記事一覧

『AirPodsProをスルーした諸君!我々の勝利だ!』【ノイキャン&外音取り込み】機能搭載の格安ワイヤレス・イヤホンSoundLiberty94降臨!

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

イヤホン大好き!音楽大好き!

スタジオ・カミックスのカーミー(@StudioKamix)です。

 

そして「コスパ」と云う名のモンスターが大好きな

コスパ・モンスターな僕が

待ち望んだイヤホンの登場です!

 

僕的コスパ・ナンバーワン・イヤホンメーカー

「TaoTronics」さんが満を辞してリリースする?

『ノイキャン & 外音取り込み』機能搭載

格安ワイヤレス・イヤホン

「Sound Liberty94(TT-BH094)」

待ってました〜〜〜〜!


何度もAirPodsProを買いそうになっては、

思いとどまり・・・、

また買いそうになっては、踏みとどまって、

・・・・を繰り返し

ここまでやって来た甲斐があった・・・。

云わせて下さい・・・・、

『AirPodsProをスルーした諸君!

我々の勝利だ!(笑)』

開封動画!

さあ、今回も開封動画を撮影しました。

是非ご覧下さい。

箱はいつものTaoTronicsさん・・・で

いつもと違う特徴はありません。

白とオレンジのシンプルな箱ですね。

付属物

付属物は

各種マニュアル

イヤーパッドSとL(Mサイズはデフォルトで本体に装着)

USB-C充電用の短いケーブル(15cm)

という至ってシンプル構成。

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94

ファースト・インプレッション

まずは、ケースですが、

プラスティック感が強いケースで

「大きい」とも「小さい」とも感じなかったので

ワイヤレスイヤホンのケースとしては

ごくごく普通サイズかな?

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94

重さは本体を入れた状態のケースが「50g」

こちらも「重い」とも「軽い」とも

感じなかったので

ごくごく「普通」

 

AirPodsProが56.4gだったので

軽めの部類に入るはず。

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94ケース重量

本体は6gだった。(本来は5.5g※小数点以下切り上げになってますね)

これも気にならない軽さ。

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94 本体

ただ・・・、前述した通り

ケースはちょっとプラスティック感が強いので・・・、

若干チープな感じは否めない・・・かな・・・。

そこは機能と引き換えになってるのかな・・・?

まあ、コスパ・モンスターな僕的には

「ケースはチープ感が否めないけどコスパが良いから許容範囲!」

装着感

装着感は・・・、

こちらも「普通」

付け心地としては、特に違和感もなく

何も感じないので

ワイヤレス・イヤホンとしては「OK」だ!

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94

お気づきの方も多いと思うけど、

このモデルは「カナル型」なのでイヤーパッドが付属してる。

「カナル型」は耳に引っ掛ける「インイヤー型」とは異なり

イヤホン本体を耳の穴に突っ込んで塞ぐ様にして聴くタイプの方式。

 

音質やノイキャンの性能も

自分の耳の穴にしっかりとフィットしているかどうか?

で随分変わってくるので

イヤーパッドは是非、3種類全て試して自分に最も合っているものに

してもらいたい・・・、

でないと性能が十分に発揮されない事も多いので気をつけてもらいたい。

ちなみに僕は耳の穴が大きいのか?

今回も「L」サイズを使用する事にした。

 

注意

マヂで伝えたいんだけど!

カナル型イヤホンはイヤーパッドが耳に合ってないと全く能力を発揮しません!!!!

面倒臭いけど、最初に全てのイヤーパッド(付属品)を試して一番フィットするイヤーパッドを見つけて下さい!

耳に合っていないイヤーパッドを選んでいるばっかりに「こんなもんか・・・」と諦めてる人や、「期待して損した・・・」と云う人が居ますが、

イヤホンの能力を発揮できてない場合が多いです。

かつての僕もそうでした( ̄◇ ̄;)

 

カナル型・インイヤー型がよく分からない!と云う、そんな方のために説明用の記事を書いてるので是非読んでおいてもらいたい。

earphoneイヤホン使うなら「インナーイヤー(インイヤー)型」と「カナル型」の違いを知っておかねば!!〜誰も教えてくれなかった見分け方。

ノイキャン&外音取り込み

さあ、今回の目玉はなんと云っても

「ノイズ・キャンセリング」と「外音取り込み」機能

あのAppleの名機AirPods Proをはじめとする

ワイヤレス・イヤホンのトップランナー機種たちに搭載されている

「花形機能」だ。

僕もAirPodsProを我慢しながら・・・・

ずっと・・・この機能が搭載された格安イヤホンを心待ちにしていたので

とても楽しみ!

とりあえず、ノイキャン!

イヤホンを装着すると

「Connected(コネクテッド!)」というアナウンスが聴こえます。

(このアナウンスが既に良い音♫)

と同時にノイキャンがいきなり作動。

騒音がガクッと下がって静寂が訪れる。

 

・・・・・・うん・・・・、

これは集中できるかも・・・。

周囲の音が「0」にはならないけれど、

8〜9割方カットされてる様なイメージ。

素晴らしい!

 

ノイキャン機能はSoundLiberty94(TT-BH094)では「ANC」と呼ばれていて

(ANC=「Active Noise Canceling(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)」の頭文字をとった略称)

手動でノイキャンをONにした際には

「ANC ON(エイ・エヌ・シー・オン)」

とアナウンスが流れる。

と云うわけで、ノイキャンの性能は想像よりも高品質で驚いた。

ノイキャン機能は完全に「合格点」だと思う。

外音取り込み

続いて「外音取り込み」

Sound Liberty94(TT-BH094)では「Ambient Mode(アンビエント・モード)」と呼ばれてる。

Ambient = 環境の

って云う意味なので

環境音モード = 環境の音が聴こえるモード

って事ですね。

 

その「Anbient Mode」だけど・・・、

これも全然良い!

SoundLiberty94(TT-BH094)の本体についているマイクが

外音を取り込んで耳の中に流し込んでくれる。

音の遅延を感じたりするかな・・・?と予想していたけど

遅延は感じられず・・・気にならなかった。

 

僕はよくイヤホンしてギターの練習をしたりするんだけど、

アンビエントモードで自分の弾いてるギターの音を聴きながら

プレイしてみたけど、

問題なくプレイできた。

アンビエントモード(外音取り込み)機能も大変優秀。

 

今回の目玉機能である

「ノイキャン・外音取り込み」ともに優秀で

十分な性能を備えてると感じた。

サウンド・クオリティ

そして、イヤホンだから

やっぱり大事なのがサウンド・クオリティ

一応僕はアマチュアミュージシャンの端くれなので

サウンドにはこだわっていきたい!

 

結論から云うと、サウンドは・・・、

「中の上」か?「上の下」か・・・?

・・・・で迷うくらいのところ。

もう少し聞き込みたい・・・。

 

なぜならこのSoundLibertyのサウンドの

ファースト・インプレッションはとても良かったから。

初めてイヤホンを耳に入れて

音楽を流した1〜2秒で・・・・

「おっ!」

・・・となるから!

僕にとって、

この「おっ!」

ってなるのはすごく大事だ。

なにしろ、それが中クラスと上クラスの分かれ目だからだ。

 

Sound Liberty94(TT-BH094)は上クラス入りでも良くないか・・・?

・・・って悩みに悩んだけど・・・

これはギリ「中の上」クラス・・・・・だ。

云うならば・・・

限りなく「上」に近い「中の上」

個人的にTaoTronincsさん大好きだし、

待ちに待ったスタイルのイヤホンなので

「上」に入れたいところだけれど・・・、

そこは忖度しないブロガーStudio Kamix「カーミー」!

敢えて、厳し目に評価します!

( ー`дー´)キリッ

SoundLibertyのサウンドは限りなく「上」に近い「中の上」!!!としました!

さらに、じっくり聴いていくと・・・、

若干、低音が強めに効いているのが聴いて取れる。

TaoTronicsさんにしては低音の主張が強い

もう少し、中音域が上がってきて

音の輪郭がハッキリすると云う事ないな・・・・。

と云う印象・・・。

でもEDMとかバスの効いた音楽とかはかなり気持ちよく聴けそう。

 

TaoTronicsさんのイヤホンは

中音域のバランス取りがとてもうまいので

僕好みの良いサウンド・バランスをとってくれている事が多い。

 

ただ、SoundLiberty94(TT-BH094)は中高音をやや抑え気味か・・・?と感じた。

高音域が少し出て、

中音域のメリハリも出ると抜群によくなる印象を受けた。

(この辺は好みもあるけれど)

音の解像度と拡がりがもう少し出せたら

かなりハイレベルになる・・・と感じた。

TaoTronics SoundLiberty94 TT-BH94

いずれにしても、

サウンド・クオリティは高めだ。

ただ、ハイクラスのサウンドを望む人には

若干物足りないかも知れない。

 

特に、普段は有線イヤホンの割と良いモノを使っている・・・

なんて人にはちょっと物足りないサウンドかも知れないので

注意が必要。

 

ワイヤレスで、

ノイキャン&外音取り込み機能搭載で

コスパが良くて

・・・って事を考えると十分過ぎるサウンドではある!

ゼンハイザー・フラッグシップ機と比較

実は・・・、

僕はノイキャン&外音取込機能搭載のイヤホンを持ってない・・・。

なので、比較対象がないのだけれど、

なんと息子が今年の自分自身への誕生日プレゼントで

かの有名なドイツの音響メーカー「ゼンハイザー」の超人気ワイヤレス・イヤホン

「MOMENTUM True Wireless 2」を購入したので、

今回はそれをちょっと貸してもらい

SoundLiberty94(TT-BH094)の比較対象にさせてもらった。

なんとも羨ましいやっちゃ・・・・。

父親はそんな贅沢品買えずにいるのに・・・・(笑)

比較対象がこちら↓

MOMENTUM True Wireless 2は

今、実売で3万5千円クラスのイヤホンなので

1万円を切るSoundLiberty94(TT-BH094)の比較対象としては

少し酷な話になってしまうが、

どこまで迫れるのか?

・・・を検証してみたいと思った!

MOMENTUM True Wireless 2 VS  SoundLiberty94

ノイキャン・外音取込・サウンドの三点で両者を比較評価してみた。

結果から云うと、

<ノイキャン性能>・・・同等程度

<外音取り込み>・・・同等程度

<サウンド>・・・MOMENTUM True Wireless 2に軍配!

と云う感じだった。

驚いた事にノイキャン・外音取込は同程度で

どちらが優れている・・・と云うのは感じられず

ノイキャンの効き具合、

外音取込時の聴こえ具合、

ともにほぼ同じ感じだった。

外音の再生音には若干差異を感じたけど、

これはサウンド再生キャラクターが出ているのだろう。

 

サウンドに関しては、さすがにMOMENTUM True Wireless 2に軍配が上がった。

2万5千円の差がココでついている・・・と云うところだろうか。

流石にバランスの取れた良い音。

 

しかし、SoundLiberty(TT-BH094)が比較してそんなに悪いか?

・・・と云うと、そうでもない。

良いとこまで迫れている感はある。

そのサウンドの差に2万5千円の価値を感じられるか?

というところだろうか?

 

コストパフォーマンスだけなら圧倒的にSoundLiberty94(TT-BH094)だろう。


頑張ってもらいたかったところ

Sound Liberty94(TT-BH094)は値段に対して

十分な機能を備えただと思うが、

さらに何か望むとするなら・・・?

一つは防水性

もう一つは操作性だろうか・・・。

防水性

Sound Liberty94は防水性能が「IPX5」

「噴流に対して保護」

と云うレベルなので少々の水は心配ないはず。

ただ、最近のイヤホンはIPX7以上くらいが標準になって来ているので

もうちょい頑張ってもらえると嬉しい。

ただ、外音取込用のマイクなどがある分難易度があがるのだと思う。

フィットネス用途で汗に晒される場合なんかは少し心配が残るだろうか?

操作性

もう一つが操作性だ。

Sound Liberty94(TT-BH094)は本体側面をタッチする事で

操作ができるが、

どの辺をタッチしたら良いのか?

慣れるまでに少し時間がかかった・・・・。

タッチ部分が視覚的にも触覚的にも

もっと分かりやすくなったり、

タッチ音が出たりするとかなり変わってくると思うので

今後に期待したい。

注意
このレビューはメーカーさんに製品を提供して頂いて書いております。

まとめ

一通り評価してみたので

一旦、表にまとめてみた。

SoundLiberty94 カーミーの評価
ケース
(2.0)
音 質
(3.5)
防水防塵
(2.0)
デザイン
(2.5)
装着感
(3.5)
ランニング利用
(2.0)
ノイキャン外音取込
(5.0)
コスパ
(5.0)

と云う感じ。

 

乱暴に云って、

「ノイキャン」&「外音取込」機能搭載で

サウンドもそこそこ以上を担保していて

1万円を切るって事で

コスパはモンスター・クラスだ!

 

同じ内容で1万円を切るというイヤホンは今のところ僕は知らない・・・。

 

Apple AirPodsProやZENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2は

もちろん憧れるし、欲しいけど、

他にも欲しいものがあるから

イヤホンだけにそんなにお金がかけられない・・・・。

でも、新しいサウンドの世界は体験したいんだ〜〜〜!

って云う僕みたいな人にはもう、うってつけの製品だと思う。

 

そして、更に!!!

SoundLiberty94(TT-BH094)は9/4から発売と云う事で

メーカーのTaoTronicsさんよりクーポンをご提供頂いてます。

なんと、なんと、なんと・・・・・・・!

20%引き!

うそ〜〜〜〜〜??

価格 : 9,999円7,999円

買わない理由がない・・・。

どうか、クーポン期間中にゲットしてほしい!

<プロモーションコード>

BH094KMB

製品名: SoundLiberty94(TT-BH094)
割引率: 20%オフ
期間: 9/4(金) – 9/7(月)
価格 : 9,999円→7,999円
すみません、このクーポンは終了しました。


 

合わせてこちらも読んでみて下さい。
TaoTronics TT-BH092コンパクト・スマートな「インナーイヤー型」Bluetoothイヤホンがアップデートしてくれた僕のランニング中のMUSICライフ! SIMGOT EK-3 イヤモニ型イヤホン『大好きなアーティストの聴き込んだはずの曲』の意外な一面を聴かせてくれる魔法のイヤホン【SIMGOT EK3】 TaoTronics Sound Surge85『神々たちのガジェット』のはずだった憧れのBluetoothノイキャン・ヘッドホンが僕の手元にやってきた!TaoTronics Sound Surge85 taotronics-tt-bh053やっと見つけた「ワイヤレス・音質・低価格」の3つを兼ね備えた最適解〜音楽を聴いてて気持ちよくなるイヤホンTaoTronics SoundLiberty 53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA