記事一覧

『もうフォントの心配はしなくて良い!?』〜アドビ・フォント(Adobe Fonts)が便利すぎてヤバイ〜【Adobe Creative Cloud Tips】

アドビ・フォント Adobe Fonts

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

僕はクリエイターなので

Adobeのソフトウェアをかれこれ20年以上使っています。

Adobe Creative Cloudを利用する様になって久しいですが、

PhotoShop、Illustrator、Premiere、あたりはヘビーユースしていて

なくてはならない大事なツールと化してます。

 

そんな僕が最近びっくりしたのが

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」です。

何にびっくりしたって・・・・、

結論から云うと

「Adobe Creative Cloudさえ使っていれば、もうフォントの心配はしなくて良い!」

ってコトです。

 

今まではソフトウェアがあっても

フォントがないと文字周りが貧弱になって困るので

必ず有料、無料のフォント調達が必要でした。

それが、当たり前だったのですが、

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」

の登場が「その当たり前」を変えてしまいました。

それも、静かに・・・・、密やかに・・・・。

ご注意

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」はAdobe Creative Cloudを利用している方向けの付帯サービスです。

Adobe Creative Cloudの利用者のみご利用頂けます。

あまり大々的に聞こえてこなくて

最初は中途半端なショボいサービスなんだろうな・・・って勝手に思い込んでました。

(事実、確か最初の頃はフォントも充実してなかったと思う。)

でも、最近あらためてサービスを見てみると

扱うフォントもガラリと変わってしまい・・・、

「ありゃ?こりゃもうフォントのコトで悩まんでいいレベルやん!」

ってなってて驚きました。

 

本記事はそんな「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」についてまとめました。

この記事で分かるコト

この記事を読むと、アドビ・フォントのサービス内容や利点、利用方法が分かります。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」とは?

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」はAdobe社が

同社のクラウド・ソフトウェア「Adobe Creative Cloud」のために

提供しているサービスでさまざまなフォントが無料

Adobe Creative Cloud上で利用できる様になるサービスだ。

つまりPhotoshopやillustratorやPremiereを使う時に

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」のフォントが利用できる様になるってことだ。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」の使い方

さっそく使い方に行ってみよう。

使い方は実はとっても簡単!

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」のサイトにログインして

使いたいフォントを有効化(アクティベート)するだけだ。

めちゃ簡単ですね。

 

具体的にはまず、

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」のサイトへブラウザでアクセスする

サイトへ↓

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」

アドビ・フォント Adobe Fonts

サイトを開いたら

左上のログインからログインします。

アドビ・フォント Adobe Fonts

この時ログインに使うアカウントは

Adobeアカウントになります。

(Adobe Creative Cloudがアクティベートされているアカウントに限る)

Adobe Fontsログインに成功したら

手始めにフォントパックを有効化(アクティベート)してみましょう。

左上のメニューから「フォントパック」に進みます。

アドビ・フォント Adobe Fonts

ここでは例として

「Adobe日本語フォント基本パック」

を有効化します。

アドビ・フォント Adobe Fonts

有効化(アクティベート)は

ボタンを「オン」にするだけです。

アドビ・フォント Adobe Fonts

アクティベートをしたら自動的にフォントのダウンロードがはじまり、

あとは、何もしなくても構いません。

これで終了です。

自動でフォントがダウンロードされて

Adobe Creative Cloudのソフトウェアで使える様になります。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」の種類・便利な使い方

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」には個別のフォントと別に

全章でも紹介した

「フォントパック」と云うモノがあります。

アドビ・フォント Adobe Fonts

フォント・パックとは?

これは、個別のフォントを組み合わせてパックにするコトで

「複数のフォントを手軽に導入するためのモノ」

です。

アドビ・フォント Adobe Fonts

「基本パック」やら「名刺パック」やら

「年賀状パック」などなど

さまざまな用途に応じたパックがあります。

アドビ・フォント Adobe Fonts

こちらは「名刺パック」ですね。

名刺に使いやすい日本語と欧文フォントを

組み合わせたパックの様です。

アドビ・フォント Adobe Fonts

上の画像の様な形でフォントがパックになっています。

手軽に始められるので

「名刺作るぞ」って時の

スターターとして良さそうですね。

 

確かに、一個一個探して選んでいくのは時間がかかるので

大変ですもんね。

最初はフォント・パックをドバッと入れておいて

のちのち気に入ってフォントやよく使うフォントだけに

絞り込んでいくと使いやすそうですね。

というわけで、

最初の導入にはフォント・パックがおすすめです。

フォントの個別有効化(アクティベード)

もちろん前述の通り

フォント個別のアクティベートも可能です。

左上の「フォント一覧」から目的のフォントを探します。

アドビ・フォント Adobe Fonts

「筆書体」から

「ペンレディ」というフォントを見つけたので

アクティベートしてみます。

アドビ・フォント Adobe Fonts

右上の「アクティベート」ボタンを

「ON」にします。

VDLペンレディが「アクティベート」されました。

このあと、自動でダウンロードされて完了すると

Adobe Creative Cloudで使える様になります。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」は商用利用できる?

アドビ・フォント Adobe Fontsは

「商用利用OK」

です。

なので、遠慮なくお仕事で使ってかまわないってことですね。

ありがたい。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」の今後

アドビ・フォント Adobe Fontsは

参加メーカーもラインナップも増えていっている様ですが、

この調子で安定してくれれば

まずもってフォントの心配は要らなくなりそうでありがたいです。

 

つまり、

Adobe Creative Cloudさえ、契約しておけば、

DTP環境も、動画制作環境もほぼOKってコトになりますね。

コンピューターを買い替えたりする時に

フォントの問題などはいつも悩ましい問題ですが、

Adobe Creative Cloudがその問題を解決してくれるのは

本当にありがたいですね。

この調子で環境を整えていってもらえるコトを祈ります。

「アドビ・フォント(Adobe Fonts)」

フォントメーカーも充実

フォントを探す時に「メーカー別」も用意されています。

メーカーさんを見てみると

かの有名な「モリサワ・フォント」をはじめ

様々なメーカーさんや、デザイナーさんがフォントを提供している様です。

Adobeさんと契約をしているんでしょうね。

将来的にはココに並ぶメーカー・デザイナーさんや

それぞれのフォントがもっともっと増えていくコトが

予想されます。

 

ちょっと心配なのは一度依存してしまうと

もう戻れないサービスとなりそうなので

そう!突然有料化とかされると嫌だな・・・・と思ってます。

もともとAdobe Creative Cloudは有料ですが、

その中で「このフォントは有料」とかになるとちょっと考えものだな・・・と思います。

依存し過ぎも考えものだってコトですね。

Adobeさん、お手柔らかにお願いします(笑)

AdobeCCの購入について

Adobe Creative CloudはAdobeのサイトからも購入できますが、

実はAmazonでも購入可能です。

12ヶ月版とか24ヶ月版といったもので

割引されているものが時期によって出ているので

それを購入するのも良いですね。

こちら↓↓↓

28%オフ18000円以上お得と云うプラン。

販売元もAdobeさんなので怪しいものをつかまされる心配はありません。

僕も何度もこちらで購入したのですが、

今までトラブルは「0」です!

動画講座 + Adobe Creative Cloud 一年分

Adobe Creative Cloudの動画講座つきのプランなどもあります。

Adobeのソフトウェアについて学べる講座に

Adobe Creative Cloud1年分のライセンスがついてくるというプランですね。

ソフトが学べてソフトウェアライセンスもついてきて4万円を切るのは魅力ですね。

動画講座+AdobeCC

株式会社デジタルハリウッドさん –Adobeマスター講座[ソフト付属]

Adobe Creative Cloudの基礎をマスター

全3ヶ月(動画閲覧 1ヶ月+課題作成 2ヶ月)

39,980円税込 / 36,346円(税抜)

※Adobe CC1年分を含む

 

Adobe Creative Cloudはとにかく画像・映像・印刷・写真・アニメ・・・etc

とクリエイターにとっては欠かせないソフトウェアです。

しっかり使っていきたいですね。

合わせてこちらも読んでみて下さい。
Creative Cloud【Adobe Creative Cloud 活用Tips】CCライブラリ機能をオフ(OFF)にして非同期にする方法 【備忘録】アドビ・キャラクター・アニメーター(Adobe Character Animator)でお仕事したので参考情報など備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA