記事一覧

お家のリスニング環境を三千円台でグレードアップ?〜BluetoothサウンドバーTaoTronics TT-SK028でご機嫌!お家サウンド!

taotronics tt-sk028 Bluetoothサウンドバー

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

TaoTronicsさんの新作サウンドバーTT-SK028

Taotronicsさんから

Bluetoothサウンドバーの新製品

TT-SK028が届いた!

TaoTronics TT-SK028 Bluetoothサウンドバー 箱

少し前に前身であるTT-SK025をレビューさせてもらって

今も我が家のダイニングキッチンの

メインスピーカーとして頑張ってくれてる。

ほぼ毎日使ってる。

週末は特にこいつでBGMかけっぱなし。

とってもゴキゲン。

キッチンの棚下に取り付けた我が家のTT-SK025↓

TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバー

[kanren id=”1873″]

そのTT-SK025の後継機が出た!

と云う事で

期待に胸を膨らませつつ・・・、

そして、せっかく新旧二台が両方あるので

比較レビューをしてみる事に!

見た目

まずは、見た目!

最新作TT-SK028ではTaoTronicsさんのロゴマークが

センターに配置された。

凛々しくなったね。

taotronics tt-sk028 サウンドバー

それからサイドのデザインも変わって

ダイヤルになった物理ボタン

フォルムも丸みを帯びて近未来っぽくなったな〜。

taotronics tt-sk028 サウンドバー

操作感も良いです。

動画撮ってみました。

 

全体的に見た目は前作よりも洗練された感じに仕上がってる。

電源ONになると

ダイヤルの周りのブルーのLEDが灯って印象的。

 

前作TTSK-025と最新作TT-SK028を比べてみると

前作は「トラディショナル!」って感じで、

今作は「近未来的になった!」

って感じかな。

サウンド

僕が一番気になるのは、やはりサウンド!

どのくらい変化があるのか・・・?

と云うわけで、

同じ楽曲を交互に流して検証してみた。

 

結果・・・・・、

・・・・

「むむむ・・・・これは・・・・」

 

いくつかの音源で試してみたけど・・・

メーカーさんに忖度しないブロガー・カーミー(笑)

としては・・・

正直なところ・・・・

・・・・

「前作TT-SK025の方が、サウンドは僕好み」

だった。

まあ、好みの問題もあるので

人によって異なるとは思うけど、

TT-SK025の方がサウンドの立体感があって

拡がりがあるのと、中音のバランスが良い。

 

とは云え、TT-SK028の音も決して悪いわけではない。

低音・高音、はよく出ている。

若干中音域が前作のTT-SK025と比べると

抑えられてるのか・・・?

と云う印象だった。

 

ちょっと話変わるけど、

今回みたいにメーカーさんに

製品をご提供いただく場合は

・レビューはあくまで僕自身が感じた主観で書く事

 

・良い事も悪い事も書くつもりなのでご期待に添えるかどうか?は約束できない事

上の2点を偉そうにも条件としてださせてもらってる。

(ちょっとビビりながら・・・(笑))

 

なので、今回も感じた事をそのまま書かせてもらった。

懐の深いメーカーさんだから出来る事だ。

TaoTronicsさんありがとうございます。

意外と大事!「操作音」

あと、大きく変わったのが操作音・・・、

実は、前作TT-SK025の操作音は正直安っぽかった・・・。

折角、音は良いのに・・・操作音がちょっと残念だな・・・。

と思ってたんだけれど・・・、

 

新作SK-028の操作音は格段に良くなって

高級感が増した!

せっかくなので動画撮ってみた。

聴いてください!

どうですか?

良いでしょ?

操作音が良いと製品のイメージって大きく変わる。

この点は絶対的にTT-SK028の方が良い!

何てったってコストパフォーマンス

TaoTronicsさんの製品って値段と機能のバランスが

ずば抜けてるので

なんと云ってもコスパだろう!

 

TT-SK028はこのクラスのサウンドバーでは

十分な性能とサウンドだと思う。

この完成度で

「¥3999」って云うのは

コスパとしてはかなり高い。

 

前作TT-SK025は今のところ¥4999くらいだから

「¥1000安い」ってなると大きいな・・・・。

クーポンがあったらさらに安くなるから

三千円中盤でゲットってなると

もう破壊的なコスパだ。

すごいわ。

設置場所〜有線接続も可能

今回、我が家ではサウンドバー二台目なので、

どこで使おうか・・・?

と迷った末、

そう云えば・・・、

テレビの音をグレードアップってどうだろう・・・?

有線でテレビに繋いで試してみよう!

と云う事で居間のテレビに繋いでみた。

USBから給電させて

テレビのヘッドホン端子から

TT-SK028の外部入力につなげば

あっさり設置完了。

「うん・・・うん・・・・いいね」

うちのSONYのテレビ本体のスピーカーは

さすがSONYだけあってそこそこ良い音がする。

でも、サウンドバーTT-SK028をつなぐと

テレビの音が二段階くらいグッと良くなった。

「全然いいわ〜〜。」

って事で設置場所は

我が家のリビングのテレビに決定!

taotronics-tt-sk028

もちろんBluetooth接続もできるので

色々と用途はありそうだ。

最近はテレビ見る機会減ったけど、

やはり映画とか見る時はサウンドが気になるもんね。

音のランクが上がると

映画も印象がガラッと変わるもんな。

まとめ

さて、今回はTaoTronicsさんのBluetoothサウンドバー

前作TT-SK025と最新作TT-SK028を

比較しながら検証してみたけど・・・、

表にするとこんな感じか・・・・。

旧作TT-SK025
見た目
(3.5)
サウンド
(4.0)
操作音
(1.0)
値段
(4.0)
総合評価
(4.0)
新作TT-SK028
見た目
(4.0)
サウンド
(3.0)
操作音
(4.0)
値段
(5.0)
総合評価
(4.0)

結論としては

「サウンドはちょっとでも良い方が良い!」って云う方には

¥1000高いけど・・・、

『前作 TT-SK025』

 

「コスパと見た目重視!」って云う方には

『新作 TT-SK028』

をそれぞれお勧めしたい。

 

どちらもアリだな・・・となった。

いずれにしてもこの価格帯で買えるのなら

サウンドバーは一家に一台欲しい。

この値段なら躊躇なく買えるから良い。

500円OFFクーポンあります!

さらに、今回もTaoTronicsさんより

「500円OFFのクーポン」を頂いてますので

気に入った方はクーポンを利用してお早めにゲットして下さい。

※下記のクーポンは終了してます。

<クーポンコード>
TTSK028KM
↑コピペして使ってください。
対象商品:TaoTronics TT-SK025
割引率:20%OFF
有効期間:2020/6/30〜7/2
割引率: 500円オフ


合わせてこちらも読んでみて下さい。

TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバーお家での『普段リスニング』をガラッと変えて一段上げてくれるBluetoothサウンドバー 〜いつか猫カフェを開店したら、こいつをお店に置こうかな。

taotronics-tt-bh053やっと見つけた「ワイヤレス・音質・低価格」の3つを兼ね備えた最適解〜音楽を聴いてて気持ちよくなるイヤホンTaoTronics SoundLiberty 53

SONY MDR-CD900STあれこれ悩まず、もうヘッドホンは一生これで良いかもしれない・・・SONYのモニターヘッドホンMDR-CD900ST

SIMGOT EM2アコースティック・ギターを弾く時の「掌がこすれる音」が生めかしく聴こえるイヤモニ型イヤホンSIMGOT「EM2」

[kanren id=“2021”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA