記事一覧

【2020年度版】分かってる様で圧倒的に分かってなかったブログ初心者向けの有料級「ブログの4つの秘密」

秘密の扉

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

今日はここにブログに関することを書きます。

初心者の方向けの「ブログの秘密」です。

秘密なので『自分だけの気づき』にしておいても良かったのですが、

せっかくの気づきなので、必要としている方のために書いておこうと思い記事にしています。

本格的にブログに取り組んで約1年で気づいて愕然としたコトです。

 

ちなみに僕は今のブログをはじめて約1年と半年ですが、約300記事を書きました。

ボツになった記事などを入れると500記事以上です。

そんな僕が飛躍的にPV数を伸ばすことができたのはここで紹介する「ブログの4つの秘密」に気づいてからです。

 

念のため、この記事はブログ初心者の方か、ブログを書く事に興味のある方のための記事です。

それ以外の方はこれ以降読んでも意味がないのでよければ僕のブログのトップページからおすすめ記事などを覗いてもらえたら嬉しいです。

>Studio Kamix(スタジオ・カミックス)トップページ

 

有料級「ブログの4つの秘密」

それでは本題に戻って初心者向けの「ブログの4つの秘密」です。

 

まず一つ目

[1]「好きな事をブログに書いてアクセスが上がりまくる・・・なんて事は起こらない」

 

二つ目

[2]「読者よりも先にGoogle(SEO)に好かれないと『何も』始まらない」

 

三つ目

[3]「今あなたが書いている文章は、あなた自身に向けて書かれている」

 

四つ目

[4]「あなたが熱く書けば書くほど読者の心は離れていく」

 

この4つについて詳しく掘り下げたいと思いますが、

その前に、この4つの見出しを読んでみて、

一つもピンと来なかった方はこの先を読んでも意味がないので先を読む事をおすすめしません。

 

一つでも「え?」とか「おや?」と思った方は、先に読み進めてから判断してみて下さい。

 

ちなみにこの四つは、ブログに関する知識をある程度インプットして、作業をして、書きまくって、それを繰り返してやっと気づけるレベルのものです。

 

実は僕は今までこれと同様のコトを書いてくれている書籍や動画なんかに何度も触れてきましたが、その時は全く気づけませんでした。

「自分は違うはず・・・」という無意識。

「何か自分独自のやり方、オリジナリティの様なものを発揮してうまくいくのではないのか?」

と云う根拠のない自信があったんでしょうね。

振り返ると我ながらアホだなと感心します(笑)

 

なので、今この記事を読んで下さっている方々には僕よりも、もっと早く気づいてほしいと思い、この記事を書きました。

正直僕はこのコトにもっと早く気づけるなら10万くらいは払っても良いかな?と思っています。

つまりこの記事には僕みたいにブログに真剣に取り組んでいるブログ初心者の方々にとっては「有料級」だと思います。

でも、あえて無料で記事にさせてもらってます。

 

そう云う意味では、今これを読んでいるあなたは得するかもしれません。

それでは4つの秘密について詳しく書きます。

キーボード 書く

[1]「好きな事をブログに書いてアクセスが上がりまくる・・・なんて事は起こらない」

もう、そのまんまなのですが、初心者はこう云う風に考えがちだと思います。

「好きな事について書いていればいつか検索でも上位に上がって行って、あきらめずに続けてさえいればアクセスは増えていく」

もちろん「全くない」とは云いませんが、ほぼありません。

普通の人が普通に好きなコトをいくら書いたとしても突如アクセスが爆上がりしたり、

継続するだけで少しずつだけど右肩上がりでアクセスが増えていく・・・

というようなことは99.99%くらいないと云い切れます。

なぜか?

実は答えは簡単です。

出来るだけ端的に云うと、

「アクセスを上げる方法がきちんと存在している

ことと

「それを十分に知っている人が大勢居る」

ってこと。

ブログ初心者の人はこの両方ともを理解していません。

かく云う僕も同じでしたからよく分かります。(笑)

釣りをする人

たとえるならば・・・、

釣り場に釣竿を持たずに手づかみで魚をとりに行っているようなモノです。

おまけに釣竿や仕掛けをもった大勢の釣り人は自分には全く見えてません。

その大勢の達人級の釣り人たちがお魚を釣りまくっているのですから、竿も持たない素人に魚が釣れるわけがありません。

もし、とれたとしても小魚がたまたまとれる程度でしょう。

それくらい絶望的なコトをしていると思って間違いないでしょう。

 

「とりあえず書いていれば自然とアクセスは増える」

「とりあえず書いていれば偶然うまくいく」

 

こんな事が起こるはずがない事が分かってもらえたでしょうか?

SEO

[2]「読者よりも先にGoogle(SEO)に好かれないと『何も』始まらない」

ネット上でアクセスを得るためには「ネットの神様」に好かれないといけません。

逆に云うと神に逆らえば、干されるだけです(笑)

もうお気づきだと思いますがネット上の神というのは、つまりGoogleのSEOですね。

 

著名人や何らかの権威をリアルの世界ですでに持っていると云う人は別です。

そう云った方々には神も目を向けます。

何も持っていない僕らのような一般人は神側から目を向ける様な特別なものを持ってません。

神に存在すら知られていないわけです。

つまりは、神に存在を知ってもらい、神に好かれなければ、僕たちはお魚がとれないのです。

 

これが圧倒的な事実。

Google(SEO)と云う神に好かれないと本当に何にも始まりません。

神

でも、「読者の方を向いていれば、いつかきっとアクセスも増えるはず!」って信じてる人がいます。

僕もそうでした。

でも、間違ってました。

読者は神の采配によって読むものを決めます。

いくら読者の方を向いているつもりでも、いつまで経ってもあなたの記事は届きません。

 

つまり・・・、

誤解を恐れずに云うと「Googleファースト読者セカンド」です。

これを理解しておかないといつまでも読まれない記事を量産することになります。

言い換えると、Google(SEO)と云う神さまに嫌われないようにルールに沿った記事をつくれば読者に届きはじめます。

そこで初めて読者に読んでもらえるというわけです。

 

なので、読者の役に立つブログを書こうと思うと、まずはGoogle(SEO)神に好かれる記事が書けなければとりあえず何も始まらない。

それをクリアした後はじめて、読者に喜んでもらう記事を書く事が重要だ!

と云うステージに進めると云うわけです。

 

読者は大事です。

でも、「読者は大事だから読者の方を向いて!」

と云う前に前提でクリアしないといけないのがGoogle(SEO)ってことですね。

 

SEOは正直難しい。

しっかりと知識を積み上げなくてはいけないので時間がかかります。

少しでも近道をしたいと云う場合は有料サービスを利用するのも選択肢の一つですね。

手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

 

タイピング

[3]「あなたが今書いている文章はあなた自身に向けて書かれている」

初心者の方がおちいる罠として多いのが、読者に向けて書いているつもりだけれど、実は「自分」に向けて記事を書いているというパターン。

これも気付きにくい事柄だと思います。

僕も全く気付きませんでした。

 

分かりやすく云うと・・・、

「誰のために書いているのか?が明確になっていない」

ということです。

 

実は「誰のための記事なのか?」が明確になっていなくても文章は書けます。

その時に書き上がる文章というのは誰のための文章か?と云うと実は自分のために書かれたものが多いのです。

誰のためか?が明確になってないが故に過去の自分や今の自分に向けた文章に自然となるのです。

なぜなら誰の事も想像せずに書いているからです。

それは自動的に自分になるでしょう。

 

そして、もう一つ大事な大前提は、

ネット上で検索される記事というのは誰かの何かを解決するためのものでなくてはなりません。と云う事。

そうすると「誰の?」「何を?」を明確にしなくては良い記事は書けないのです。

 

もっと厳しく云うと

「読者はあなたに興味はありません!」

直面している問題や課題を解決したいのです。

あなたの自己満足の文章を読みたい人は現状居ない!と考えた方が良いです。

このことに早い段階で気づかないと厄介です。

僕も全くもって分かっていませんでした。

人気作家か、人気エッセイストにでもなったかの様な錯覚をしていました。

そして、ずっと独りよがりの自己満足を垂れ流していたのです。

[4]「あなたが熱く書けば書くほど読者の心は離れていく」

最後の4つ目です。

この真理に直面した時もなかなか衝撃でした。

特に僕は、書きたいことを書く時に伝えたい気持ちが前へ、前へと出てしまい、無駄に熱くなってしまう事が多いです。

もちろん読者さんの中にはそう云った熱い文章を好んでくれる方もおられます。

しかし、多くの読者さんは大前提として何かしら問題解決のために記事を訪れます。

押しの強い無駄に熱い文章を読むと多くの読者さんの心が「引き」ます。

 

セールスと一緒です。

あまりにも押しの強いセールスは売れませんよね。

売れるセールスマンは必要な情報をしっかりと伝えてくれて、タイミングを見てほんの少しだけ自分の意見を入れてきます。

そして、最後はお客さんに決めてもらいます。

お客さんは皆、自分で決めたいのです。

「押し付けがましいのは嫌」なんです。

 

ブログの記事も同じで、読者さんがどんな人で何を解決したいのか?を知った上で、

読者さんに寄り添う形で情報を提供しなくてはいけないのです。

ひとりよがりの押しつけ文章は読者さんが遠ざかってしまい、問題解決の手助けもしてあげられません。

blog ブログ

「ブログの4つの秘密」のまとめ

以上4つことについて書かせてもらいました。

ここに書いた事は新米ブロガーの僕が

ものすごく重要なのに圧倒的に勘違いしていて

なお且つ、気づくのにものすごく時間がかかってしまったことです。

 

とりあえずブログを書きまくって知識を入れまくって本を読みまくってYouTubeを見まくってやっとこさたどり着けた真理です。

ブログ初心者の方で、まだこの事に気づいていない方には早く気づいてもらいたいと思い書きました。

 

あと、誤解の無いように云っておくと

書く事の練習という意味では、たくさん記事を量産する事は悪いことでは無いのでどんどんやった方が良いです。

僕も愚にもつかない記事をたくさん書きました。

でも、それはとりあえず文章を書ける様になるための訓練です。

おかげで僕は文章を書く事が楽しくなったのと、人に伝える文章と云うものを随分勉強できました。

ブログをやるならば書く事は毎日行うべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA