揺れた31個のモノの中から少しだけ紹介すると、

 

MacBookで低音を補強してくれるウーファースピーカー

BassJump 2

食材を真空密封して低温で調理する「低温調理機」

BONIQ Pro

座る時間も健康にするバランスボールの決定版

WELLNESS BALL アクティブシッティング

高城さんは兎に角極める人なので、あらゆるモノを使い倒して、おそらくその中から最上のモノを提案してくれている。

つまり僕らはLIFE PACKINGを読むだけで失敗する事なく「至高の答え」に行き着くことができる。

そう考えるとこの本は安すぎる(笑)

まとめ

本の装丁もデザインも秀逸で素晴らしい。

写真もこだわり抜いた一枚が使われていてとても素敵だ。

製品紹介本ではなくてアート作品の紹介本の様にも思えてくる。

見ていて楽しくなる、所有したくなる一冊。

気になった方は是非本書を手に取ってみてもらいたい。

読んでみてもしも「何の発見も感動もなかった・・・」と云う方がいたら、既に高城剛さんクラスの宇宙人か、仙人かもしれませんよ。

ちなみにこの本はKindle Unlimitedでも読めます。

この本が読み放題で読めるなんて、本当に良い時代です。

テクノロジーと高城剛さんとAmazonに感謝。

Kindle読み放題サービス

 

合わせてこちらも読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA