記事一覧

Youtubeで見つけた神ギター講師!「こうじゅんさん」がヤバイ!音楽理論音痴な僕の眼の鱗がはがれ落ち過ぎた。

黄色いギター

神ギター講師を見つけた!

Youtubeのおすすめ動画で

ギターの講師の方が紹介されていたので

何の気なしに観ていたら・・・、

すごくギターが上手い!何?この人?

上手いだけなら珍しくなくて・・・、

音楽的解説がすごい・・・・。

なんだこの教え上手な語り口は・・・?魔法か・・・?

 

僕がどハマりしてしまった動画がこちら↓

ギター講師こーじゅん さんという方です。

どういう経歴の方なのか・・・・すみません、現時点でよく知りません。

後で調べてみようと思います。

音楽理論をほとんど知らない僕

僕は、ほとんど楽譜が読めないし、音楽理論もあんまり詳しくない。

というか、今まで音楽の理論を知る必要性をあまり感じた事がなかった。

でも、こーじゅんさんの解説は今まで聞いた事のない

興味を引く教え方で、なおかつ分かり易い!

喩え話が出てくるけど、「喩えが秀逸!」

兎に角、あっという間に引き込まれてしまった。

それぞれのコードに意味がある

特に音楽のコード展開とかで、

「それぞれのコードに意味がある」というお話は物凄く腑に落ちた。

 

例えば、C→F→Gという3つのコードによる展開においては

それぞれ

「C = 安心」「F = 中立」「G = 不安」という意味があって

最後の「G = 不安」から頭の「C = 安心」に帰る時には

「不安」が解決されて「安心」に変わる事で

聞いていて気持ちが良くなる・・・という事なのだ。

「げ!そうか・・・!確かにそうだ!

うっすら分かっていたはずなのに

今まで言葉にした事がなかったので気づかなかった・・・」

と愕然としてしまった・・・お恥ずかしい。

 

といった感じで、今まで僕が音楽で感覚的にやっていた事の背景を

理論で説明してくれていたので

もう、眼から鱗がボロボロ剥がれ落ちた・・・・・。

床が鱗まみれ(笑)

 

あまりにも面白かったのと、

せっかく教わったので、ものにしたいと思い、

動画を見返しながら

せっかくなので備忘録をブログとして下記にまとめてみた。

ご興味ある方はお読み下さい。

僕の備忘録でもあるので

訳わからん部分もあるかもですが、ご容赦ください。(笑)

備忘録

ここより下は下記動画の内容を元に

僕が自分のために勝手にまとめた備忘録です。


ダイアトニックコード

Cで使えるダイアトニックコードは7個

C Em Dm F G Am Bm(♭5) C

 

この中で例えば

CFGのメジャーコードでできる

3コードは代表的

 

この場合、それぞれのコードに役割がある。

Cはトニック→安心

Fはサブドミナント→中立、どちらでもない

Gはドミナント→不安

という役割

 

この中でG→Cの展開は

(G)ドミナント→(C)トニック

「ドミナント・モーション」という。

 

不安(ドミナント)→安心(トニック)

「緊張→緩和」

「解決」

というこのドミナント・モーションを「人は良いと感じる」

「解決」が多い良い音楽と感じる傾向が強い

Cに行きたいコード進行

トニックである「C」に行きたいコード進行の例

F→G→C

F→Fm→C

Dm→G→C

Dm→Fm→C

Dm→G7→C

Dm→D♭7→C

Dm→D♭M7→C

Dm→Fm→B♭→C

Dm→A♭→B♭→C

セカンダリ・ドミナント(代理コード)

C→Am→F→Gの展開の場合

二つ目のAmに行きたいためコードは

E7

 

E7はCのダイアトニックには入っていない

でも、Amにいくためのセカンダリ・ドミナントとして入れて良い

 

続いてFに行きたいための

C7

続いてGに行きたいための

D7

最後にCに戻るための

G7

 

C→Am→F→G

という4つのダイアトニックのコード進行の間に

それぞれ4つのセカンダリドミナントを入れる事によって

C→E7→Am→C7→F→D7→G→G7

という計8個のコード進行になる。

ツーファイブ

さらに、セカンダリドミナントに行きたいコードを

「ツーファイブ」という

 

前述のサブドミナントであるE7に行きたいためのツーファイブが

Bm(♭5)

同じくサブドミナントのC7に行きたいための

Gm7

サブドミナントのA7に行きたいための

Em7

がそれぞれツーファイブとなる。

まとめ

ハナミヅキのサビのコード進行(ダイアトニックから5個)

C→Am→F→Dm→G

 

これにサブドミナントを4個加えて計9個

C→E7→Am→C7→F→A7→Dm→G→G7

(※赤色がサブドミナント)

 

さらにこれにツーファイブを3個加えて

計12個のコード進行になる

CBm(♭5)E7AmGm7C7FEm7A7DmGG7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA