記事一覧

フォトマスター検定申し込みの〆切間近!〜フォトマスター検定をとって良かった事

カメラマン

みなさん、こんばんは。

フォトマスターのカーミー@StudioKamixです!

( ー`дー´)キリッ

な〜んて、

ちょっと偉そうにしてみたけど・・・、

そう!僕・・・、

昨年フォトマスター検定1級を受験して、

合格したんです!

フォトマスター検定1級を持つ男」

なんです。

プロフイラスト

その時の様子はこちら↓

フォトマスター検定!初挑戦!

 

今年の第18回フォトマスター検定の申し込み締め切りが間近!

ちなみに、今年の〆切は2020年9月18日

おっと今週ですね。(ちょっと記事書くの遅すぎた 汗)

気になる方には今からでも遅くはないので?

是非受験してみてもらいたい!

 

試験日は11月15日なので丁度二ヶ月ある?

趣味で写真やカメラを長くやられてる方であれば

3級/2級は割と簡単にとれるのではないかな・・・?

知識量によっては準1級/1級も狙えない事はないと思う。

僕も昨年チャレンジして

すごく得るモノがあったので、

それ以来フォトマスター検定をおすすめしてる。

犬

 

フォトマスター検定をとって良かった事

僕の数少ない自慢の一つ!なのですが。

検定を取得して1年近く経った僕が思う

「フォトマスターをとって良かった事ベスト5」

をご紹介。

<五位>自信がつく

僕はもともと写真やカメラの事などを

自分が「どの程度理解できてるのか?

さっぱり分からんな・・・?」

と思った事がフォトマスター検定を受けるキッカケになったのだけれど、

1級が取れた事でそれなりに知識はついている!って事が分かって

かなり低かった自己肯定感がギューンって上がって

自分のカメラ知識に自信を持てる様になった。

<四位>圧倒的に知識がついて撮影時や機材選びにも役立つ!

フォトマスター検定を受ける事になって、

問題集をひたすら解いて勉強したのだけれど、

実は・・・、

全く知らなかった分野もいくつかあって、

そこは丸々勉強する事になった。

でも、知らない事をたくさん知る事ができたので

かなり勉強になったし、

もともと知っていた事も、あらためて学び直す事で

より体系的に勉強できて、とても「身についた」感がある。

検定が終わった途端、

もうすでに色々忘れてしまった事も多いけど(汗

兎に角、たくさん知識はついた!

これは心強いし、

何より、写真を撮る時に役立つ!

機材を選ぶ時にも役立つ!

良い事だらけだ!

<三位>カメラの知らない世界に触れられる

カメラの語源はラテン語で

「カメラ・オブスキュラ」と云って、意味は

「暗い部屋」と云う意味だ。

「知ってました?」・・・僕は全然知らなかった・・・お恥ずかしい。

これは写真の原理である

「暗い部屋の中で像を結ぶ事」から来ている様だ。

ピンホールカメラの箱の中はまさに「暗い部屋」って事だ。

 

これを知った時、

「なるほどな〜〜〜」っと膝を打ったもんだ。

これもフォトマスター検定で得た知識。

他にもカメラの歴史なんかも面白くて知らない事だらけ、

とても勉強になった。

<二位>電気屋さんで再就職する時に役立ちそう

僕は現在、社畜としてサラリーマン人生を送っているけど

将来、時間と余裕ができたら

ヨドバシとかビックカメラで店員さんのバイトをしてみたいな〜

とか思う事がある。

仕事で機材を触りまくったり

お客さんに知識を提供して喜んでもらえるのは

とても楽しそうだな・・・と常々思ってる。

もし、その時が来たら

この資格は面接時に絶大な力を発揮するはず!(笑)

・・・と信じてる・・・・。

<一位>はくが付く(信頼がつく)

やはり、その道の権威性を持つ事は良い事だ。

それによって、相手にも自分の事をより早く理解してもらえるし、

安心、信頼への近道でもある。

僕みたいなどこにでも居る社畜サラリーマンでも

何かしらの資格を持っていれば、

そこに一定の価値を認めてもらえるものだ。

 

そう云う意味では、ただ、カメラと写真が好き!・・・

なだけではなく、

一定の知識を備えてると云う裏付けになるので

教える時やアドバイスする時も

耳を傾けてもらいやすい。

 

かく云う僕もブログやTwitterのプロフィール欄

「フォトマスター検定1級取得」とこれみよがしに記載させてもらってる。

そうすると、フォロワーさんが

「写真の人ですね」とか

「フォトマスターさんですね」とか

云ってもらえるので嬉しいし、

色々写真やカメラに関する質問もしてもらえて嬉しい(笑)

そう云う時はちょっとは箔がついたかな・・・?と思う。

最後に

色々と資格の良いところを上げさせてもらったけど・・・、

あと、よく思うのが・・・、

僕なんかより、全然知識や技術が明らかに上で、

機材にもものすごく精通していて

経験値もむちゃくちゃ高くて

何より良い写真をバンバン撮っている人はいくらでも居る・・・。

そういった諸先輩に比較すると

僕なんかは本当にヒヨコちゃんでしかない・・・(笑)

恥ずかしくて、そんな方々の前では

「フォトマスターです!」なんて口が裂けても云えない(笑)

 

なので、所詮は机上のお勉強であって、

大事なのは良い写真を撮る事だ。

当たり前だけど。

では、良い写真ってなんなんだ・・・?って話になるんだけれど、

それは哲学的な話にも発展して、話が長くなるので今日はこの辺で。

フォトマスター検定に興味のある方は、その他の記事も是非読んでみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA