本日限定!Amazonタイムセール開催中

[動画/静止画三脚]Ulanzi TT09 VideoGo〜多機能/拡張性カーボン製軽量トラベル三脚

Ulanzi Video-Go

長く付き合う有能な相棒の様な三脚を探している方にとって「Ulanzi TT09 VideoGo」は有力な候補になるでしょう。

名前にVideo(ビデオ)と入ってますが、当然Still(スチル:静止画)でも使えて多機能で安定性・携帯性にすぐれたオールマイティ三脚でした。

一生付き合えそうな予感がします(笑)

この記事は「Ulanzi TT09 VideoGo」を実際に使ってみた感じたレビューをまとめています。

Ulanzi TT09 VideoGoを検討中の方は最後まで読んでみて下さい。

セール/クーポンあり!!公式サイトがオススメ
created by Rinker
PhoGears
¥29,923 (2024/05/28 05:41:25時点 Amazon調べ-詳細)
総合評価
Ulanzi TT09 VideoGo
 (5)

Ulanzi TT09 VideoGoのメリット・デメリット

Ulanzi TT09 VideoGoのメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • コンパクト
  • さまざまな撮影に対応
  • F38クイックリリース搭載
  • 軽くて丈夫なカーボン製
  • 操作が早くて確実
デメリット
  • ややお高い
  • エレベーターの動きが硬め

Ulanzi TT09 VideoGoの開封

さっそく開封していきます。

Ulanzi Video-Go

パッケージは白を基調にしたシンプルデザインでした。

Ulanziさんの製品は個人的にデザインがとても良いと感じてます。

パッケージにもそれが現れてますね。

ケース

しっかりとしたケースが付属しています。

Ulanzi Video-Go

Ulanzi TT09 VideoGoのサイズに合わせたコンパクトな設計ですね。

ストラップがついてますので運搬時も楽に担げます。

裏側には手持ち用の持ち手があります。

Ulanzi Video-Go

ジッパー部分は水が侵入しにくい止水ジッパーっぽいですね。

Ulanzi Video-Go

これなら雨でも安心して使えそうです。

Ulanziさんのロゴが入っています。

Ulanzi Video-Go

生地もしっかりとしていて見た目もデニムっぽいカジュアルな感じでかわいいですね。

運搬時、収納時には重宝しそうです。

付属品

付属品は少ないですね。

Ulanzi Video-Go

Ulanzi TT09 VideoGoの付属品
  • 本体
  • マニュアル
  • 専用ケース
  • 交換用ステンレス製石突き
  • F38クイックリリースマウント(カメラ側)

付属品構成はシンプルですね。

MEMO
F38クイックリリースマウントとプレート(カメラ側)は本体に最初からついていますので、別途購入の必要はありません。

Ulanzi TT09 VideoGoの見た目/各部レビュー

さっそく本体をケースから出してみます。

Ulanzi Video-Go

単純に「カッコいいな・・・」と惚れ惚れしました。

カメラアクセサリって機能がもちろん大事なのですが、僕は見た目も大事だと思ってます。

Ulanzi Video-Go

日々使うもので、且つ長く使うとなるとやはり時折「愛でたく」なる様な見た目は重要になりますね。

その点、Ulanzi TT09 VideoGoの見た目は洗練されていて「男前」、ココ大事です(笑)

素材・重量

そして、なんと言ってもUlanzi TT09 VideoGoは「カーボン製」。

Ulanzi Video-Go

脚部のカーボン部分はカーボン独特の網目っぽいデザインで丈夫さと軽さが伝わってきます。

重量は「約1.4kg」とこの仕様の三脚としては軽いですね。

Ulanzi Video-Go

ネイチャービデオやフォトを撮られる方は機材の重さが重要になりますので「軽さ」は大事ですよね。

雲台部分

雲台部分も目を引きます。

Ulanzi Video-Go

「倒立式ボール雲台」+「2Dビデオ雲台」+「パノラマ360°回転」のスリーインワン設計なのでビデオ・スチル(動画・静止画)のあらゆる撮影ニーズに対応できるようになってます。

これはめちゃ嬉しいですね。

雲台の固定は「レバー・クランプ方式」なので固定が簡単で確実!

Ulanzi Video-Go

僕はずっと回して締めるスクリュークランプを使ってたのでレバー・クランプは嬉しすぎる!

パーツごとにベストなチョイスをされているのがイチイチありがたいです。

MEMO

雲台部分の固定方法には回して留める「スクリュークランプ」もありますが、締め損ねると外れる事もあるんですよね。その点、「レバークランプ」はレバーをしっかりと倒せば締め損ねがないので安心感があります。

クイックリリースマウント

Ulanzi TT09 VideoGoのクイックリリース・マウント(カメラとの接続部分)は定番の「アルカスイス」とUlanziさん独自の「F38」「claw」の3つから選べます。

僕は悩んだ結果Ulanziさんの「F38」を選びました。

Ulanzi Video-Go

MEMO
「F38」はUlanzi独自開発の最新クイックリリース・マウントで横からスライドするだけでガチャっとカメラが固定され、外す時もリリース・ボタンを押して反対側に横スライドさせるだけ!という便利なマウントです。

百聞は一見にしかず!動画でこの便利さを確認してみて下さい。

▼動画

撮影準備が明らかに早く、そして確実になりますね。

脚部分

脚部分は4段で伸びる様になっています。

Ulanzi Video-Go

脚のロックには「レバーロック」方式が用いられていますので、こちらも簡単で確実なスタイルが選ばれていてありがたい限り。

Ulanzi Video-Go

レバーが4つ並んでいるので、4つのレバーロックをワンアクションで一気にロック・アンロックが可能です。

MEMO

三脚の脚部分も回して留める「ナット方式」もありますが、締めが弱いと足が縮む事があります。その点、「レバー方式」はレバーをしっかりと倒せば締め損ねはありません。

動画でもロック・アンロックの動作を確認してみて下さい。

▼動画

地味ですが、素早い撮影準備につながるのは非常にありがたいです。良い撮影は地味な作業の積み重ねですからね〜

パンハンドル

嬉しいことにUlanzi TT09 VideoGoには「パンハンドル」もついています。

これは大きいですよね。

撮影をしていてパンハンドルが「ある」と「なし」では大違いです。

Ulanzi Video-Go

特にビデオ(動画)撮影をする場合は欠かせないですよね。

パンハンドルのおかげで撮影結果も変わってきますので、とても重要なパーツです。

「倒立式ボール雲台」+「2Dビデオ雲台」+「パノラマ360°回転」スリーインワン設計の雲台と合わさることで「無敵状態」の撮影を実現してくれそうです。

操作性は動画を見てみて下さい。

▼パン・チルトの様子

そして、僕が個人的に度肝を抜かれた秘密がこのパンハンドルにはあります・・・。

実はハンドル部分を回して外すとハンドル部が取れるのですが・・・、

Ulanzi Video-Go

そうハンドル内部に「工具」が隠されているんです。

Ulanzi Video-Go

驚きですよね?

これさえあれば、出先でネジが緩んだりしても修理が可能になるので安心です。

Ulanzi Video-Go

7種類の工具がハンドルのお尻の部分に収納されています。

工具を選んでハンドル部分の先端に挿せば工具として使える様になるんですよね、スゴイ。

Ulanzi Video-Go

まさかの時のために工具を持ち歩く必要がないのは助かりますね。

エレベーター(センターポール)部分

Ulanzi TT09 VideoGoは「エレベーター(センターポール)」と呼ばれる中央の伸縮部分も当然ながら搭載しています。

Ulanzi Video-Go

エレベーターで調整しながら絵作りをするのはとても重要なのでありがたいですね。

ただ、一つ難点をあげるとエレベーターを上下させる時に少し引っかかりが出る時がありました。

Ulanzi TT09 VideoGoは軽量化でエレベーター部分も細く仕上がっているのと、取り外して下向きに付け替える事も可能になっているので、その分引っ掛かりが出てるかも知れません。使っているとスムーズになって来そうな気配があるので様子をみてみたいと思います。

石突き

足の先にあたる石突き(いしつき)はデフォルトではゴムになっています。

Ulanzi Video-Go

付属品で「ステンレス製の尖った石突き」が付いています。

Ulanzi Video-Go

実際に装着してみるとこんな感じです。

Ulanzi Video-Go

立ててみるとこういう感じになります。

Ulanzi Video-Go

雪や氷などの足場が滑るところや砂場などもこの方が安定するでしょうか?

撮影環境に合わせて選べるのは良いですね。

外部拡張性

センターポールの支え部分に「1/4インチの外部拡張用ネジ穴」があります。

ここにさまざまなライトや追加カメラ、スマホなどを拡張することができるので用途に応じて柔軟に対応できますね。

Ulanzi製品HPより引用

撮影環境に合わせてカスタマイズできるのは非常にありがたいですね。

Ulanzi TT09 VideoGoの使い方・セッティング

Ulanzi TT09 VideoGoの使い方は簡単です。

準備としては付属のクイックリリース・プレート(F38)をカメラにつけるだけ!

Ulanzi Video-Go

脚部を必要な長さに伸ばして三脚を立てたらカメラをマウントしましょう。

▼カメラのマウント方法

マウント方法も前述の通り横からスライドさせるだけ!

スピーディで確実です。

ずっとアルカスイスをノブ式で固定していた自分は何だったのだろう・・・・と少し切なくなりました(笑)

あとは、必要に応じて雲台やエレベーターを微調整すれば撮影が可能になります。

慣れればあっという間にスタンバイできそうですね。

Ulanzi TT09 VideoGoのさまざまな撮影スタイル

Ulanzi TT09 VideoGoはさまざまな撮影スタイルに対応できる性能を備えています。

通常撮影

まずはカメラが前を向いた通常の使い方です。

Ulanzi Video-Go

しっかりと安定感があり問題ありません。

脚部を最大まで伸ばしても安定感は損なわれませんでした。

下向き撮影

ブツ撮りなどのカメラを下向きにした撮影の場合の使い方です。

Ulanzi Video-Go

僕もよくこの方法で撮影をしますが、こちらも安定していて問題ありませんでした。

Ulanzi Video-Go

ストレスなく撮影できますね。

やはりパンハンドルがあるとスムーズに調整ができてとても便利です。

縦型撮影

最近は一眼レフカメラで縦型動画を撮る事も増えました。

Ulanzi Video-Go

カメラを90度倒しますが、雲台のレバークランプがバチっと決まるのでしっかりと安定感のある撮影ができます。

Ulanzi Video-Go

ローアングル撮影

カメラを三脚の下側につけるローアングル撮影も可能です。

Ulanzi Video-Go

エレベーター部分をパンハンドルに内蔵された工具でバラして下側に付け替える事で可能になります。

Ulanzi Video-Go

ローアングルで固定すれば様々なアングルの撮影ができそうでクリエイティビティが刺激されますね。

コンパクト撮影

もともとがコンパクトなので卓上などでのコンパクトな撮影も可能です。

Ulanzi Video-Go

卓上で見下ろす形での撮影スタイルもできるので脚部を伸ばさずササッと撮影したい時にも便利ですね。

動画撮影

Ulanzi TT09 VideoGoは当然ですが、ビデオ撮影が得意です。

360度パン(左右)で横方向へスムーズに動かす事ができます。

さらにチルト動作(上下角度)もスムーズで前や後ろにカメラをチルトさせた際に反対側に戻る力が働きますので、よりスムーズに撮影を実現します。

性能の高い雲台のおかげでパン&チルトがとても心地よく絵作りに貢献してくれます。

アウトドア・屋外撮影

もちろん軽量でコンパクトなのでアウトドア・屋外撮影にもバッチリ向いてます。

コンパクトさと軽さは正義!連れて行くのが楽なのは大変助かります。

屋外撮影で「より安定」が必要な場合はエレベーターの下にあるフックを利用して重しをつける事ができます。

Ulanzi Video-Go

これで風などの影響を最小限に抑えられますね。

脚部の先の「石突き」部分も付属のステンレス製のモノに変えれば足場が悪くても安定を得られそうです。

Ulanzi Video-Go

山や川、海、空、星や月などのネイチャーフォトや動画なんかにも役立ってくれそうです。

F38クイックリリース・クランプ・マウント

Ulanziさんの独自開発クイックリリースの「F38」が想像以上に良かった!

前述しましたが、とにかくカメラのマウントが圧倒的に楽になりました。

「クイックリリースとかなくても良いよ・・・」自分は浅はかでした、すみません。

「隼(はやぶさ)」と漢字で書かれたマウントがカッコ良い、この速さ、確かに「隼」です。

Ulanzi Video-Go

そして、プレート側ですがなんと「アルカスイス互換」があるようでプレートを付け替えなくてもアルカスイスのマウントで固定できました。

これなら古いアルカスイス互換機材も問題なく使えるので助かります。全部F38に変更しないといけないとなると費用的にも大変だな・・・・と思っていたので嬉しい誤算でした。

そして、F38は簡単にカメラがロックされますが、ロックボタンに間違って当たってしまうとカメラが滑り落ちる心配もあるのでロック機能もあります。

Ulanzi Video-Go

ロックボタンを手前に引いて左へ90度回すとロックがかかりますので、当たっただけでロック解除になることはありません。

ロック解除するとカメラがスルリと外れるので落としたら元も子もないですね。僕は外す時必ず先にカメラをホールドするようにしています。

Ulanzi TT09 VideoGoはどういう人向け

「Ulanzi TT09 VideoGo」はビデオメーカー/映画制作者/ブロガー/コンテンツ制作者向けに作られています。

なので、動画を撮影するYouTubeさんrやビデオ撮影・編集者さん、静止画を撮影するカメラマンさんやブロガーさん、ライターさん、などなどあらゆる方にとって使える三脚となりそうです。

カーボン性という事もあり、軽くて携帯性も高いので山登りをしてネイチャーフォトや動画を撮るといった用途でも使えますね。

価格もそこそこなので一見初心者向きではないですが、下手に低価格のものを購入するよりはずっと使える多機能・多用途のモノを最初から買ってしまう方が賢明という説もありますね。

初心者にも良い

主に撮影やなんらかのクリエイター活動をしている中級者以上向けの感がありますが、初心者がいきなり買っても将来的にまったく損はないシロモノですね。

安いものからグレードを上げていくよりは良いモノを最初に買ってしまう方が安上がりかもしれませんね。

使ってみた感想としてはプロフェッショナルユースとしてももちろんですが、アマチュア、初心者ユースとしてもどちらでも良いと感じました。

Ulanzi TT09 VideoGoのスペック(仕様)

Ulanzi TT09 VideoGoのスペック(仕様)をまとめました。

雲台Arca-Swiss/F38/CLAWから選べる
材質カーボンファイバー
重量約1.5kg
最大高さ(センターコラム収納時)約119cm
最大高さ(センターコラム伸長時)約140cm
最低高さ14cm
折りたたみ時の高さ:45cm
三脚耐荷重約20kg
ボール雲台耐荷重約5kg
脚段数5

メーカー

メーカーである「ULANZI(ウランジ)」さんは

中国のハイテク都市・深圳のメーカーさんで2016年に設立されたスマホ・カメラ用三脚などを中心に扱っているブランドです。

UlanziJP
UlanziさんのHPより引用

世界100カ国以上で販売されているそうでグローバルな企業さんですね。

また、中国では企業の信用度をスコア化する「阿里巴巴企业诚信体系」というサービスが普及しているらしいですが、そのサービスの評価では「AAA」とランク付けされている企業さんなのでかなり信頼度は高そうです。

個人的な印象としてはUlanziさんの製品は高コスパで、品質が高く、おまけにデザインも良いという好印象を持っています。同じ中国製品でも安かろう悪かろう・・・という製品が少なくない中、そういった製品群とは一線を画した安心できるブランドだと感じています。(あくまで個人的意見)

よくある質問Q&A

Ulanzi TT09 VideoGoに関するよくある質問をまとめました。

プロ用の三脚ですか?
プロユースに限らずアマチュアや初心者にも使える多機能・多用途の三脚です。
カメラマウント部分は変えられますか?
カメラマウント部分は変えられません。購入時にアルカスイス・F38・Clawの3種類から選べます。
Ulanzi TT09 VideoGoという名前なのでビデオ(動画)撮影専門の三脚でしょうか?
いいえ、動画はもちろん静止画(スチル撮影)のどちらもこなせる多用途な三脚です。

まとめ

総合的に「大満足」の三脚でした。

僕が長年使っていた三脚を全ての面で上回る実力は圧巻でしたね。

カメラ・ライフ・クオリティ(QOCL:Quality Of Camera Life)が圧倒的に上がりました。

三脚は大事だと思っていましたが、三脚でこんなにも変わるモノだなとあらためて感心しました。

もともとカメラと撮影が好きですが、Ulanzi TT09 VideoGoのおかげでさらにいろいろとアイデアが浮かんできて撮影意欲がガバッと上がりましたね。

三脚ってあくまで脇役的な存在ですが、強力な相棒なので良いモノを持つべきだと確信できました。

中級者以上の方にもおすすめしたいですが、初心者の方こそUlanzi TT09 VideoGoの様な優れた三脚をちょっと無理して買ってもらいたいと感じました。

セール/クーポンあり!!公式サイトがオススメ
created by Rinker
PhoGears
¥29,923 (2024/05/28 05:41:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA