記事一覧

【Adobe Creative Cloud 活用Tips】CCライブラリ機能をオフ(OFF)にして非同期にする方法

Creative Cloud

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

僕はクリエイターなので

Adobeのソフトウェアをかれこれ20年以上使っています。

Adobe Creative Cloudを利用する様になって久しいですが、

PhotoShop、Illustrator、Premiere、あたりはヘビーユースしていて

なくてはならない大事なツールと化してます。

 

AdobeCCになってからソフトウェア同士の

シームレスな連携機能増えています。

 

その中で「CCライブラリ」と云う機能がありますが、

僕はあまり恩恵を感じていなくてオフにして

非同期で利用しています。

 

この記事では「CCライブラリ」をオフにして

非同期設定にする方法を紹介します。

この記事で分かるコト

この記事を最後まで読むとAdobe Creative Cloud(Adobe CC)のCCライブラリ機能をオフ(OFF/非同期)に設定する方法が分かります。

Adobe CCライブラリの同期状態を確認する方法

まずは、

Adobe CCライブラリの同期状態を確認する方法からです。

Photoshopの場合を参考に説明します。

【画面はPhotoshop】

Adobe CCライブラリ

CCライブラリのウィンドウを開きます。

「ウィンドウ」→「CCライブラリ」

でCCライブラリのパネルを開きます。

次にパネルの左下にある「クラウドマーク」の状態をチェックします。

 

以下の様になっていればCCライブラリは「オン」(ON/同期)状態です。

Adobe CCライブラリ

以下の様になっていれば

CCライブラリは

「オフ」(OFF/非同期)状態です。

Adobe CCライブラリ

Adobe CCライブラリをオフ(OFF/非同期)にする方法

AdobeCCライブラリはデフォルト設定ではオン(ON/同期)になってます。

僕の様に、オフ(OFF/非同期)にしたい場合は

以下の手順でオフ(OFF/非同期)にできます。

Creative Cloud

まずはAdobeCCユーザならインストールされているはずの

Creative Cloudを起動してください。

(多くの方はメニューバーに常駐しているのでは?)

Adobe CCライブラリ

Creative Cloudが起動したら

画面の左上にある

「アカウント」をクリックして下さい。

Adobe CCライブラリ

ドロップダウンメニューの一番上にある

「環境設定」を選択して下さい。

「環境設定」を開いたら

左側の「タブ」から

「同期」

を選択して下さい。

下のスクリーンショットのようになっていると思います。

Adobe CCライブラリ

同期が行われていると思いますので

「同期を一時停止」

ボタンを押して下さい。

その後、

「完了」を押すと

CCライブラリのオフ(OFF/非同期)設定が完了です。

これで、勝手にライブラリを同期されることはありません。

完了すると以下のスクリーンショットの様に

CCライブラリのパネルアイコンが変わります。

Adobe CCライブラリ

各ソフトウェアでCCライブラリのパネルにある

同期マークが

「オフ:非同期」状態

になっているのを確認して下さい。

Adobe CCライブラリをオン(ON/同期)にする方法

 

CCライブラリをオン(ON/同期)にするには

さきほどと逆のコトをして下さい。

Creative Cloudの

「アカウント」「環境設定」

を開いて

左のタブから

「同期」を選択

「同期を再開」

を押せば、

CCライブラリがオン(ON/同期)になって

ソフトウェア上でCCライブラリの同期がはじまります。

Adobe CCライブラリ

Adobe CCライブラリをオフ(OFF/非同期)にする理由

ご存知の方も多いかと思いますが、

AdobeCC(Adobe Creative Cloud)のアカウントは

2箇所で使える様になっています。

厳密に云うと「同時に使えるのが2カ所」であって

インストールさえすれば2台以上の

コンピューターで使用ができます。

 

僕も2カ所以上で使用していますが、

CCライブラリが動くと面倒な時が多いので

基本的に「オフ(OFF/非同期)」で使っています。

具体的にはこの2点です。

  • 勝手にCCライブラリへの登録がはじまり、作業が止まる。
  • 使う予定のないものが勝手に登録される。

以上の理由から僕はCCライブラリを

オフ(OFF/非同期)にしています。

Adobe CCライブラリを活用する方法

そもそもCCライブラリは

よく使う素材をCCライブラリという

Adobeのソフトウェアで横断的に使えるパネルに登録して

Cloudを利用してどこでも使える様にすると云うツールです。

この用途に合った使い方をすると

よく使う素材へのアクセスが非常に早くなって

作業効率が爆上がりするでしょう。

 

ただ、それ以外の方法で

似た様な環境を作っている場合は

あまり有用性はないでしょう。

AdobeCCの購入について

Adobe Creative CloudはAdobeのサイトからも購入できますが、

実はAmazonでも購入可能です。

12ヶ月版とか24ヶ月版といったもので

割引されているものが時期によって出ているので

それを購入するのも良いですね。

こちら↓↓↓

28%オフ18000円以上お得と云うプラン。

販売元もAdobeさんなので怪しいものをつかまされる心配はありません。

僕も何度もこちらで購入したのですが、

今までトラブルは「0」です!

動画講座 + Adobe Creative Cloud 一年分

Adobe Creative Cloudの動画講座つきのプランなどもあります。

Adobeのソフトウェアについて学べる講座に

Adobe Creative Cloud1年分のライセンスがついてくるというプランですね。

ソフトが学べてソフトウェアライセンスもついてきて4万円を切るのは魅力ですね。

動画講座+AdobeCC

株式会社デジタルハリウッドさん –Adobeマスター講座[ソフト付属]

Adobe Creative Cloudの基礎をマスター

全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)

39,980円税込 / 36,346円(税抜)

※Adobe CC1年分を含む

 

Adobe Creative Cloudはとにかく画像・映像・印刷・写真・アニメ・・・etc

とクリエイターにとっては欠かせないソフトウェアです。

しっかり使っていきたいですね。

よければ合わせてこちらも読んでみて下さい。
【備忘録】アドビ・キャラクター・アニメーター(Adobe Character Animator)でお仕事したので参考情報など備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA