記事一覧

道を譲ってもらう時はヘコヘコするくせに、逆の立場になると譲らない!心の狭い自分に気づいた慌ただしいマンデイ・モーニング

雨の中、車を運転

先日の雨の月曜日の事・・・、息子が修学旅行というのに雨が大量に降っていて、

荷物もあるのでこりゃまずい・・・という事で集合場所の学校まで送っていく事に

案の定道路は大渋滞・・・・なんとか学校まで行く事は出来たが、帰りはさらに渋滞がひどくなってる。「わ〜〜こりゃまいった〜」

早く家帰らないと仕事に遅れるぞこりゃ!・・・と家路を急ぐ。

すると信号のない交差点で優先道が混雑して車の行列が・・・・あ〜・・・しまった・・・こりゃ間に入れてもらわないと大変だぁぁ・・・と困っていると、スッと車間を空けてくれて間に入れてくれる車が・・・・。

「ありがて〜〜〜〜」と手を上げながら間に入らせてもらい、後ろの割り込ませてくれた車にハザードでしっかり目にチッカチッカチッカ・・と感謝を伝える。ありがとう〜〜〜。

おかげで、混んではいたものの比較的順当に家路を辿る事ができた。

しかし、家まであと少しというところで今度は脇道から割り込み車両が数台湧いてきた・・・・。

一刻も早く帰りたい僕は「そんなとこから湧いて来て入って来ようっていう考えがけしからん!」と絶対に間に入れない姿勢を貫く。

後ろの人にも悪いしね・・・・と嘯きながら・・・・。

んで、家に着いたんだけれど・・・・「あれ?・・・・」

冷静になって考えてみると・・・・自分が困ってた時は「ありがとうありがとう」って言いながらそそくさと割り込むくせに、逆の立場になると入れてあげないって・・・・何とも心が狭くない?・・・・・・・・と脳内で聞こえる・・・(–;

「いやでも、あそこを通って来て合流しようとするのは厚かましすぎるわ・・・・」と脳内の声に反論するも、

「いやいや、あんたの入って来たところも中々のポイントやで!」と鋭い脳内指摘・・・「た・・確かに・・・」。

「でも、僕が入れる事で後ろにも迷惑かかるし・・・」

「だから!それはあんたが入る時も一緒やって!!!」と論破される・・・・「た・・確かに・・・」。

いろいろ考えを巡らすも・・・・反論の余地はなく・・・・脳内首脳会議での判決は「心の狭いゲス野郎!」に決定

う〜〜ん。ま・・・所詮はこんなもんか・・・まだまだ修行が足りないのだよ(笑)

すぐに目先の損得に囚われてしまって、損をしない様にと小狡く立ち回ろうとする・・・・。発想が小さくて器がこまい・・・・。

もっと余裕をもって心の広い対応ができる大らかな大人にならなくては!と思った出来事でした。

でも、運転してると本当に心が狭くなりますね・・・・。そういう傾向があるとかないとか?聞いた様な・・・・。

どんな時でも道を譲れる心の広い紳士に憧れるのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA