記事一覧

【アドビ(Adobe)初心者向け】Adobe CC(Adobe Crative Cloud)とは?〜Adobe CCの仕組みを理解しておけばアドビがもっと便利!

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

アドビ(Adobe)を使って20年以上。

クリエイターとして使い倒しました。

今現在もAdobe CC(Adobe Creative Cloud)を毎日使わせてもらってます。

最近Adobe CC(Adobe Crative Cloud)について説明する機会が多かったので

一度、記事にまとめてみました。

この記事でわかるコト

この記事では、Adobe CC(Adobe Crative Cloud)がどういうソフトで何台のコンピューターで使えるのか?とかその仕組みはどの様なものなのか?といったコトが分かります。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)とは?

アドビ(Adobe)社さんが提供しているソフトウェア群の総称です。

一つのソフトウェアではなくたくさんのソフトウェアが集まった集合体です。

(※単体プランもあります。)

 

言わずと知れた有名画像編集ソフト、フォトショップ(Photoshop)をはじめ

イラストレーター(illustrator)

動画ソフト、プレミア(Premiere)

写真現像ソフト、ライトルーム(Lightroom)

音楽制作ソフト、オーディション(Audition)

ウェブ制作ソフト、ドリームウィーバー(Dreamweaver)

などなどクリエイティブなソフトウェアが揃っています。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)はそれらのソフトウェアを

クラウドを通じて使える様にしています。

 

昔はパッケージされたソフトを購入するのが常でしたが、

今はクラウドを通じてサブスク(年契約・月契約)で購入するわけですね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の仕組み?

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)のコンプリート版にサブスク登録すると

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)のソフトウェアを全て使える様になります。

全てです!

 

「フォトショップ(Photoshop)しか使わないよ」

と言おうが

「プレミア(Premiere)だけしか使わない」

と言おうが、「全て」使えます。

(「単体でしか使わない」と云う方は単体での契約の方が良いでしょう。)

 

話を戻して・・・、

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の仕組みは

「アカウントのアクティベート」です。

もっと分かりやすく云うと

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)を使える

「資格情報(Adobeアカウント)」

「有効化(アクティベート)」

する。

と云うイメージでしょうか。

 

なので、極端な話、

その「資格情報(アカウント)」さえ知っていれば

誰でもどこでもコンピュータとインターネットさえあれば

使用することができる!

ってコトですね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェアはクラウドを通じてダウンロード

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の肝心のソフトウェアは

クラウドを通じて自分の環境にダウンロードします。

これは極端な話、

WindowsかMacであればどこだろうが?誰だろうか?

ダウンロードできます。

もっと云うと、一人で何台のコンピュータを使っていようとも

全ての環境にソフトウェアをダウンロードすることができます。

例えば、家と自宅に2台ずつ、合計4台のコンピュータを使ってると云う人も

4台にインストールするコトができて好きなコンピュータで

使うコトができます。

(ただし、同時に使えるのは2台まで詳しく後述します。)

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

使う資格があるかどうかもクラウドを通じて認証

そして、AdobeCCの管理ソフトである「Creative Cloud」

アカウントに使う資格があるのかどうか?

クラウドを通じて認証を行います。

この認証でそのアカウントに対して

「Adobe CC(Adobe Crative Cloud)が

アクティベート(有効化)されている!」

となれば、晴れてその環境でソフトウェアが使える!

と云うわけですね。

 

ただし、一つのアカウントにおいて

同時に使うことができるのは

「2台まで」

となっています。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)は従来のソフトとは何が違う?

勘違いされている方が多いのですが、

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)は

コンピュータがMacだろうが、Windowsだろうかが

ソフトをどこにインストールしようが、誰が使っていようが

それらは全く問題ではなくて

「有効化(アクティベート)」された「資格情報(アカウント)」

でクラウドにログインしているコトだけが重要なのです。

その他の事はその資格を持っている人任せと云う訳ですね。

 

従来のソフトウェアはソフトを買ってコンピュータにインストールして

ソフトをアクティベートする。

と云う作業が必要で、

そのコンピュータでしか利用できない。

と云うモノでしたが、

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)は

それとは全く異なっていて「アクティベート(有効化)」された「アカウント」が

あれば、あとはどこでも、誰でも、何でも良い!

という訳ですね。

 

現代はクラウドの時代で、

ソフトウェアなんかはいくらでもコピーもインストールもできるので

非常に理にかなったシステムな訳です。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)

Crative Cloudと云うソフトウェアが管理している

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)を利用する上で、

覚えておいてもらいたいのが、

重要な「アカウント(資格情報)」や

「ソフトウェア」の管理を行っているのが

クリエイティブ・クラウド(Creative Cloud)と云う管理ソフトです。

 

クリエイティブ・クラウド(Creative Cloud)

ソフトウェアやフォントの管理、ファイルスペースの管理なども

行ってくれます。

そして最も大事な「アカウントの認証」

このソフトウェアがやってくれてますので。

クリエイティブ・クラウド(Creative Cloud)の役割を理解していると

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)の理解が進むと思います。

まとめ

と云う訳で、

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)について説明させてもらいました。

全体像を把握して使えば、

複数の環境で便利に使えますので

ぜひ、活用してもらいたいと思います。

 

うまく活用すれば2人で1つのライセンスを活用するコトもできそうですね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)は1ライセンスで2台で使えて無限にインストール可能〜Adobe CCを複数台で活用する方法

また、クリエイターの方々にとってはAdobe CC(Adobe Crative Cloud)は必須。

かかる費用は少しでもおさえたいですね。

費用をおさえる方法も記事にしていますので

参考にご覧になってから判断してみてください。

Adobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法〜クリエイターさん必携!少しでも安くしたい

学生の方は迷わず、アドビの学割Adobe CC(Adobe Crative Cloud)アカデミック版一択です。

【アドビAdobeの学割】Adobe CC(Adobe Crative Cloud)アカデミック〜学生なら使わない手はない!学生でなくても・・・?

 

合わせてこちらも読んでみて下さい。
Adobe Creative CloudAdobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法〜クリエイターさん必携!アドビを少しでも安くしたい アドビ・フォント Adobe Fontsアドビ・フォント(Adobe Fonts)が便利すぎてヤバイ〜もうフォントの心配はしなくて良い!?【Adobe Creative Cloud Tips】 Adobe CC(Adobe Crative Cloud)アカデミック【アドビAdobeの学割】Adobe CC(Adobe Crative Cloud)アカデミック〜学生なら使わない手はない!学生でなくても・・・? Creative CloudアドビAdobe CC(Adobe Crative Cloud)のCCライブラリ機能をオフ(OFF)にして非同期にする方法【Adobe Creative Cloud 活用Tips】 【備忘録】アドビ・キャラクター・アニメーター(Adobe Character Animator)でお仕事したので参考情報など備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA