記事一覧

お家での『普段リスニング』をガラッと変えて一段上げてくれるBluetoothサウンドバー 〜いつか猫カフェを開店したら、こいつをお店に置こうかな。

TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバー

普段リスニング用のサウンドバーがほしい!

家で居る時に、

MacやiPhoneで音楽を聴く機会が多いので

前から気になっていたBluetoothのサウンドバー

 

なんとアメリカのメーカーTaoTronicsさんのご好意で

同社のBluetoothサウンドバー「TT-SK025」を提供してもらった。

TaoTronics TT-SK025


きっかけは僕がワイヤレスイヤホンを探して

TaoTronicsさんのサイトを訪れた時、

レビュアー募集を見つけて応募したのがきっかけだ。

ありがたい事にTaoTronicsさんは

僕みたいな無名ブロガーにも丁寧に対応してくれた。

懐の大きいメーカー

ただ、僕は商品を提供してもらったからと云って

尻尾を振って、(本当はブンブン振りたい)

メーカーさんに都合の良いレビューを書く訳には行かない。

そんな事をするためにブログを書いている訳ではないのだから。

 

そう!自分を見失わないブロガー「カーミー」(笑)

というのは冗談だけど、(いや、半分冗談ではないかな?)

このブログは僕の分身みたいなものなので

ここに嘘や忖度を書くつもりはない。

あくまで自分の主観で思った事を書いていきたい。

 

だから、TaoTronicsさんには

・レビューはあくまで僕自身が感じた主観で書く事

 

・良い事も悪い事も書くつもりなのでご期待に添えるかどうか?は約束できない事

を偉そうにも条件としてださせてもらった。(ちょっとビビりながら・・・)

bussiness man

完全無名のブロガーの癖に生意気なこと言って、

相手にされないかな・・・?と思っていたけど

その後「その条件でOK」という意外な返事をもらって驚いた。

「ひゅ〜っ、TaoTronicsさんかっこいいわ!」(なぜか上から・・・)

なんとも、太っ腹な懐の大きいメーカーさんだなと感心したのと

そういう判断のできるメーカーさんなので製品も安心できるな!

と僕の中でTaoTronicsさんの株がギューンと上がった。

 

というわけで、このサウンドバーに関しても

遠慮なく僕の主観で書かせてもらおうと思う。

 

商品を提供してもらっても、

忖度なしでレビューするブロガー「カーミー」(笑)

なぜサウンドバーが必要なのか?

さて、まずは僕がBluetoothサウンドバーを必要としていた背景に

お家でMac Book AirやiPhoneで音楽を聴く際に、

それぞれの「端末のスピーカー」か、

もしくは「ヘッドホン」という選択肢になっていた。

「がっつり音楽に没頭したい時はヘッドホン!」

「BGM的に聴きたい時は端末のスピーカー!」

という風に使い分けていたけれど、

 

端末のスピーカーで聴いている時って

どうしても物足りなくなって、

「もう少し迫力ある音で聴きたい」という時がある。

 

ご存知の方も多いと思うけど

Mac Book AirやiPhoneのスピーカーはAppleのこだわりによって

小さな端末のスピーカーから出ている音とは思えない

Appleこだわりのなかなかの良い音がする。

とは云え、やはり専用のPCスピーカーやオーディオコンポなんかには敵わない。

 

しかし、それらにいちいち接続するのは

せっかくのMac Book AirやiPhoneの機動性が発揮されなくて勿体ない。

そうなるとやっぱりBluetoothで繋がって欲しい・・・と云う事になる。

だから僕はこのBluetoothサウンドバーに

Mac Book AirやiPhone以上の音を期待する事にした。

サウンドバーTT-SK025「そのサウンドやいかに?」

というわけで、何はともあれ、さっそく鳴らしてみた。

うん、うん、うん・・・・・、

・・・・・、

正直な第一印象は・・・・、

「びっくりする様な良い音はしない!」

・・・・だ。

でも、ハッキリ云って

Mac Book AirやiPhoneのスピーカーの音は遥かに凌駕している

そして、音が安っぽくない。

僕の予定通り。

このくらいで鳴ってくれるのなら

MacやiPhoneから音楽を流す時は確実にサウンドバーを選ぶ!

 

革命的な感動はないけれど

一定水準以上の良いサウンドが得られる。

そして、Bluetoothによる無線接続(AUX接続もできる)

そして、シンプルでクールな佇まい。

これで、5千円ならコスパは高い

 

ちなみにBluetoothでの接続も簡単なので苦にならない。

端末のBluetooth設定から選択するだけであっさり繋がってくれた。

ストレスフリーだ。

オーケストラ 人形 彫刻

音質について

さらに、色々と音楽を流してみて聴いてみた。

TaoTronicsさんのワイヤレスイヤホンTT-BH053もそうだったけれど

このサウンドバーも低音・高音ともにそこそこ出ている。

そして、中音域をサボっていないのがとっても好印象。

低音をズンズンきかせて

高音もキンキンと出す、

いわゆるドンシャリというサウンドバランスが

僕はあんまり好きではないのだけれど

この製品は中音域も頑張って出してくれているので

上から下までの音域がまんべんなく聴こえて

耳が疲れないし、

中音域がしっかりと聴こえるのは

楽曲の全体像を鮮明に捉える事につながるので

僕的にはとても気持ち良く音楽を聴く事ができる。

全ての楽器がバランスよく聴こえる感じだ。

そこはすごく評価できるポイント。

 

少し前にレビューしたワイヤレス・イヤホン

Sound Liberty53も同じ様な音の作り方だったので

TaoTronicsさんの音作りがそういうポリシーなのかな・・・?

と思ったりもした。

いずれにしても僕好みのバランスの良いサウンドだった。

taotronics-tt-bh053やっと見つけた「ワイヤレス・音質・低価格」の3つを兼ね備えた最適解〜音楽を聴いてて気持ちよくなるイヤホンTaoTronics SoundLiberty 53

 

以降何度も聴いているけれど、

聴く度にじわじわとこのスピーカーが好きになってきた。

やはり全体がバランスよく聴こえるのって本当に良い!

サウンドバーTT-SK025のデメリット

ただ、残念な点もいくつかあった・・・。

 

ひとつは、音が出た瞬間の「おっ!」となる華やかさが乏しい点。

BOSEのスピーカーの様な

聴いた時に「おっ!」となる華やかさを求めるなら

やはり、それなりの金額を出さないといけないと思う。

TaoTronics TT-SK025は

あくまでコスパの良いサウンドバーとして捉えておいた方が良い。

それも5千円前後で買えるBluetoothサウンドバーとして。

 

僕の様にMacBookAirやiPhoneなどの端末で鳴らす

以上の音を期待しているのであれば全然OKだと思うけど、

それよりも、もっと上のクラスの音を求めていると

がっかりするかも知れない。

 

二つ目のデメリットが、

Bluetoothで接続しているせいか、

5〜10分に1回くらい接続が一瞬乱れて「ブツッ」と雑音が入る事。

(雑音が入らない時は全く入らなくなる・・・?)

無線で繋いでいるのだから仕方がないか・・・・、

僕は無線の便利さとコスパの良さのトレードオフって事で

許容範囲だったけれど、

そう云うのが気になる方は注意した方が良い。

(僕の環境が悪いのかも知れないので必ず起こる訳ではないかも知れない。今後もちょっと注意して聴いてみます。)

追記:

あとで、色々気にしていると、

電子レンジを使ったりすると影響するみたい?

やはり電波関連で影響が出るんでしょうか?

WiFiや電子レンジとか色んな電波ものが干渉するんだと思うので

ある程度はしょうがいないかも・・・。

livinr room

設置場所とか設置方法とか

僕は今回「リビング・ダイニング」で様々な楽曲を流して聴いてみたけれど、

本当にBGMを流すのには抜群だった。

作業をしながらのBGMで

ボサノバやジャズやカフェ系の音楽のプレイリストを

Apple Musicから選んで流すと

なかなかに良い感じで

「もしもカフェを始めたら、このスピーカーを置こうかな・・・?」

とも思える様な音質だった。

そう考えると、やはりコスパは高い。

TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバー

家で音楽を流す時って、

家族との会話もあるのである程度音量は控え気味だ。

でもそれなりの音質で聴きたい。

喫茶店やカフェなんかも会話ができないといけないので

やはりそういう用途に向いてるのかも知れない。

 

あと、僕はいつも自宅のダイニング・テーブルで作業をしているので

その周辺にスピーカーを配置したかった。

色々と場所を変えながら音を聴いてたんだけれど、

スピーカーの基本位置として

「耳の高さ」が推奨されている。

そして、このサウンドバーもやはり耳の高さに据えるのが

一番、サウンドとしては心地よかった。

 

なので、僕はダイニングキッチンの食器棚の下に

据える事にした。こんな感じ。

TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバー

得意のワイヤーで止めてみました。急いでいたので配線は未処理(^^;

この位置に吊るす事でダイニングで座った時に

耳の高さでスピーカーが鳴るので非常に良いサウンドが実現できた。

とてもご機嫌だ。

 

さらに、このサウンドバー、

見た目が良い。

シンプル&クールで所有欲を満たしてくれる。

うちの木目の家具ともマッチしてくれて良い感じだった。

ナチュラル系とも合う感じですね。

佇まいが良いのでついつい愛でてしまう。

サウンドバーTT-SK025まとめ

「Bluetooth接続の音の良いサウンドバー」は

「普段リスニング」をガラッと変えて一段上げてくれる

とても価値あるガジェットだって事が分かった。

普段のリスニング環境がワンランク上がるのって

それだけでウキウキするのですごく良い!

家に帰って音楽を聴くのがますます楽しくなった。

TaoTronicsさんご提供ありがとうございました。

そして、僕みたいな無名ブロガーのわがままを聞いて下さって

ありがとうございます。

20%オフ・クーポンだから・・・4千円くらいでいけるって事か!

さらに、今回も「20%OFFのクーポン」を頂いてますので

気に入った方はクーポンを利用してお早めにゲットして下さい。

<クーポンコード>
SK025STK 
対象商品:TaoTronics TT-SK025
割引率:20%OFF
有効期間:2020/5/23-5/25


参考までに付属品や箱の画像。
TaoTronics TT-SK025 Bluetoothサウンドバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA