記事一覧

【アドビAdobeの学割】Adobe CCアカデミック版は学生でなくても使える?

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)アカデミック

こんにちは、

アドビ(Adobe)を使って20年以上。

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

Adobe CCには学生や教職員を優遇する

いわゆる学割(学生割引)であるアカデミック版があります。

このAdobeのアカデミック版(学割)は学生や教職員の方が

Adobe CCを使うハードルを下げるためのモノですね。

 

なので、我々一般人は使えません・・・・・・・、

って事はありません。

この記事ではAdobeの学割アカデミック版と

「学生でない方」の利用方法をお教えします。

手っ取り早く、Adobe CCを安く購入できる方法が知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

Adobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法

なぜ?学生・教職員を優遇するの?

Apple製品などもそうですが、学生や教職員の方を優遇する事によって

学生や教職員関係者がその製品や・サービスを選択しやすくなり、

ひいては研究などで利用され、スタンダードになる事で

将来的な売り上げアップが見込めることから

こう云う措置を用意しているのでしょう。

それだけ、学生に選んでもらえる事はメリットが大きいってことですよね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)Academic

社会人がAdobe CCアカデミック版(学割)を使う方法

社会人でもAdobe CCのアカデミック版(学割)を使う事ができます。

方法は簡単で、

「オンラインスクール(またはオンラインアカデミー)」

に入学するんですね。

そうすると文字通り「学生」になれます。

なぜ、社会人でもAdobe CCアカデミック版(学割)が使えるの?

オンラインスクールではインターネットを通じた

動画教材などを提供するサービスです。

利用者はオンラインスクールに入学する事で学生となり

その学校の動画教材などで勉強をするわけですね。

入学する事で学生となりますので晴れて

Adobe CCアカデミック版(学割)を胸を張って帰るワケです。

オンラインスクール

Adobe認定オンラインスクール

「オンラインスクールならなんでも良いの?」

いえ!なんでも良いわけではありません。

Adobeの一定の条件をクリアしたオンラインスクールでないといけません。

具体的には以下の3つの様なスクールです。

上記の3つはいずれもAdobeから

「Adobeプラチナ・スクールパートナー」

として認定されています。

アドビ・プラチナパートナーとは?

Adobe(アドビ)さんがトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。プラチナ・ゴールド・ブロンズといったランクがあり、各条件を満たした企業さんはAdobe(アドビ)さんより認定を受けられる仕組みです。

参考 アドビ スクールパートナープログラムAdobeさんの公式HP

なので、認定されている企業はパートナー資格をしっかりと満たしているAdobeさんの正規パートナーと云うことになるので安心ですね。

Adobe CCアカデミック版がついたオンラインスクール

オンラインスクールを利用して学生になりアカデミック版を利用する場合、

Adobe Creative Cloudの定価から計算すると

年額で実質32,536円お得になって

なおかつソフトウェアの「動画講座」も受けられるという仕組みですね。

 

続いて代表的な3つを紹介します。

デジタルハリウッド

デジタルハリウッドさん

デジタルハリウッドさんは、1994年の創立以来

デジタルクリエイティブ教育に貢献してきた実績が評価され、

アドビ(Adobe)さんより日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」

認定されているのだそうです。

そのため、デジタルハリウッドの学生は

Adobe Creative Cloudアドビ・アカデミック版

(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を

特別価格¥39,980で買えるというわけですね。

認定スクールというのは限られている様なので

どこでもできるコトではなさそうです。

デジタルハリウッド

▼こちらから申し込みできます。

たのまな

たのまなさん

ヒューマンアカデミーたのまなさんは250以上の通信講座を持つ大手、

あらゆる通信講座を扱っている中で

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)の講座も人気講座の様です。

アドビプラチナスクールパートナーでもある様ですね。

たのまな

▼こちらから申し込みできます。

たのまなアドビソフトウェア通販

アドバンスクールオンライン

アドバンスクールオンラインさん

アドバンスクールオンラインさんは

スクール事業やWeb制作事業なども手がける会社さんで

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)の講座をはじめ

クリエイター向けの本格的な講座を多く持たれている様です。

こちらもやはりアドビプラチナスクールパートナーでもある様ですね。

アドバンスクールオンライン

▼こちらから申し込みできます。

アドバンスクールオンライン

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)アカデミック版 購入資格

アドビの学割、Adobe CC(Adobe Creative Cloud)アカデミック版を

購入できる人は学生の方や教職関係の方にになります。

以下はアドビ(Adobe)さんより引用したものです。

購入資格の有無

学割価格でご利用頂ける対象は、13 歳以上かつ以下に示す教育機関が提供する 3 ヶ月以上の課程に在籍する生徒/学生または該当教育機関の教職員の方です。

  • 学校教育法に規定された教育機関(中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、専修学校、各種学校)
  • 職業能力開発法に規定された公共職業能力開発施設および職業訓練法人
  • 行政が運営する大学校のうち、学位が取得できる大学校

購入方法

Creative Cloudメンバーシップは、アドビストア オンラインまたは、アドビストアコールセンター 0120-921-104(受付時間:平日 9:30~17:30)にてご購入いただけます。

また、家電量販店やオンラインストアで購入いただくことも可能です。

購入資格の証明

学校が提供する電子メールアドレスを利用: 学校ドメインが含まれる電子メールアドレス(xxx@xxx.ac.jpなど)をお持ちの場合は、この電子メールアドレスを入力することで購入資格の確認が完了します。

電子メールアドレスが学校から発行されていない場合、また学校発行のものと確認できない場合は、購入後に資格証明書類の提出についてご連絡させていただく場合があります。

認められる資格証明書類

  • 学生証/学生手帳
  • 在学証明書
  • 健康保険証(中学生に限る)

学生の方はアドビの学割、Adobe CC(Adobe Creative Cloud)アドビ・アカデミック

絶対的に使っておきたいですね。

学生でない方も・・・ニーズに合わせて使いたいですね。

僕も毎日使っているAdobe CC(Adobe Creative Cloud)、

もっともっと勉強して使い倒したいと思います。

 

このブログではもっともっと

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)の

活用法も紹介していきたいと思います。

合わせてこちらも読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA