記事一覧

「嫌い」には実は◯◯◯が隠れている〜人が受け入れたがらない不都合な真実(前編)

嫌い

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

人は誰でも嫌いな人の一人や二人はいますよね?

「誰々が嫌いだ」

「誰々は受け入れられない」

「誰々を見るとムカムカする」

「誰々は嫌だ!」

僕もたくさん嫌いな人が居ます(笑)

「こいつだけは許せない!」ってやつ。

誰でも好きな人が居るのと同じく、

嫌いな人、と云うのがいるはず。

 

ある日、僕は何かの本で読みました。

「嫌い」に隠れている秘密について・・・。

 

しかし、その内容は到底受け入れられるものではなかった・・・。

「いやいやいや・・・・それは、ちゃいますわ〜」

と思わず関西弁になるくらい・・・(笑)

受け入れられませんでした。

後を引く真実

ただ、後から糸を引いてきました・・・・。

熟成された納豆の様に・・・じわじわと。

 

「あれ?こないだの秘密って、あながち間違ってないんじゃないか?」

ふと思った僕は、さらに深く考えてみました・・・。

主観から遠ざかって、客観的に考えれば考えるほど

そのコトは当たっていました。

恐れ入りました。

驚愕しました。

「嫌い」と云う事実に隠れた秘密。

受け入れるまでに時間がかかりましたが、

まごうコトなき真実だと、今は受け入れています。

受け入れづらい秘密

で・・・このブログのこの記事でそのコトを書いてみたいのですが、

読んだ方もおそらく僕と同様で、

最初は受け入れられないでしょう。

 

なので、どうしたものか・・・?

今、この記事を書きながら・・・・、

どうやったら「嫌い」に隠れた秘密がうまく伝えられるだろうか・・・?

と考えています。

 

よし!整いました。

では、行ってみましょう。

出来るだけ、臨場感を出して体験してもらいたいので

簡単なワーク形式で記事を書いてみます。

一緒にワークしてみて下さい。

何も準備は要りません。

頭の中で考えるだけでオーケーです。

 

「そんなんダルくて出来るかっ!」って方は

時間を無駄にさせてしまうかもしれないので

ここから先に進むのはオススメしません。

work1.嫌いな人を思い浮かべる

ついてきて下さっている方、ありがとうございます。

 

では、まず最初に!

あなたの嫌いな人を思い浮かべて下さい。

「アイツ」のコトです(笑)

僕みたいに嫌いな人がたくさん居る人は(笑)

何番目の方でも良いので誰か、嫌いな人を思い浮かべてみて下さい。

「こいつとは付き合いたくないな〜」

っていうアイツです(笑)

 

思い浮かべましたか?

思い浮かんだらwork2へ進みましょう。

work2.嫌いなところを思い浮かべる

続いて、

その人の「嫌いなところ」を思い浮かべてみて下さい。

「あいつのココが許せんわ〜」とか

「こういうトコが腹立つんだよね〜」とか

嫌いなポイントがたくさんある場合は、

もっとも嫌いなポイントを考えてみて下さい。

 

「いろいろ嫌いだけど、ココが一番許せんわ!」

的なところを思い浮かべてみて下さい。

 

思い浮かんだら、work3へ進みましょう。

work3.その部分、あなたは持ってますか?

さあ、では!

嫌いな人の、嫌いな部分がクリアになったら

一度考えてみて下さい・・・。

 

「あなた自身は、その人の、その嫌いな部分を持ってますか?」

或いは

「あなた自身は、その人の、その嫌いな行為をしますか?」

 

・・・・・、

どうでしょう?

答えはおそらく

「持っていない」「しない」

ではないですか?

ですよね?

 

お疲れ様でした。

ワークはこれで終了です。

さて、では「嫌い」の秘密に進みましょう。

「嫌い」に隠れた秘密

はい、ここまでワークしてもらったら

お待たせしているので

さっそく真相に迫りましょう(笑)

 

答えはズバリ!こうです。

 

嫌いな人の

「嫌いなポイント」、

「嫌いな行為」

 

実は!

 

「あなたが、やりたくても出来ないコト」

 

です。

・・・・・・

・・・・

・・・

はい!

今、あなたはこう思っているはず。

「いやいやいや・・・・それは、ちゃいますわ〜」

 

そう思った方は、もう間違いなくそうだと思います(笑)

 

どうですか?

受け入れがたいですよね?(笑)

僕も最初はまったく受け入れられませんでした。

「そんなバカな?アイツと一緒にせんでくれ!」

「はあ?話にならんわ、もう帰る・・・」

と云う声が聞こえてきそうです。

 

でも、激しく拒否反応が出る方であればあるほど

このコトがものすごく当てはまる方です。

 

「そんなワケない!」「嫌だ!」

「嫌な気分になった!カーミー!なんとかしろ〜?」

と云う方は

次の後編記事で真相を確認してみて下さい。

きっと「嫌い」に隠れた秘密がつかめると思います。

 

では、こちらからどうぞ↓↓↓

嫌いに隠された強烈な秘密(後編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA