本日限定!Amazonタイムセール開催中

『普通の日記みたいなブログが面白い』〜昔よく読んで楽しみにしていたのはそう云うブログだった。

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

このnoteの記事を読ませてもらって

思い出しました。

▼この記事

「僕は普通の日記みたいなブログを

ダラダラと書きたかったのだった。」と云うことを。

レビュー記事も楽しいのだけれど、

最近はありがたいコトに、

製品レビューのお話をいただいたりする機会が増えて、

製品の紹介をさせてもらう機会が増えました。

これはこれで、やりたかったコトなのでめちゃ楽しい!

 

未知の製品を使わせてもらって、その製品のコトを多くの人に伝えていく。

製品レビューもめちゃくちゃ楽しくて大好きなんだけれど

それよりも筆がすすむジャンルが、

やはりその時思いついた事や

何気ない日常での気づきだったりとか記録の様な

いわゆる雑記・エッセイ的なブログを書く時だ。

日常のブログが好きだ

僕自身も、以前は多くのブロガーさんの記事を読んでいて

あの人の新しいブログ記事、もう上がったかな?

と楽しみにする事も多かった。

 

そのブロガーさんのファンになったきっかけって

だいたい何気ない日常の記事だったりするんだよね。

そう云うのを読むと、ついついその人の他の記事も読みたくなっちゃうし、

その人が紹介している製品はなんだかよく見えて

ついつい買っちゃったりとかする。

皆さんも、そんな経験ありませんか?

 

その人の人となりを知られる記事を読むと

友人にでもなったかの様な気分になって

その人の動向がついつい気になっては

彼あるいは彼女のブログを訪れるんですよね。

自分語りをしても振り向いてもらえないのが現在のブログ

とは云っても、このブログ稼業、

実は、その辺の凡人(僕の様な)が

いわゆる「自分語り」をしたところで

全く振り向いてもらえません(笑)

どんなに文章がうまくても

どんなに面白いことが書いてあったとしても

びっくりするくらい読まれません(笑)

 

そりゃそうですよね。

「検索エンジンはそんな記事を人に勧める様にはできてません」から。

なので、ブロガーの人たち(僕も含めて)は検索エンジンに好かれる記事、

つまり「Google神」に好かれる記事を書かなくてはいけない。

そうしないと読んでもらえないんですよね。

 

これがいわゆる「検索エンジン最適化(SEO)」と呼ばれるやつです。

そして、成功者は「Google神=SEO」に愛された人なんですよね。

「読んでもらえない記事は存在しないのと同じだ」

昔、この言葉を聞いて

グサリと胸に刺さりました。

「読んでもらえない記事は存在しないのと同じだ」

その通りだ・・・グサっ。

読んでもらえないとすると・・・、

その記事は存在してないのと同じになってしまう。

確かにそうや・・・・・・(汗)

せっかく書いたのだから一人でも多くの人に読んでもらいたいですよね。

そう云うジレンマと戦いながら書いているブロガーさんも

多いのではないでしょうか?

 

僕もこのブログを始めた頃、

せっせと記事を書くものの、全くPVが増えない・・・、

「でも別に書くのが楽しいからいいや!」

と云う発想で書けていた時期もありました。

しかい、せっかく書いたモノが全く読まれないのだとしたら、

それは日記帳に日記を書いているのと同じであって、

ブログではありません。

 

誰かに読まれるから表現も変わります。

誰かに読まれるつもりで書くからブログです。

あわよくば、読者さんに何かを伝えたい、

そう思って書くはずです。

自分のためだけの文章であれば、

ブログでインターネット上に晒す必要はないですからね。

読まれなくては意味がない

ちょっと話がずれましたが、

ブログを書いていると「PV(読まれること)」が

重要になります。

読者が居ないとブログは意味がないんですよね。

でも、「自分語り」ばかりしていても

ブログは読んでもらえない。

 

なので、究極的には

読者の役に立つ記事をつくりながら

自分の書きたい事もそこに混ぜていく・・・

みたいなハイブリッド型が良いのではないかな?

と思っています。

それが、僕の書いている「Studio Kamix(スタジオ・カミックス)」の様な

雑記ブログってやつだろうか?

これが最適解ではないと思うのだけれど、

昔の良き時代のブログを追い求めてみたいとは思う。

エッセイを書いてます。

実は、僕は以前から自分のブログに「エッセイ」と称して

自分の私的な事や気づきや日常の下らない事なんかを書いています。

 

先日、製品を提供してくださったとあるメーカーの担当者さんが

思いがけず、僕の書いたエッセイ・ブログを読んで下さって

驚いたことに、とても嬉しい感想まで頂けました。

▼そのエッセイブログはこちら

サッカー選手権高校サッカー選手権大会がくれた感動〜息子が僕を「ポンコツ大人」から「人間」にしてくれたお話。

僕はその方が僕のブログ記事に共感してくれたコトに

とても感動してしまって

嬉しくてしょうがなかったのでした。

こんな感動を味わえるのもブログの醍醐味だな・・・

エッセイを書いていて良かったな・・・

としみじみ思ったものでした。

 

なので、たとえあまり読まれないのだとしても

僕はこれからも自分の「書きたい」と思ったことを

どんどん書いてアップしていきたいなと思います。

そして少なくても良いので、読んで共感してくれる方が居たら

最高だな!と思うのでした。

 

僕が好きだったブロガーさんたちは、

のき並み更新頻度が落ちたり、

明らかに中身が変わってしまって

以前の様な個人的なブログは書かなくなってしまったり、

といった人が多いです。

ちょっとさみしいですね。

あの「会った事もない人が、旧知の友人の様に思えてしまう感覚」、

これからも大切にしていきたいな・・・と思います。

 

きっと「Google神」から見ると「無価値な記事」なのかもしれないけれど

実は価値のある記事ってやつがあると思うんですよね。

いつかGoogle神のアルゴリズムも、

そういう記事に価値を見出してくれる日がやってくると信じて

頑張って書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


YouTube
Twitter
SHARE