記事一覧

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)で使えるお値打ちソフトたち〜Adobeユーザの皆さん!「元」取ってますか?

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

クリエイターとしてAdobeCCを20年以上使っています。

この記事では

AdobeCC(アドビ・クリエイティブクラウド)の

定番ソフトウェアや定番ではないけれど

かなり優秀なソフトウェアなどを簡単に紹介しています。

 

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)は

コンプリート版を契約して使っているけれど、

ソフトウェアは一つか二つしか使ってないよ・・・・、

って方は是非、色々と使ってみて

「元」取って下さい!

優秀でとても面白いソフトウェアがゴロゴロしています。

DTP(デザイン・印刷・画像加工)系ソフト

まずはDTPのド定番ソフトたち、

印刷全盛期はこのソフトがないと始まらない!

というソフトたちですね。

この辺は有名過ぎて知らない人は少ないと思いますが、

とりあえず定番というコトで。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe PhotoShop アドビ・フォトショップ

写真加工ソフトの決定版。

合成からデジタル写真の現像まで

写真画像のどんなお仕事も全てこなせる

最高に頼りになるソフトウェア。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe Illustrator アドビ・イラストレーター

チラシからポスター、あらゆる平面デザインを

制作するための万能レイアウトデザインソフト。

PhotoShopと連携するコトであらゆる印刷物のデータを

デザイン・制作するコトができる秀逸ソフト。

ヒント

『僕の様な「学生」ではない方でも「学生」になってアカデミックの恩恵を受けられる方法』が知りたい方にはこういう記事もあります。

Adobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法〜クリエイターさん必携!少しでも安くしたい

映像系ソフト

映像製作ソフトも充実しているAdobe CC(Adobe Creative Cloud)、

映像制作ソフトはその他のソフトとの連携もよくて

使い勝手が良いですね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe Premiere アドビ・プレミア

プレミアを使って編集をしている人、多いですよね。

僕もバリバリ使っています。

動画のあらゆるコトがほぼこのソフト一つでできるので

圧倒的に便利ですよね。

動画をやってるともう離れられない一本ですね。

これ一本でAdobeCCのサブスク代が賄われてもおかしくないくらい優秀なソフトです。

僕は、普通の動画はもちろんTVCMなんかも

このソフトで作ってますが、

テレビの現場でも十分安心して使えるレベルです。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe After Effect アドビ・アフターエフェクト

僕は、このソフト最近あまり使ってませんが、

アニメや動画用の素材をつくるソフトですね。

ちょっと凝った表現なんかをする時に

アフターエフェクトでつくったものをプレミアに読み込んでつくったりします。

プレミアでも同様のコトができる場合もありますが、

専用のアフターエフェクトでやると簡単により難しいコトが

実現できたりするので使い分けられると無敵だと思います。

Adobeの写真現像系ソフト

写真の現像に特化したソフトです。

簡単なレタッチや画像管理もできるのが魅力ですね。

写真を大量に扱う方は一度使ってみると良いと思います。

カメラマンさんや写真家さんで使われている方多いですね。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe Lightroom アドビ・ライトルーム

カメラマンや写真家の方達に愛用されているソフトですね。

最近はデジタルカメラで撮った写真を

パソコンで現像してから第三者に提供するというスタイルが

当たり前になりつつあります。

解像度の変更や

簡易な画像修正、シャープをかけたり、色味を調整したり

画像の合成まではしないけれど

簡易な加工はすると云うニーズが増えているので

この現像ソフトが普及していると思われます。

加工や合成といった面では、

Adobe Photoshopの方がすぐれているのですが、

ライトルームは写真に特化しているので

大量の画像の修正を手早く行えたり

画像の管理なんかも行えるので

カメラマンや写真家の人はうまく使えば

作業効率が爆上がりするはずです。

写真撮影をして画像をたくさん扱う方は

覚えておいて損はないですね。

Adobeの音楽系ソフト

使う人は少ないですが、

いわゆるDAWソフトと云われる音楽制作総合ソフトも

アドビさんにはあります。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe Audition アドビ・オーディション

使っている人は少ないと思いますが、

実はこのソフト、音楽の総合制作ソフト「DAW」としても

十分な実力があります。

 

僕はこのソフトを使って自分のバンドのアルバムを一枚作りました。

録音からミックスまで一通りの作業を

オーディションで行うコトができました。

 

DAWソフトはAppleのLogicやプロ御用達のProToolsやCubae、Abelton Live、

Studio Oneなど名だたるソフトが群雄割拠ですが、

実はこのオーディションも十分DAWソフトとして使えるんですよね。

DAWの入門としても良いと思いますので

AdobeCCを使っている方は高いソフトを別途買う前に

使ってみると良いかもしれません。

キャラクターアニメソフト

簡単にアニメが作れる夢のようなソフトです。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

Adobe Caractor Animator アドビ・キャラクターアニメーター

キャラクターアニメを作るコトができるソフトです。

そして、つくったキャラクターを

カメラに移した自分に同期させて

動かすコトができる画期的なソフトです。

僕もいくつかキャラクターをつくりましたが、

Photoshopなんかと連携してつくれるので

簡単に作るコトができます。

キャラクターが思い通りに動いた時は興奮モノですね。

合わせてこちらも読んでみて下さい。
【備忘録】アドビ・キャラクター・アニメーター(Adobe Character Animator)でお仕事したので参考情報など備忘録

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

inDesign

製本に強いDTPソフトです。

僕は昔一瞬使ってからそれ以降使ってません。

出版系のお仕事や

ページモノの印刷物をつくる方には良いソフトだと思います。

イラストレーターとの連携も強いのと

イラストレーターが使えるととっつきやすいと思います。

Adobe CC(Adobe Crative Cloud)ソフトウェア

DreamWeaver

昔使っていましたが、

最近ではもうあまりこのソフトの有用性が少なくなったように思います。

現在のウェブは

WordPressやその他のCMSサービスを使うコトが増えたので

ニーズはかなり落ちているかもしれません。

かく云う僕も全く使わなくなりました。

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)まとめ

この記事では、

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)の定番ソフトと

定番ではないかもしれないけれど、

その分野で十分に通用するソフトウェアを紹介しました。

ヒント

『僕の様な「学生」ではない方でも「学生」になってアカデミックの恩恵を受けられる方法』が知りたい方にはこういう記事もあります。

Adobe Creative Cloudコンプリート版を安く購入する方法〜クリエイターさん必携!少しでも安くしたい

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)を使っているけど

一部のソフトウェアしか使っていない・・・・と云う方は

ぜひ、色々と試して新しいソフトを使ってみてもらいたいと思います。

制作の幅がグーンと広がって楽しいですよ。

せっかくAdobe CC(Adobe Creative Cloud)を使っていたら

ガッツリつかって元を取らなきゃですね。

合わせてこちらも読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA