記事一覧

ストラト・ギターでぶん殴られる様な音楽体験♫〜「ハイレゾ(Hi-Res)」なめてました・・・申し訳ございません。

初めてのハイレゾ体験

先日レビューさせて貰った

SIMGOTさんのイヤモニ型イヤホン「EM2」が

ハイレゾ対応だ!

・・・という事で

この機会にハイレゾを体験してやろうと試みた。

<EM2に関して詳しくはこちら>

 

 

もう!最初にきっぱり云うけど・・・、

 

「音楽好きな人は早く体験しておくべき!」

ってのと、

 

「好きなアーティストのハイレゾ音源がある場合は

聴いとかないとあの世で後悔するレベル!」

って事。

 

これは押さえておいてもらいたい。

ハイレゾを聴く準備をする。

ハイレゾが良く分かってなかった僕は

とりあえず聴くためには、どうすれば良いのか?

ググってみることに・・・。

・・・・むむぅ・・・・

・・・まあまあめんどいんだな・・・

って事に気づいたけど、

やってみたら、何とか手持ちの端末などで聴くことに成功。

SIMGOT EM2

今回はハイレゾの紹介なので

その辺は環境をつくる事に関しては省かせてもらうけど、

基本的に

<ハイレゾに対応した端末>

僕の場合はマックとオーディオインターフェイス

<音源も当然ハイレゾ音源>

今回はAmazonHDのお試しを利用

そして、

<ハイレゾ対応の出力>

今回はSIMGOTさんのイヤホン「EM2」

の三つが必要だった。

 

ちなみに僕はMacで聴いたので

こちらのサイトなんかを参考にさせて頂きました。

ueckmoshさんのサイト

 

やってみると・・・

なかなか、ハードル高いかな・・・。

何とか、ハイレゾを聴く環境を整えた僕は

半信半疑でさっそく音源を聴いてみる事に・・・。

ハイレゾの実力・・・。

正直云ってハイレゾには大して期待してなかった・・・、

「CD音源で十分でしょ」ってのが、

僕の根拠のない見立て。

 

ところが、自分が間違っていた事に

即座に気づかされる事になる・・・。

いざ、聴いてみると・・・・

わわわ・・・

すご・・・

思わず独り言が出る。

 

SIMGOT EM2の音の再現性の高さに

普通に満足していた僕は

EM2で聴くハイレゾ音源に

再度驚かされる事になる・・・

 

「ありぁまあ・・・

こんなにも違うのね・・・」

 

こりゃあもう・・・・謝罪会見レベルだね・・・。

と・・・ハイレゾさんを甘くみてた事を反省した。

Amazon Music HD

音源はAmazon Music HDで!

今回のハイレゾ音源は

Amazon Music HDの無料お試しを利用させてもらった。

やはり今回も助けれくれました

Amazon神、

いつもありがとう。

<Amazon Music HD>

 

と云うわけで、

Amazon music HDでアーティストの検索をかけてみると・・・

どうも・・・

何でもかんでもハイレゾ音源があるわけではなく、

(Amazon HDではハイレゾではなくHDとUltraHDと呼ばれている。)

ハイレゾ音源のあるアーティストは限られてた。

Amazon Music HD

とりあえず、ハイレゾ音源がプレイリスト化されてたので

その中から知ってる曲を探して聴いてみることに・・・。

Amazon Music HD

宇多田ヒカルさん「Travelling」

まずは言わずと知れた日本の歌姫

宇多田ヒカルさん!

 

おお〜!

フムフム・・・・・

単純に音が良い!スッキリした感じ。

聴いていて気持ちが良いのと、

やっぱり・・・音の空間の拡がりが違う。

広い場所でそれぞれの楽器や歌声が

全て分離して綺麗に聴こえてくる感じ。

うん!こりゃ違うわ!・・・・となった。

Amazon Music HD

アジカンさん「リライト」

続いて、ロックなナンバーで

アジカンさんの「リライト」

 

・・・・・・、

ガキーーーーーーン・・・・

・・・・・・

ストラト・ギターで頭を殴られた感じ・・・。

・・・・。

ギターの音が物凄い「良い」!!!

気持ち良い!

 

スタジオで自分でギターを鳴らして

一番良い音が聴けるポジションで聴いてる感じ!

少しゲイン(歪み)が効いたドライヴ感のある音が

立体的に聴こえてくる・・・・。

こんなに良い音でギターを響かせられるのかっ!!!

ってなった・・・、ハイレゾすげー。

Amazon Music HD

ザ・バースデイさん「2秒」

アジカンさんに気を良くした

ロックも大好きなおっさんが次にチョイスしたのは・・・

ザ・バースデイさん!

演奏もかっこいいんだけど、

注目はチバユウスケさんのボーカルが

どんな風に聴こえるのか?

 

あの独特のしゃがれ声がハイレゾで際立つ!!!

・・・・っっ

本当にシビれる!!!

なんて心地の良いロック・ボーカルなんだ・・・・・。

チバユウスケさんの脳味噌をかき回す様な

ロックな美声が

余すことなく表現されている・・・

・・・・感動だ。

何か・・・・こう・・・・音の解像度が違う・・・。

密度が違う・・・・。

低音も中音も高音も、

どの周波数の音にも芯があって

立体的かつバランスよく聴こえる。

ほんますげ〜な・・・。

Amazon Music HD

チャットモンチーさんの「シャングリラ」

続いて、

大好きだったけど解散してしまった

チャットモンチーさんの名曲

「シャングリラ」があったので迷わず再生!

 

冒頭のドラムとベースのフレーズが大好きなんだけど

・・・・・♫・・・・・

頭っから全然音が違う!!!!

・・・・・・

ドラムとベース両方が生々しい〜〜!

なにコレ???ってなってしまって

ワンコーラス聴きこわる頃には

鳥肌が立ってしまった。

危うく失禁するところだった・・・・(大袈裟)

 

兎に角、楽器の音が生々しく聴こえるのと

それぞれがうまく絡み合ってグルーヴ感が増してる!

完全に!

そこに素朴なギターのヘタウマな感じが乗っかって

(ギタボの方のちょっとぎこちないギターと素朴な唄声が最高に好きです。)

もうアルバムなのにライヴだな!こりゃ!

すごいわ!

 

音の空間の拡がり方がやはり全然変わってくる。

ミキシング・エンジニアに人が

音を左右に巧みに振り分けてると思うんだけど

それが、より忠実に再現されて

拡がり方がCD音質とは全く異なるのが

聴いてとれた。

Amazon Music HD

ゴスペラーズさんの「ひとり」

最後に、アカペラはどうなるんだろう・・・?

って事でゴスペラーズさん。

ここまで来ると読者の方も想像できると思うけど・・・、

ハイレゾ・ゴスペラーズさんは

生きてる内に聴いといた方がいいね。

もう、いくらでも聴けちゃう感じ。

ハーモニーの素晴らしさを目の前で味わえる感覚。

素晴らしいです。

CD音質をあらためて聴いてみる

あまりにも素晴らしかったので

試しに、同じ環境で

自分のアマチュア・バンドのCD音源を聴いてみた・・・・。

やはりCD音質でしかない・・・、

当たり前だけど・・・・。

そして、聴き比べてわかったけど

圧倒的に「立体感」「拡がり」というものがない!

ない!と云うと語弊があるかな・・・、

ハイレゾと比較すると

立体感は一応あるんだけど、

CD音源はぺちゃんこの薄い感じ。

 

比べるまではそうは思わなかったけど、

モスバーガーを知らないで、マックばかり食べていた

ティーンエイジャーの様に気づいてしまった・・・。

 

音の定位(場所)も明らかに違う。

ハイレゾは音源にもよるけど

音が鳴っている場所の、微妙な奥行きが再現される。

ドラムの外側でベースが鳴って

さらにその外側でギターが鳴って

ピアノがそのすぐ隣で、

フルートの音がさらにその隣に・・・、

っていう感じで楽器ごとに微妙に位置がずれて

幾重にもなっているのが聴き取れる。

これが、すごい。

 

CD音源もそれなりに定位を変えて表現してるんだけれど

聴いてみるとごちゃごちゃに混ざってしまう事が多い。

しかし、それがきちんと再現されるって云うのは本当にすごい。

ハイレゾ音源恐るべしだ。

 

これが次世代の標準になるかと思うと

未来はすごいなぁぁぁ・・・と。

あと、ミックスをやる身としても

これからは、とりあえずハイレゾ音源を見据えた

録音・ミキシングが必須だな・・・・

って思った。

ハイレゾをターゲットに作るべきだと思う。

 

ただ、ハード面とソフト面がこれから

追いついていくのは、

まだまだ時間がかかるのかな・・・?

 

いずれにしても音楽好きな方は

ハイレゾ体験はおすすめです。

好きなアーティストのハイレゾ音源があるのなら

絶対的に聴いとかないと「死ねない」レベルです!

 

あと、今回聴いたのは

SIMGOTさんのEM2と云うイヤモニ型イヤホンだけど、

機材が変わるとどうなるのか・・・?

気になるなぁ・・・。

とりあえず、

ハイレゾ対応の端末(或いはオーディオインターフェイスとのセット)

EM2があれば、

Amazon Music HDの無料お試しで

ハイレゾ体験はできる。

EM2はイヤホンとしては少しお高めだけど、

目的によってはコスパの高いイヤホンだ。

 

合わせてこちらも読んでみて下さい。
SIMGOT EM2アコースティック・ギターを弾く時の「掌がこすれる音」が生めかしく聴こえるイヤモニ型イヤホンSIMGOT「EM2」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA