記事一覧

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)に付いている100GBファイル・ストレージサービス『Adobe Cloud』が意外に便利で知られていない件。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、アドビ(Adobe)大好き

スタジオ・カミックス管理人

カーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

僕自身もクリエイターでもあり、

Adobeを使って20年以上になります。

もはやクリエイターにとって必需品!

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)を使いこなすための

便利なTipsなどを紹介させてもらっています。

Adobe Cloudとは?

Adobe CloudはAdobe CC(Adobe Crative Cloud)ユーザーに提供される

クラウド上のスペースです。

なんと・・・・1ユーザにつき100GBの容量が用意されています。

100GBって云うとなかなかのスペースですよね。

これは使わない手はないですね。

 

作業環境が家と職場で分かれているとか

デスクトップとノートを使い分けてるとか

そう云う場合でもデータをAdobe Cloudに置いておけば

どこからでもアクセスできるので便利ですね。

<Adobe CC(Adobe Crative Cloud)Tips>

AdobeのTipsを紹介しています。

[Adobe Fonts]

アドビ・フォント Adobe Fontsアドビ・フォント(Adobe Fonts)が便利すぎてヤバイ〜もうフォントの心配はしなくて良い!?【Adobe Creative Cloud Tips】

[Adobe CC Library]

Creative CloudアドビAdobe CC(Adobe Crative Cloud)のCCライブラリ機能をオフ(OFF)にして非同期にする方法【Adobe Creative Cloud 活用Tips】

Adobe Cloudの使い方

使い方は簡単です。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の中核アプリである

「Creative Cloud」を使います。

上部のタブにある「作品」をクリックすると

ライブラリやクラウドドキュメントの画面に移ります。

左にあるメニューから「クラウドドキュメント」をクリックします。

すると、クラウドドキュメントにある

ファイルが表示されます。

ここが、100GBのファイルスペースですね。

 

スペースの利用状況は右上の「雲」のマークをクリック。

するとクラウドストレージの利用状況が表示されます。

adobe cloud

Adobe Cloudの容量は?

Adobe Cloudの容量は前述の通り「100GB」です。

100GBで余裕!とは云え、

PhotoshopデータやPremiereの映像データなんかは

重いので使い方によっては、

あっという間になくなってしまいますので注意しましょう。

契約別の容量

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)のコンプリートプランの方が多いと思いますが、

プランによって使える容量が異なります。

コンプリートプランおよび単体プラン版の場合は

100 GB

フォトプランの場合は

20 GB

の容量となります。

容量追加も可能

Adobe Cloudはもっと容量を増やしたい!

と云う場合、追加も可能です。

1TB単位で10TBまで増やせます。

 

おすすめの使い方としては、

使用頻度の高いものや、今まさに制作で使っているデータなんかは

Adobe Cloudに置いておいて

おそらく、しばらく触らないだろう・・・・

って云うデータはSSDやHDDに退避させる・・・

って云うのが最も使い方としては良さそうですね。

Adobe Cloudの容量追加方法

しかし、もっとバンバン使いたい!

って云う方には要領を追加することもできます。

なんと1TBで月額1,078円

adobe cloud

1TBですからね〜。

そうそうなくならないと思います。

 

1TBで千円ならコスパは悪くないと思います。

 

会社経費で落ちる人やフリーランスの方なんかで

経費に余裕のある方は1TBにアップグレードして

余裕で使うのは快適で良いかもしれないですね。

非常に作業がしやすいと思います。

Adobe Cloudでのデータの共有方法

Adobe CloudのデータはAdobe CC(Adobe Crative Cloud)ユーザ以外にも

共有することができます。

これもめちゃ便利ですね。

方法は至って簡単

 

Creative Cloudの上部のタブにある「作品」へ移動して

さらに左にあるメニューから「クラウドドキュメント」を選択します。

すると、クラウドドキュメントに保存されているファイルが表示されます。

このスペースが100GBのスペースですね。

共有したいファイルをクリックして選択します。

すると、右側にメニューが現れます。

右側のメニューから「共有」ボタンを押します。

すると、さらにメニューが表示されますので

「リンクを取得」をクリックして下さい。

すると、

共有用のリンクが用意されますので

「リンクをコピー」をクリックして

クリップボードにリンクをコピーします。

adobe cloud 共有

あとは、そのリンクを共有したい相手に送れば、

ファイルの共有ができます。

便利ですね。

(補足:2021年5月現在では、共有設定がアクティブになるのに少し時間がかかりました。)

Adobe Cloudまとめ

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)のサービスの一部である

Adobe Cloud、便利なサービスだと思いますので

Adobeユーザはぜひしっかり使ってもらいたいと思います。

ポイントを振り返っておくと

Adobe Cloudのポイント!
  • Adobe Cloudの容量は100GB
  • 容量の追加もできます(有料)
  • ファイル共有も可能

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ユーザの皆さんは、

ぜひ、このAdobe Cloudの機能、

最大限に活用してもらいたいですね。

 

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の購入方法も紹介しています。

Adobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法〜クリエイターさん必携!アドビを少しでも安くしたい

 

このブログではもっともっと

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の

活用法も紹介していきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA