記事一覧

無性に!無意味に!欲しくなるモバイル・バッテリーの、これがおそらく【決定版】〜RAVPOWER 「RP-PB125」

ravpower-RP-PB125

こんにちは、

モバイルバッテリーが無駄に好きで

衝動買いを繰り返し、

使わないモバイルバッテリーの数の多さに反省し

結果、現在はその中の一つを5年くらい使い倒している

カーミーです(笑)

 

と云うわけで、

そろそろメインのモバイルバッテリーを

新しくしたい!

という欲求が抑えられなくなり

以前からずっとソワソワしながら気になっていた

ACコンセントプラグが搭載されたタイプ!

を試させてもらう事にした。

モバイルバッテリー「RP-PB125」

RAVPOWERさんのRP-PB125だ!

RAVPower モバイルバッテリー 搭載 USB 充電器 6700mAh 急速充電 【USB 2ポート 最大5V/3A 軽量 折畳式プラグ 菱&丸PSE認証済】 iPhone iPad Android等対応 RP-PB125 (ホワイト)

兎に角、この外観のカッコよさを見てほしい。

ravpower-RP-PB125

黒でシンプルな出で立ちはもうそれだけで十分!

いや〜所有欲そそる・・・。

封印されていた

「無意味にモバイルバッテリーが欲しくなる病」

が一瞬で再発する(笑)

初めてのACプラグ搭載バッテリー

このモバイルバッテリーの最大の長所は

やっぱりこの「ACプラグ搭載」だろう!

このタイプのモバイルバッテリーを初めて見た時、思った。

「天才や!これがほしかったんや〜〜〜!」

と町中に叫びそうになったほど。

ravpower-RP-PB125

ダイレクトにコンセントに挿せるって云うのは

本当に良い!

 

しかも!

「コンセントが取りにくい!」って場所では

従来通りUSB経由での充電もできる

ハイブリッド仕様なので安心。

 

このタイプがずっとほしかったんだよな・・・。

我が家の充電ステーションには

マイクロUSBも当然挿せる様にしてあるんだけれど

最近はBluetoothイヤホンやカメラやスマホにタブレットなど

マイクロUSBで充電する機器がとても増えたので

コンセントさえあれば、どこでも充電できるってのは

本当にありがたい。

RAVPOWER RP-PB125

そして、当然の事ながら外出先でもハイブリッド充電できるので

コンセントのアダプターを一緒に持ち歩かなくて良い。

荷物が一つ減るのだ。

エセ・ミニマリストの僕としては荷物が

一つ減るのはとても嬉しい。

充電容量

気になる充電容量は

6700mAh

正直もう少しほしいな・・・・とも思ったけど

iPhone Xなら1.5回分

iPhone 8なら2.2回分

くらいなので

外出先での充電切れをしのぐ程度なら十分な容量だ。

 

そう云えば、僕が持ってた数あるバッテリーの中で

最後まで残ったのは・・・、

Cheeroさんの5200mAhのモデルだった。

 

あまり大容量だと荷物が重くなるし

小さいのはよく壊れた・・・・、

たまたまかもしれないけれど・・・。

(大容量のも結局壊れた・・・)

そんな訳で、僕が漠然と感じてるのが

モバイルバッテリーって5000〜6000mAh台のやつが使いやすく長持ちするんやないか?

という経験則からの仮説!

ただし、根拠なし!

RP-PB125で悩んだところ

RAVPOWERさんのRP-PB125で

唯一悩んでた事に「重さ」がある。

僕はiPhoneを握り締めて走るiPhoneランナーなので

モバイルバッテリーを持って走る事がある。

ランナー

どんな時かと云うと・・・、

突如「走りに行こうか!」と思い立ち

着替えをして、ランニングに必要なものを揃えて、

「さあ、行くぞ!」

となった時に、iPhoneのバッテリーが残り少ない・・・・

と云う事がよくある・・・・。

 

iPhoneを駆使して走るiPhoneランナーにとって

バッテリーがないと云うのは致命傷で、

大事なランニングのログ(記録)を残すためにも

ランニング中に各種モンスターを捕まえるためにも?

写真を撮り、呟くためにも!

バッテリーが必要不可欠なのだ!

 

そんな時は、もはや充電を待っていられないので

ポケットにモバイルバッテリーを入れて

ケーブルでつないだiPhoneを握り締めて走る!

 

この時5000mAhくらいのバッテリーであれば

問題なく走れたのだけれど、

6700mAhでACアダプタを搭載したハイブリッドタイプだと

少し重いのと、かさばるので走りにくいのでは・・・?

と危惧していたのだ。

 

と云う訳で、

実際にランニングのお供にして

一緒に走ってみた・・・・。

 

結果から云うと・・・、

「意外に問題なく走れる!」事が判明。

全然大丈夫だった。

RP-PB125の重量は195gなので

iPhone11Proと同じくらい。

ポケットに入れて走っていても気にならなかった。

 

と云うわけで僕がモバイルバッテリーに求める

必要条件はめでたく全て満たしてくれた!

充電時間

充電時間はACコンセントから充電で

3.5時間で満充電となる様。

 

充電ポート

充電ポートはUSB-Aが2口

独自の方法で端末に合わせた出力をしてくれるらしい。

RAVPOWER RP-PB125

ravpower-RP-PB125-6これはありがたい。

バッテリーによっては充電口によって出力が違ったりするので

端末にあったものを選ばないといけなかったりするが、

そこを自動でやってくれるのはありがたい限りだ。

 

二台同時でも問題なく充電してくれるので

ガジェット持ちの人にはありがたい。

 

さらにACコンセントに繋いだままでも

端末優先で充電をしてくれるらしいので

バッテリーの残量がないのに二台同時充電したい!

みたいなときも便利そうだ。

モバイルバッテリーは安全性が大事

何かとバッテリーで心配なのが、

爆発したりと・・・、

異常な熱を持ったりとか・・・・、

繋いだ端末が壊れたりとか・・・・

そういう心配がつきないので

僕はバッテリーメーカーさんは慎重に選ぶ。

 

Amazonを眺めてると

異常に小さいのに高容量だったり、

すごいスペックなのに異常に安かったり

と云うものがたくさんある・・・・。

 

ありとあらゆるモバイルバッテリーが出てくるけれど

大事なガジェットの事や

爆発・・・みたいな事を考えると

バッテリーだけは信頼性の高いとこにしなくては!

と心に決めてる。

多重保護機能

その点、RAVPOWERさんのRP-PB125は

多重保護機能が搭載されていて

過電圧、過電流、過熱、ショートから端末を守ってくれる

 

PSE、FCC、RoHSなどの認証もとっているので安心できそう。

正直、この認証がどういったものなのか?

詳しくは知らない。

 

ちょっとだけネット上で調べてみた・・・。

各国の認証をクリア

PSEは日本の電気用品安全法をクリアした認証

これがないと日本では販売できない?様だ。

<参考にさせてもらったサイト>

参考 分かるようで分からないPSEマークトリログ

FCCはアメリカの連邦通信委員会のもの。

<参考にさせてもらったサイト>

参考 連邦通信委員会Wikipedia

RoHS(ローズ)は、電子・電気機器における

特定有害物質の使用制限についての

EUによるもの。

<参考にさせてもらったサイト>

参考 RoHSWikipedia

こういった規格をクリアしているのだから

安心できそうだ。

RAVPOWERさんについて

そもそもRAVPOWERさんは2007年アメリカ発祥で

現在は中国ハイテクシティ・深センにあるSUNVALLEYグループさん

という会社のバッテリー系ブランド。

そしてイヤホンやヘッドホン、スピーカーなどの

音響機器ブランド「TaoTronicsさん」も同じグループ。

僕もTaoTronicsさんの製品はたくさん使ってる。

コスパが良くて驚きの製品がたくさんある!

初めて買ったBluetoothイヤホンはTaoTronicsさんのもので

とても気に入って今も現役で使ってる。

taotronics-tt-bh053やっと見つけた「ワイヤレス・音質・低価格」の3つを兼ね備えた最適解〜音楽を聴いてて気持ちよくなるイヤホンTaoTronics SoundLiberty 53 [その他の製品はこちらから↓]

 

ガジェット・カフェ〜Studio Kmix

その他にもITやモバイル系の分野を中心に

世界56か国で展開しているグローバル企業なのだそうだ。

組織が大きい分、安心感がある。

 

 

何度も書くけど、

モバイルバッテリーは「安心感」が大事だもんね。

Bluetoothイヤホン等用低電力モード

あとで知ったんだけれど、

最近流行のBluetoothイヤホンなんかは

モバイルバッテリーで充電する際に

充電が完了しない事が多いらしい・・・・。

なぜかと云うと・・・・、

ものすごく話を端折はしょると

Bluetoothイヤホンは必要な電力が低いらしく

そのせいで、モバイルバッテリー側が充電の必要がないと勘違いして

途中で止めてしまうらしいのだ。

 

RAVPOWER RP-PB125では、

その現象を回避するために専用の低電力モードを

持たせてあるのだ。

 

使い方は簡単で、

電源ボタンを4秒押し続ける

「Bleutoothイヤホン入力モード」になって

戻すときも同じく電源を4秒間押し続けると良いらしい。

僕もBluetoothイヤホンを愛用しているので

さっそく試してみた。

RAVPOWER RP-PB125

イヤホン側の充電ランプがしっかり点灯して

問題なく充電されてる様だ。

これで、Bluetoothイヤホンも安心して充電できる!

気になった点

正直・・・・、

・・・・・・・・・、

完成度が高くて・・・・、

本当にこれ以上はあまり見当たらないのだけれど、

 

強いて言うとするならば・・・、

USB-Cポートが一つほしい・・・ってのと、

可能であれば

もう少しだけ小さく軽くならないか・・・・?

って事だろうか?

 

でも、ACアダプタ搭載なので、

コンセントに挿す形状からして

これ以上のサイズダウンは難しいよな・・・。

まとめ

これだけの機能で

実売価格が3000円弱なので

正直コスパは良い!

安心のメーカーで!この性能で!この価格!なら

正直十分過ぎる。

文句の言い様がない様に思う。

良い時代になったもんだ・・・。

 

僕はこれ二台三台とあっても良いかもな・・・・

とか思ってる。

そのうちもう一台追加しようかな・・・・。

 

長い間、レギュラーとして頑張ってくれてた

Cheeroさんのモバイルバッテリーは

これから我が家のバッテリー・ベンチ陣に入ってもらう事になった。

cheero mobile battery

一時期、モバイルバッテリーを見る度に無性にほしくなって

気がつくと家に4、5個ゴロゴロ転がっていて

そんなに要る・・・?ってなってから

しばらくモバイルバッテリー衝動買いを封印していた。

その間ずっと現役で働いてくれてた功労者だ。

一旦、お疲れ様でした。

ありがとう。

付属品など

あと、最後にRAVPOWER RP-PB125の付属品など。

USB-AからMicroUSBへのケーブルと

専用のポーチがついてる。

RAVPOWER RP-PB125付属品

僕はポーチに全部入れて

さらにiPhoneのLightningケーブルも入れて使ってる。

ポーチとてもオサレで使いやすいのでおすすめ。

あと、箱も参考に。

RAVPOWER RP-PB125 箱

RAVPower モバイルバッテリー 搭載 USB 充電器 6700mAh 急速充電 【USB 2ポート 最大5V/3A 軽量 折畳式プラグ 菱&丸PSE認証済】 iPhone iPad Android等対応 RP-PB125 (ホワイト)

合わせてこちらも読んでみて下さい。
daiso usb充電器充電する機器が増えたら、ダイソーさんの『USB充電器』がコスパ最強過ぎて驚愕!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA