記事一覧

ちょっと待った〜!iPhone 13 Proの『アクセサリを買う前』に読んでおくべき記事に目を通しておいて下さい。

iPhone 13 Pro

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

先日、登場と同時に「iPhone 13 Pro」デビューした

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

はい、正直iPhone 13 Proを買って・・・、

舞い上がっています(笑)

笑ってやって下さい。

iPhone歴も長くなりますが

恥ずかしながら初めての「Pro」ですからね。

iPhone 13 Pro

そんな僕ですが、実は

iPhone 13 ProはまだSIMを挿してなくて

もっぱら家で使っています。

それは落としたり傷つけたりするのが怖いから・・・。

とは云え、早くレギュラーとして使いたい。

そんなわけで、この記事ではiPhone 13 Proを買ったら

すぐに運用できる様にするための「準備」を紹介しています。

 

「そんなん、教えてもらわんでも出来るわ!」

と思ったそこのあなた!

実は「iPhone 13 Pro」にするにあたって

気を付けてもらいたいコトがいくつかあるので

是非、読んでみてから判断してみて下さい。

合わせてこちらも読んでみて下さい。
iPhone 13 ProApple iPhone 13 Pro〜カメラとディスプレイがモンスター級、ミラーレス一眼カメラの出番が激減しそうなスマホ

3種の神器

はい!まずは「3種の神器」を揃えましょう。

以下の3つです。

  • ケース
  • フィルム
  • レンズカバー

それぞれ、説明していきたいと思います。

なぜ先に手配が要るのか?

なぜ先に手配しておいた方が良いのか?

について説明します。

 

特に僕の様にiPhone XからiPhone 13 Proに変える

っていう様な「Pro」がはじめて「iPhone12以降」がはじめて

っていう方は、まだ「慣れていない部分」があるからです。

 

特にカメラ部分MagSafe部分とかでしょうか?

その辺のコトを理解しておくとアクセサリ選びでも

失敗しにくいので事前に知っておいてもらいたいワケですね。

spigen-cyrill-case-iphone-13-pro

iPhone 13 Proケース

まずはケースです。

ケースは好みのモノを選んでもらってOKです。

ちなみに僕はこれを選びました。

すごくお気に入りなのですが、

一つだけ欠点があって・・・・

それはMagSafe非対応なんですね。

合わせてこちらも読んでみて下さい。
iPhone 13 ProCYRILL by Spigen iPhone 13 Proケース〜カメラをしっかり「保護」して「デザインも良い」で選んだ高コスパ・iPhone 13 Proケース

「MagSafe」とは

MagSafeとはiPhone 12シリーズから採用された機能で

iPhoneの背面に磁石が採用されていて

無線充電の際に充電機器がiPhoneにしっかりと

くっついたり、

カードケースやウォレット、スタンドなど

アイデア次第でさまざまなアクセサリが磁力で

付けられるという便利な機能ですね。

magsafe

MagSafe対応か? or MagSafe非対応か?

上記の様なステキな機能なので、

この恩恵を受けたい場合はもちろん、

「MagSafe」対応のケースをおすすめします。

 

全くその機能は使わないな・・・って方は、

気にしなくて良いと思います。

 

僕はその後、「MagSafe」対応のケースも用意しました。

今はシーンや気分に合わせて使い分けています。

フィルム

フィルムはつけておいた方が無難でしょう。

iPhone 13 Proのディスプレイの前面部分は

「Ceramic Shield」と云うシールドで覆われています。

このCeramic ShieldはApple社いわく

「どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈」

云われているのでかなり頑丈なガラスです。

 

しかし、大事なiPhone 13 Proちゃんなので

念には念を入れておきたいのが人情ですよね。

ご予算、お好み

僕は今回、レビューを読んでこちらにしました。

二枚入っていて

貼り付ける時、専用のツールがついていて

誰でもズレるコトなく貼れるのが良いですね。

手触り

あと、このフィルム「手触り」がとても良かったです。

iPhone 13 Proを操作していて

「あ〜さすが新品iPhone 13 Proは手触りがスベスベでいいな」

とか思っていたものの、

よく考えたらフィルム貼ってあるので、

その手触りはフィルムじゃん!と気づいたのでした。

しかし、「スベスベ」のしっとりした手触りが

個人的にはとても気に入っています。

マット? or グロス?

あとは、「マット」or「グロス」も

大事ですね。

つまりは「光沢」の有る/無しです。

僕は今回グロス(光沢あり)を選びました。

こちらも好みだと思うので

ぜひ、検討の際にはお気を付け下さい。

レンズカバー

あと、一番困ったのがこちらでした。

「レンズカバー」

ご存知の通り、iPhone 13 Proはレンズが出っ張ってます。

iPhone 13 Pro

AppleさんのHPから引用

レンズは「サファイアクリスタル製」とされています。

このサファイアクリスタルも非常に頑丈な耐久性のある素材ですが

レンズが出っ張っていることもあって

どうしても他のモノとの接触は増えます。

ちなみに傷が入った場合の修理費用は

一万以上する様です。

iPhone 13 Pro

AppleさんのHPから引用

レンズに傷がいってしまってはせっかくのiPhone 13 Proが

台無しになるので僕はレンズカバーをつけることにしました。

こちらも念には念を入れて・・・ですが、

僕はカメラとして使う頻度が非常に多いので

ココはしっかりしておこうと思いました。

ただ、多くのケースがレンズの部分の出っ張りを

レンズよりも高くしてくれてレンズの保護をしてくれているので

ケースを選ぶ際にもそこは大事なポイントかもしれません。

レンズカバー選びのポイント

このレンズカバーですが、

実は各社からたくさんの製品が出されていて

すごく迷います・・・・汗

なので、ポイントを押さえて選んでもらいたいと思います。

ポイントは

  • 透明度
  • ケースとの相性(厚み)
  • 独立型 or 一体型

です。

カバーの透明度

レンズを保護するコトが目的ですが、

そもそも写真撮影に影響が出てしまうと意味がない。

なので、写真撮影に悪影響が出ない様に

「透明度」が重要になります。

保護はできたけど、写真の質が悪くなった・・・・

とかは本末転倒!

せっかくのiPhone 13 Proが無意味になります。

ケースとの相性(厚み)

本体のケースと併用するコトになりますが、

本体ケースもレンズ保護の観点でレンズ部分の

開口部分をレンズより高く設計してくれてます。

なので、二重保護の意味で

そのケースの出っ張りよりも薄いカバーが

理想的ですね。

独立型 or 一体型

これも迷いました。

一体型のモノが多いのですが、

3つのレンズにそれぞれ付けるタイプも

結構あります。

迷ってしまいますが、

一体型のものは「ケースと干渉する場合」があるので

注意が必要です。

せっかくレンズカバーをつけたのに

使ってるケースと一緒につけると干渉してしまって

不格好になる・・・・なんてのはナンセンスですもんね。

そうなると独立型の方が良いかもしれません。

ちなみに僕はケースとの干渉が少なさそうな

「一体型」を選びました。

まとめ

と云うワケで、

iPhone 13 Proは進化していますので

アクセサリ選びも自分のニーズにあったモノが必要です。

iPhone 13 Proが届く前に知っておいてもらいたい

機能・性能などをまとめましたので参考にして下さい。

 

みなさん、

どうか良いiPhoneライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA