記事一覧

ikko Audioイヤモニ・イヤホン『OPAL OH2』〜「サウンドにこだわる」なら有線イヤモニ入門機がおすすめ。

ikko audio opal OH2

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

 

こんにちは、

アマチュア・ミュージシャンでもあり、

DTP・録音・ミキシングなんかも大好きな

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

この記事はikko Audioさんのイヤモニ・イヤホン、

「OPAL OH2」のレビュー記事です。

特徴
  • 高コスパ・イヤモニイヤホン
  • 立体的な解像度の高いサウンド
  • リケーブル(交換可能)な銀メッキケーブル
  • 圧倒的フィット感を実現する9種類のイヤーピース
このレビューはikko Audioさんに製品をご提供いただいて制作しております。

OPAL OH2開封〜動画レビュー

今回も開封動画を撮りましたので

ご覧ください。

ikko audio opal OH2

OPAL OH2パッケージ・付属品

POPなパッケージが印象的な「OPAL OH2」

音楽好きそうな女の子のイラストがかわいいですね。

ikko audio opal OH2

なんと、このイラスト部分が、

マグネットになっています。

好きなところに貼って使えそうですね。

パッケージ

パッケージは凝ったつくりで

開封時にはテンションが上がりました。

ikko audio opal OH2

随所にこだわりが見えてきて

「OPAL OH2」に期待が高まります。

ikko audio opal OH2

付属品

付属品は以下の通りです。

  • ケーブル
  • イヤーピース
  • 専用ケース
  • ピンバッジ
  • MMCX脱着ツール
  • イヤホン穴カバー予備
  • マニュアル他

ケース

合皮の専用ケースがついています。

ikko audio opal OH2

明るい色のカジュアルなデザインのケースは

シーンを選ばず使えそうなので良いですね。

女性にも喜ばれそうなナチュラルな優しいデザインです。

▼イヤホンを収納するとこんな感じ

ikko audio opal OH2

大事なイヤホンを鞄にしまう際には

ケースが必須です。

ikko audio opal OH2

OPAL OH2の第一印象

「OPAL OH2」は1万円を切る価格帯のイヤホンです。

正直、あまり期待はしていませんでしたが・・・、

見た目

今回は「グリーン」を選びました。

ikko audio opal OH2

カラーバリエーションも豊富なので

どちらかと云うとPOPな印象を持っていたのですが、

(▼カラーは5種類)

実際に手に取ってみると

思っていた以上のしっかりとした作りに驚きました。

「作り」が価格帯以上に良いですね。

ikko audio opal OH2

本体の素材には「メタル」と「ポリカーボネート」が使われてます。

「メタルは高音域」、「ポリカーボネートは中音域」に対して

イヤホン本体の内部で良い影響をもたらしている様で

この二つの素材をハイブリッドで使っているのが

「OPAL OH2」の高品質サウンドの秘密の一つみたいですね。

ちょっと難しい技術的な話

OPAL OH2はIKKO独自構造のSVAS(Separating Vector Acoustics System)を採用したモデルとなります。

これは前述のメタルとポリカーボネートという2種類の素材を用いて、ドライバーの性能を最大限に生かすために限られたハウジングの三次元音響デザインを行う事で実現した技術ですね。

それからイヤホンの穴が楕円形をしているのが特徴的ですね。

ikko audio opal OH2

ケーブルをセット

OPAL OH2はリケーブル(ケーブル部分を変えられる)です。

MEMO

リケーブルの利点はケーブルを変えられる事。有線イヤホンは使い込んでいくと最初にケーブルが痛んできます。最終的には断線ですね。その点、リケーブル可能なイヤホンであればケーブル部分だけ変えてやれば本体をより長く使う事ができるので安心です。またケーブルによる音質の変化を楽しめるのも良いですね。

ikko audio opal OH2

リケーブルタイプなので、

使う前に本体にケーブルをセットしないといけません。

ikko audio opal OH2

「MMCX」と云う方式のコネクタなので

比較的簡単に接続する事ができます。

ケーブルのコネクタ部分を本体に押し込むと

「カチッ」とはまります。

ホールドされて外れなくなればOKです。

MEMO

「MMCX」のコネクタを外す時は、付属の脱着ツールを使います。素手でもとれますがツールを使うとより安全に簡単に外れます。

ikko audio opal OH2

ケーブル自体は「高純度OFC銀メッキケーブル」

と云うものが採用されている様です。

サウンドの伝達のために良い素材が使われている様ですね。

豊富なイヤーピース

OPAL OH2は豊富なイヤーピースを備えています。

イヤモニであるOPAL OH2の本領を発揮させるためにも

一通りのイヤーピースを試して

自分の耳にもっとも合うものを選んでもらいたいですね。

ikko audio opal OH2

ここはかなりのこだわりポイントです。

僕も数々のイヤホンを使ってきましたが

これだけのイヤーピースを用意してくれている製品は少ないですね。

「良い音で聴いてほしい」

と云う作り手の熱意が伝わってきました。

聴き手としてもしっかりイヤーピースを選んで応えたいですね。

ikko audio opal OH2

イヤーピースは「シリコン」が6種類、

「ウレタン」が3種類の合計9種類

この中から自分の耳にフィットするモノを選ぶことになります。

或いは、サードパーティのイヤーピースも良いですね。

装着感

つけ心地も「必要十分」です。

人間工学に基づいた設計がされているらしくて

つけ心地にもこだわりが見られます。

ikko audio opal OH2

長時間つけていても、気にならないコトを目指して

作られている様ですね。

付けてみるとしっかりとフィットして

頭を振ってもズレるコトがありませんでした。

イヤホンタイプ「インイヤー」or「カナル」

「OPAL OH2」はイヤモニ・イヤホンですが、

分類するならば「インイヤー型」イヤホンの様です。

一瞬「カナル型」では?と思ったのですが、

インイヤータイプでありながら遮音性が高いタイプの様ですね。

本体を耳に引っ掛けて

イヤーピースでしっかり耳穴にフィットさせる

というタイプですね。

 

イヤーパッドは必ず自分の耳に合ったモノを選んでください。

ご注意

イヤーパッドが自分の耳に合っていないとイヤホンの本領を発揮できません。

非常にもったいないので、必ず全てのサイズのイヤーパッドを試して「自分に合ったモノ」を使って下さい。

「カナル型・インイヤー型がよく分からない!」と云う、そんな方のために説明用記事を書いたので是非読んでもらいたい。

earphoneイヤホン使うなら「インナーイヤー(インイヤー)型」と「カナル型」の違いを知っておかねば!!〜誰も教えてくれなかった見分け方。

ikko audio opal OH2

サウンド・クオリティ

1万円を切る価格帯から

正直、あまり期待は高くありませんでしたが、

音を出した瞬間、良い意味でいきなり裏切られます。

 

芯のある硬い立体感のあるサウンドが響きます。

中・高音のハリが素晴らしいですね。

思わず「こんなにも出るのか?」と唸るほどでした。

ikko audio opal OH2

ボリュームを絞っても、その音のハリは失われず

しっかりと鼓膜に届きます。

高音がシャリシャリと鳴るイヤホンは数々ありますが、

「OPAL OH2」はシャリシャリとは無縁ですね(笑)

ギターサウンドの様な「複数の弦」が同時に

音を奏でる楽器は、

ともすれば音が膨らまずに、

べちゃっと潰れがちですが、

「OPAL OH2」はその辺を解像度高くしっかりと再現してくれるので

ギターサウンドやドラムなどの複雑な音がとても心地よいです。

この値段で、

このサウンドはかなりコスパが高いですね。

<各音域の印象は次の通り>

各音域印象
低音芯のあるしっかりとした低音、出し過ぎず必要最低限が好印象
中音やや抑えめ、全体バランスに貢献しているもののしっかりと聴き取れる
高音ハリがあって解像度が高い、芯のあるサウンド

基本仕様

主な仕様をまとめています。

ドライバー・ユニット

OPAL OH2のドライバー・ユニットには

「ダイナミック・ドライバー」が採用されています。

低音に強いダイナミック・ドライバーですが、

OPAL OH2は中高音にも圧倒的な強さがあります。

イヤホン本体の素材であるメタルをうまく活用して

高度にチューニングされている事が伺えますね。

▼ドライバー・ユニットって何?

イヤホン ドライバーユニットとは?【初心者向け】イヤホン・ヘッドホンの「ドライバー・ユニット」って何?〜知っておくとイヤホンの見方がガラリと変わる基礎知識!

頑張ってもらいたかったところ

大変、コスパの良いOPAL OH2ですが、

レビューなのでイマイチなところも

しっかりと掘り下げたいところ・・・と云う事で、

強いて言えば・・・の部分を探しましたが

ここは・・・と云う弱点が見当たりません。

あえて云うならば、

長所であるサウンドのハリの部分が

本体にメタルを使っている分、金属的な響きで強すぎる、

と云う方は居るのかも・・・と思いました。

サウンドの響きに、「温かみ」や「広がり」

を求めていると、ちょっと物足りないかもしれませんね。

この価格だとかなりの無い物ねだりになるとは思いますが(笑)

  <div class="sng-box "box6"">このレビューはikko Audioさんに製品をご提供いただいて制作しております。</div>

メーカーさんについて

ikko Audio(アイコー・オーディオ)さんは2019年生まれのメーカーさんの様ですね。

イヤホンやDACなどの分野で数々の意欲的な製品を世に送り出しています。

日本国内最大級を誇るVGPアワードで受賞をしている製品もあるそうで、製品の品質の高さが認められている様ですね。

ikko Aoudioさんのビジョンの中に

「より高い品質とシンプルさで、感覚的な世界をもたらし、音楽の魂の体験に触れることができるようにすること」

と云う事が掲げられていましたが、製品に触れてみると確かにそのビジョンが伝わってきました。

参考 ブランド・ストーリーikko AudioのHP(英語)

レビューまとめ

一通り評価してみたので表にまとめてみた。

「出来るだけ低価格で高品質のサウンドを体験したい!」

と云う方にちょうど良いモデルではないだろうか。

とにかく「サウンドがお値段以上」だと思う。

ikko audio opal OH2

イヤモニ・デビューにも良さそうですね。

手軽にイヤモニが試せるのはかなり魅力的です。

 

それから、演奏や録音をされる方にも良さそうですね。

このサウンド・レベルならライヴでも十分使用できると思います。

ライヴでモニターの音を聴けば心地良くて演奏も良くなりそうですね。

OPAL OH2 カーミーの評価
ケース
(4.0)
音 質
(4.0)
防水防塵
(2.0)
デザイン
(3.5)
装着感
(4.0)
ランニング利用
(2.0)
ジム利用
(2.0)
コスパ
(5.0)

と云う高評価になりました。

特にコスパは最高の「5」をつけさせてもらいました。

このお値段でこのサウンドは嬉しい限りですね。

 

▼OPAL OH2の上位機種にあたる製品

▼製品レビュー記事はこちら

Gems OH1Sikko Audioインイヤーモニター・イヤホンGems OH1S〜「Gems(ジェムズ):宝石」が紡ぎ出す極上の中高音、長く付き合えるイヤホン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA