記事一覧

Oladance Wearable Stereo耳掛け式オープンイヤーの革命的な着け心地&サウンド

Oladance wearable stereo

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

この記事はOladance(オーラダンス)の

wearable stereo(ウェアラブルステレオ:以下Oladance)を

2週間ほどみっちり使ったレビュー記事です。

まずはOladance(オーラダンス)の

  1. 衝撃的なファーストインプレッション!
  2. この製品の代表的な特徴
  3. 2週間の使用経験からの実体験レビュー

を中心にお届けします。

このレビューはメーカーさんに製品をご提供頂き、Studio Kamix(スタジオ・カミックス)の「メーカーさんに忖度しない」レビュー・ポリシーにご同意いただいて制作しております。メーカーさん、ご理解ありがとうございます。

忖度しない製品レビューがモットーです。

Oladance wearable stereo

Oladance〜革命的なオープンイヤーの衝撃!

とにかく、この製品には驚かされました。

初めてOladance wearable stereoを着けて

音楽を聴いた時に出た言葉は・・・、

「うわぁっ・・・!( °o°)」

と云う驚愕の声でした(笑)

今まで味わったことのない感覚で

思わず声が漏れてしまいました。

Oladance wearable stereo

Oladanceのサウンド第一印象
  • サウンドが近い!
  • 臨場感と奥行きのあるサウンド
  • 周りの音も聞こえる不思議さ

耳にかけているだけであって、

耳に突っ込んでいないのにサウンドがものすごく近い

イメージ的にはすごく良い音がするスピーカーを

耳元で鳴らしている様な感じで、

ものすごく臨場感と奥行きのあるサウンドです。

Oladance

引っ掛けているだけなので周りの音も聴こえます。

「とても不思議な感覚」でした。

この新しい感覚を味わうだけでも価値がありました。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、「革命的」と云って良いでしょう。

Apple AirPodsによって

ノイズキャンセリングとワイヤレスイヤホンの

新しい扉が開かれた時くらいのインパクトがあると思います。

ノイキャン外音取り込みと比較

いわゆるノイズキャンセリングによる「外音取り込み」と比較すると、はるかに自然で心地よく音楽を楽しめる点はかなり評価できます!

Oladance wearable stereo

Oladanceの特徴

それではOladanceの特徴から紹介していきます。

Oladanceの特徴
  • 耳に差し込まないオープンイヤー
  • 超大型16.5mmドライバー
  • 最大連続16時間の長時間再生

Oladance wearable stereo

耳に差し込まないオープンイヤー

前述の通り、Oladanceは

耳に引っ掛けるタイプのウェアラブルデバイスで

「オープンイヤー」と呼ばれるタイプです。

耳に引っ掛けるタイプなので耳への負担が少ないです。

Oladance wearable stereo

通常のイヤホンは、少なからず耳の穴にイヤホンを入れますが、

Oladanceは耳穴への干渉は「0」です。

耳の穴にイヤホンを入れるのが苦手な方や疲れを感じる方にはもってこいですね。

Oladance wearable stereo

耳への負担としては

イメージ的にメガネくらいの感じですね。

軽く引っ掛けて耳に馴染ませると、

ホールドされますので少々頭を振っても取れることはありません。

また、耳にかけているだけなので

「周りの音」も聞こえます。

音量にもよりますが、会話も十分にできます。

付けっぱなしでも耳への負担が少ないのが魅力ですね。

しばらくすると付けているのを忘れてしまうほどでした。

超大型16.5mmドライバー

少し専門的な内容ですが、

イヤホンの音を出す心臓部であるドライバーユニット

このドライバーの大きさが

Oladanceは尋常ではありません。

Oladance

OladanceのHPより引用

通常のイヤホンであれば5〜6mmあたりが小口径

10mmを超えると大口径と云われますが、

Oladanceのドライバーはなんと「16.5mm」

尋常じゃないサイズですよね。

この大口径ドライバーのおかげで

まるでスピーカーで聴く様なサウンドが

再現されるわけですね。

イヤホンのドライバーについて初心者向けの記事を書いてますのでぜひ読んでみて下さい。

イヤホン ドライバーユニットとは?【初心者向け】イヤホン・ヘッドホンの「ドライバー・ユニット」って何?〜知っておくとイヤホンの見方がガラリと変わる基礎知識!

最大連続16時間の長時間再生

Oladanceは片方160mAhのバッテリーを搭載してますので

長時間再生、最大16時間が実現できます。

Oladance wearable stereo

16時間ってつまり寝てる間とお風呂入ってる間以外、

ずっと付けていられるくらいのバッテリーライフ

って事ですよね。

このロングライフバッテリーも革命的な魅力ですね。


\Makuakeで購入できます/

Oladance Wearable Stereoを購入する

Oladance wearable stereo

 

Oladanceサウンドの魅力

それでは気になるOladanceのサウンドにも

触れていきます。

サウンド自体は全般的に大変良いです。

特にオープンイヤーとは思えない「低音の出方」

Oladanceサウンドの魅力のひとつでしょう。

太くキリッとした低音がサウンドを引き立てます。

はじめは、太い低音に驚きます。

全体を引き立てる低音

変わって中音・高音は「並」といった印象です。

ただし、オープンイヤーと云うタイプのため

音の広がり具合が全く違います。

独特の音の広がり方は空気感があって素敵でした。

イヤホンの音の源であるドライバーから

耳の鼓膜までの距離が、

普通のイヤホンよりもある分、

サウンドと空気の混ざりが音の立体感を作っているのではないか?

と推測しました。

広がり・奥行きのあるサウンド

それぐらい音に広がりがあるので

最初に聴いた時に驚いたのだと分析してます。

 

最後にサウンドの解像度ですが、

よく聴いてみると解像度は高いわけではありませんでした。

なので、中音域で音の分離がよくないな・・・

と云う印象を受ける楽曲もありました。

しかし、持ち前の音の広がりの良さが

それをカバーしてくれています。

Oladance wearable stereo

Bluetoothコーデックについて

こちらも少し専門的ですが、

Oladanceが搭載しているBluetoothコーデックは

「SBC」と云う最も標準的なもの一つだけです。

SBCだけでこの性能なら最新コーデックなら、もっとサウンドはよくなるのでは?

アップデートなどで対応してくれると嬉しいですね。

今後に期待したいです。

初心者向けにBluetoothコーデックの解説記事、ぜひ読んでみて下さい。
[初心者向け]Bluetoothコーデックとは?〜猿でもワカルしワカルと楽しい!イヤホンとスマホの通信

Oladanceの開封〜基本仕様と使い方

開封から基本スペックや使い方などを

紹介します。

パッケージ

パッケージはこんな感じです。

▼外箱

Oladance wearable stereo

シンプルな白いパッケージ

▼内箱

Oladance wearable stereo

付属品一式

付属品は以下の通りです。

Oladance wearable stereo

  • 充電ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • マニュアル

Oladanceウェアラブルステレオ本体

▼本体

Oladance wearable stereo

本体サイズ・重量

本体の重さは「12.7g」です。

大きめのバッテリーを搭載しているので

そこそこの重量ですね。

Oladance wearable stereo

本体とケース、

それぞれサイズ感は以下の様な感じです。

Oladance wearable stereo

ケースはいわゆるワイヤレス・イヤホンのケースと比べると

かなり大きめです。

ポケットに入れて持ち歩くには少し大きすぎますね。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、

Interstellar Blue(ブルー)、Space Silver(シルバー)、Martian Orange(オレンジ)、Cloud White(ホワイト)

の4種類。

Oladance

OladanceのHPより引用

どれも個性的でクールなんで迷いますね。

プラグイン充電ケース(付属)

ケースの重量は「60g」です。

Oladance wearable stereo

付属のプラグイン充電式ケースは「バッテリーを内蔵してません。

僕はうっかりバッテリーを内蔵しているものと勘違いしていました。

Oladance wearable stereo

充電の際は、本体をケースにしまった状態で

Type-Cケーブルで電源に接続すると充電されます。

注意

プラグイン充電ケースに仕舞っただけでは充電はされませんのでご注意ください。

バッテリー充電ケース(オプション)

オプションの充電ケースは「119g」です。

Oladance wearable stereo

オプション別売のバッテリー充電ケースには

バッテリーが内蔵されているので

本体をこのケースにしまうと充電が開始されます。

Oladance wearable stereo

バッテリー容量は2550mAhなので

最大94.4時間の再生が可能となります。

Oladance wearable stereo

仕様:スペック系(数値データ等)

くわしいスペック・データです。

▼Oladance詳細仕様

▼項 目▼仕 様
イヤホン本体サイズ58 × 40 × 20 mm
ケース・サイズ130 × 48 × 26.5 mm
オプション充電ケース・サイズ87 × 77 × 33 mm
重さ(イヤホン)12.7 g(片側)
重さ(ケース)60 g
重さ(オプション・充電ケース)119 g
ドライバー16.5 mm ダイナミック型
オーディオコーデックSBC
BluetoothバージョンV5.2
Bluetooth対応プロトコルHFP/A2DP/AVRCP/HSP
充電コネクタType-C
バッテリー(片側)160mAh
バッテリー(充電ケース)2550mAh
充電時間2時間
最大持続時間16時間
最大持続時間(オプション充電ケース)94.4時間
送信周波数帯2402-2480MHz
定格出力15mW
防水防塵性能IPX4

▼参考記事

【覚えとくと役に立つ!】スマホやカメラ精密機器の『防水/防塵』性能規格【IPXXコード】の読み取り方と簡単な覚え方

Oladance wearable stereo

使い方は簡単〜クイックスタート

使い方はいたって簡単です。

Oladanceをケースから取り出すと

自動で本体電源が「ON」

スマホ側の「設定」の「Bluetooth」から

「Oladance Wearable Stereo」を選ぶだけで

接続されます。

MEMO

専用アプリを入れなくてもすぐに使い始める事ができます。

使い方〜タッチによる操作

Oladanceはタッチによる操作で再生/停止、

音量などをコントロールできます。

Oladance(オーラダンス)

OladanceのHPより引用

本体のドライバーユニット部分を

「タップ」または「なぞる」事で

直感的にコントロールできるので

すぐに覚えられます。

Oladance

Oladanceを2週間使った体験レビュー

Oladanceを二週間使った体験から

気になるポイントをレビューします。

Oladanceの気になるポイント
  • 装着感は?疲れない?
  • 気になる音漏れは?
  • 内部構造はどうなってる?

装着感は?疲れない?

まずは気になる装着に関してです。

つけ心地は「◎」です。

片耳が約12gなのと、耳に引っ掛けるタイプなので快適ですね。

少し時間が経つと着けているのを忘れてしまうくらい快適でした。

Oladance wearable stereo

耳に触れる部分はシリコーン樹脂で作られていますが、

このシリコーンの肌触りが良くて耳への負担が軽減されています。

感覚的には「メガネくらい」の感じですね。

マスクを付けるよりも負担は少なくて気になりません。

Oladance wearable stereo

耳の穴を使わないので

耳が疲れると云う事もありませんでした。

この疲れない装着感は大きいですね。

気になる音漏れは?

オープンイヤーなので音漏れは若干あります。

耳穴に引っ掛けるタイプの「インイヤータイプ」の

イヤホン程度でしょうか。

Oladance wearable stereo

シャカシャカ音が少々漏れる感じですね。

漏れ具合も音量によりますが、

図書館みたいな静かなところで

大音量で音楽を聴いていると迷惑になるかもしれません。

屋内での日常生活や屋外、電車や商業施設などであれば特に気にせずとも良いレベルの音漏れかな?と思いました。

内部構造はどうなってる?

Oladanceは形状がユニークですので

内部構造はどうなっているのか?気になります。

Oladance wearable stereo

大型のドライバーユニットは耳の穴のそばにくる

本体のメインに備わっています。

Oladance wearable stereo

そして耳の後ろにくる豆粒大の部分には

160mAhのバッテリーが内蔵されていると云うわけですね。

この二つで耳をホールドしてくれて

しっかりしたつけ心地魅惑のサウンドを実現している

と云う非常に理にかなった構造になっています。

とにかく「画期的」ですね。
Oladancerun

OladanceのHPより引用

Oladanceのエクササイズ利用

僕はこのOladanceを見た瞬間、

ランニングやジムなどでの利用を思い浮かべました。

それくらい「運動との相性が良さそうだ!」

と思ったからです。

しかし、実際に利用してみて分かった事は

半分当たりで、半分ハズレ、でした。

Oladance

OladanceのHPより引用

結果から云うと、Oladanceは

身体を横にしたり逆さ向いたりするエクササイズには全く向きません。

「外れてしまう」のです。

わかりやすく云うとベンチプレスなどでベンチに横になって運動していると重力に負けて外れます。

腹筋マシンで逆さになったりすると外れます。

 

頭が横になったり逆さになったりするエクササイズは

ほぼ外れてしまうと云うワケですね。

まあ、引っ掛けて固定しているの重力には逆らえません(笑)

しょうがないですね。

ではランニングなどの

上下動があるエクササイズはどうでしょうか?

ランニングは「問題なし」です。

かなりスピードを上げても外れる事はありませんでした。

しっかりとホールドしてくれます。

試しに山道をランニングで下った時も

結構なスピードを出しても外れることはありませんでした。

Oladanceエクササイズ利用結果

ジムでの利用は「エクササイズによっては使えない」って事ですね。

ジョギングやランニングには全く問題なく利用できます。

そして、周りの音も自然に聴こえるのは安全なので安心感があります。

Oladance専用アプリについて

Oladanceには専用アプリが提供されています。

Oladance

Oladance

Oladance無料posted withアプリーチ

本体のファームウェアのアップデートから

イコライザーや左右の音量バランス調整、

バッテリー確認などがアプリから行えます。

非常にシンプルなアプリでした。

MEMO

アプリはなくても本体の利用は可能です。

イコライザーの使い心地

イコライザーの使い心地はそこそこ・・・

と云った感じでした。

▼アプリのイコライザー画面

Oladanceアプリイコライザー

ガラッと大きくサウンドが変わると印象はなく

やや影響すると云う印象でした。

操作できる周波数帯も「150Hzから12KHz」までと

やや狭めで低音域がさわれないのは

少し物足りなく感じました。

Oladanceのメーカー・アフターなど

OladanceはDANCING TECHNOLOGY(ダンシング・テクノロジー)さんの製品です。

Oladance

OladanceのHPより引用

メーカーさんはどこの国?

DANCING TECHNOLOGY(ダンシング・テクノロジー)さんは

2019年に香港で設立された企業で、

Oladanceウェアラブルステレオは同社の第一号製品となります。

2021年末に米国のクラウドファンディングにて成功し、

日本のMakuakeで初上陸を果たした製品です。

Oladance

OladanceのHPより引用

DANCING TECHNOLOGYさんが目指す未来

テクノロジーを通じてイヤホン従来の問題(装着時の不快感など)を解消し、より高音質で快適な音楽体験の提供を目指しています。

Oladanceウェアラブルステレオはまさにこの未来を象徴する製品ですね。

参考 Oladance JapanDANCING TECHNOLOGYのHP

Oladanceはどこで作(生産)られている?

Oladanceは「中国広東省」の工場で生産されているようです。

同工場はオーディオ製品の構造設計や音響効果の最適化など多数の技術を有し、製品開発から生産に至るまで

各工程を厳格に管理することで高い製品品質を維持しているそうです。

Oladance

OladanceのHPより引用

アフターサービス系

品質保証は「1年間」となっています。

Oladanceのよくある質問Q&A

気になる部分のQ&Aをまとめました。

 Q1:OladanceウェアラブルステレオはApple製品で使用できる?

A1:Apple / AndroidなどのOSを問わずBluetoothに対応した機器(スマートフォン、音楽プレーヤー、タブレット、ノートパソコンなど)で使えます。

Q2:片耳だけでも使用できますか?

A2:片方での利用も可能です。

Q3:メガネやマスクをした状態でも使用できますか?

A3:メガネやマスクを着用した状態でも、問題なく使用できました。

Q4: 専用アプリがないと利用できない?

A4:アプリなしでも利用できます。アプリを使うとイコライザーなどの機能が使えるのと、ファームウェアのアップデートも可能となります。

Oladanceのまとめ

Oladanceを使ってみて、

この革命的な仕様と独特な音質のイヤホンに

とても惹きつけられた。

とても意欲的で魅力のあるイヤホンだと思う。

メリット・デメリット

▼メリット

  • 耳穴への負担が圧倒的に少ない
  • 周囲の音を同時に聴く事ができる
  • 音楽を聴きながら会話もできる
  • 一日中使用できる
  • ランニング中でも周囲の音が聞こえるので安全

▼デメリット

  • 横になったりするエクササイズでは外れる
  • 本体とケースがやや大きい

どんな人に向いてる

こんな人には向いています!

▼こんな方

  • イヤホンによる耳の穴への負担を軽減したい方
  • 通話などの目的でイヤホンつけっぱなしが多い方
  • zoomなどでの会議やミーティングが多い方
  • ジョギングやランニング中に音楽を聴きながら安全も確保したい方

気になる価格

Oladance Wearable StereoはMakuakeで購入できます。

気になる価格は

Oladanceの価格
一般販売予定価格 20,980円(税込)

が【早割31%OFF】なら 14,480円(税込)

2022/6/18時点でSOLD OUT

Oladance Wearable Stereoは今までにない

新しいスタイルの革新的なイヤホンです。

一度はこの「新感覚」を味わってもらいたいですね。

Oladance Wearable StereoはMakuakeから購入できます。


\Makuakeで購入できます/

Oladance Wearable Stereoを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA