記事一覧

製品レビューと自由と社畜。「楽・つまらない」と「痛・面白い」のトレードオフ。

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

最近立て続けに製品レビューをいくつか書いた。

製品を使っている時や

レビューを書いている時は

大変だけど、

すごく楽しくて充実している。

でもって、読者の方やメーカーさんが喜んでくれると

さらに嬉しい。

 

先日はメーカーさんに商品を提供してもらったり、

その後、また製品レビューのお話をいくつか頂いたり、

楽しく書いて、

オファーもらって、

新しい製品にワクワクしたり、

実際にガジェットで生活が変わったりすると

とても楽しくてハリが出てくる。

大変なんだけれど、純粋に

「あ!楽しいな!」と感じる瞬間が多い。

本当にありがたい事だ。

 

ブログをやっていて良かった。

 

まだまだ道半ばだけれど、

ブログをやっていると毎月何かしら新しい変化が起こる。

今まで知らなかった何かに出会える。

すごいなぁ・・・。

 

誰かに云われた仕事は実りが少ない・・・。

会社組織の中でも「なぞる」仕事は面白くも何ともないし

終わった後に得るものがとても少ない。

それはきっと僅かなリスクも取っていないからだ。

相手が望むのだから仕方がない時もあるし、

会社組織で自分を出しまくっても、うまく行かない事の方が多い。

なので、「感情回路」を完全にオフにして

仕事をする事も多い。

僕はプロの社畜なんで色んな回路を瞬時にオフにできるのだ(笑)

ただ、「それは楽しいか?」と聞かれると

100%云える「全く!楽しくない!」と。

 

でも、ブログは違う。

自分の選択と決断しか、そこにはないので

完全に自己責任なのだ。

だから、うまくいった時は楽しく充実できる。

 

自分の人生なのだから

自分で選択して

自分で決めて

自分でリスクをとって行くべきだ。

そうすれば、得るものは多いはずだし、

充実して楽しめるはずだ。

 

そう考えると、会社組織で働くという行為は

他人に操縦桿を渡す行為でもあると云える。

そうする事で得られる事もあるのだけれど

失うものも多い。

 

ちょっと話が逸れてしまったけれど

兎に角、

ブログを続けていると

毎月何か新しい事が起こったり

新しい発見がある。

今年も早くも5月が終わろうとしているけれど

まだまだ、色んな事がありそうだ。

楽しんで行こうと思う。

 

やっぱり人生は

「楽・つまらない」と「痛・面白い」のトレードオフだ。

でも、いつか死ぬときに「楽・つまらなかった人生」だったと思うのは嫌だな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA