記事一覧

あれこれ悩まず、もうヘッドホンは一生これで良いかもしれない・・・SONYのモニターヘッドホンMDR-CD900ST

SONY MDR-CD900ST

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

ヘッドホンの決定版に出会う

やっと決めました!

ついに使えなくなった先代ヘッドホンの代わりを

探し、悩んでいたのですが、

よっとこさ決めました。

SONYのMDR-CD900STくんです!


安くてコスパの良いものにするか・・・・

この際だから、3万円くらいの良いものを買っちゃおうか・・・

待てよ!

ノイズキャンセリング付きもほしいよな・・・

でも、音楽のミックス作業もしなくては!

なのでモニター用でないと・・・

しかし、好みの音がするリスニング用がほしい・・・

なんて事をグルグル考えてたら

かなり時間が経ってしまった・・・・。

最終的にやはり「音楽のミックス優先で!」って事にして

「えいやっ」とモニターヘッドホンのド定番!

MDR-CD900STの購入に至った。

SONY MDR-CD900ST

おそらく業界ナンバーワンのヘッドホン

ご存知の方も多いと思うけれど、

音楽業界の定番ヘッドホンだ。

録音現場でモニターヘッドホンとして使われる事が多い。

アーティストが音どりしてる時にしてる姿もよく見かける。

モニターなんで、標準的な音を聴くというのが役割のヘッドホン、

自分好みの「良い音」をのぞむリスニング用とは訳が違う。

出ている音を忠実に再現するというのが

このヘッドホンの役割だと思う。

ヘッドバンドに燦然と「STUDIO MONITOR」と書かれている。

SONY MDR-CD900ST

もうド定番過ぎて、正直あまり気乗りしなかった。

さらに、モニターの割りにしっかりしたお値段なので迷ったのだった。

買う時もワクワク感がイマイチなくて

とりあえず安定感を求めて「置きにいった」感じ。

意外にリスニング用として全然優秀!

でも、いざ届いてみて聴いてみると・・・、

「ありゃ?むちゃくちゃ良くね?」となる・・・。

ヘッドホンやイヤホン評価用の曲がいくつかあるんだけれど、

全部最初から最後まで聴いてみて、

すごく良かった。

楽器の音が全てしっかりと聴こえてバランスが良い!

というのが第一印象。

低音もしっかり出てるけど出過ぎず。

高音域もちゃんと聴こえる。

こちらも出過ぎず。

真ん中あたりもゴチャつかず全部がしっかり聴き取れる。

本当に全てを忠実に出す優等生という感じ。

全然リスニング用として使えるやん!

聴きまくった曲達が、ちょっと新鮮に感じられるくらい良かった。

「置きに行った」つもりだったけど

これは大正解だったな・・・・と嬉しくなった。

元々派手な聴かせ方をするヘッドホンは好きではないので

僕にとても合ってるんだとも思う。

ほぼ難点なしの優等生ヘッドホン

一点難点をあげるとすると

音の拡がり、みたいなのはやや狭く感じた。

立体的というよりはやや平面的な方に寄っているかな?

 

でも、こんなに音楽聴くのが楽しくなるヘッドホンだったとは!

意外でした。

 

長時間つけていても疲れない様に

イヤーパッドはとても柔らかくて触り心地が良いです。

ただ、痛みも早い・・・・けど交換可能!

SONY MDR-CD900ST

Twitterでつぶやくと何人かの方が声をかけてくださって

色々と教えてくれました。

ありがたい!

ツイ友さんによると

あのJ-POPの神、山下達郎さんはこのヘッドホンしか使ってないのだとか・・・

神が使うヘッドホンだけの事はあるよな。

ジャックに注意

あと、気をつけたいのが、

ジャックが3.5mmのいわゆるイヤホンジャックではなく

6.3mmのTRSフォンという太いやつ。

SONY MDR-CD900ST

なので、スマホやPCなどに搭載している3.5mmジャックに繋ぐ場合は

こういう変換が必要ですのでお気をつけて〜。


 

まとめ〜良い買い物した!

音楽制作のモニターヘッドホンとしても優秀!

リスニング用としても全然優秀!

山下達郎さんじゃないけど、

もうヘッドホンはこれだけで良いのかもしれない!

残りの人生で悩まなくて良いしね(笑)

大事に長く使おうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA