記事一覧

「親戚の変なオジサン」みたいな志村けんさんが亡くなってポッカリと胸に穴が空いた・・・。

たんぽぽ

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

志村さんが亡くなった・・・。

コロナに罹ったと耳にした時に嫌な予感が走った。

子供の時からテレビの中に居るのが当たり前の、とても身近な存在のコメディアンである志村さん。

そんな当たり前の存在の方にもしもの事があったりしたら嫌だな・・・・、

と恐れていた事が現実になってしまった。

なんだか未だに信じられない・・・・・。

 

僕は志村さんの熱狂的なファンでもないし、番組もそんなに一生懸命見ていたわけではないけど、

小学生の時見ていた「8時だよ!全員集合!」では志村さんの事を「ドリフで最も面白い人」という評価をしていて

志村さんが出てくるとワクワクしてテレビを見入っていたもんだ。

今となれば、いかりやさんや加藤さんや中本さんに高木さん、みんなの役回りがうまく引き立てて

志村さんを面白くしていたって事がよく分かるんだけど、

当時の僕は今よりもかなりの馬鹿だったので、

「ドリフの人は全員、志村さんくらい面白くならないとダメだよ!」って思ってた。

それくらい志村さんの面白さに魅せられていた。

 

その後、自分が成長していく過程で色んなものに興味が移り変わっていく中でも、

時折、テレビの中で観る志村さんはいつもブレてなかった。

しかし、僕は成長してどんどんと変わっていった。

時折テレビで見かける志村さんは変わらないな・・・と思いながら「お笑い」はもっと捻った笑いを求めて、

ダウンタウンさんやウッチャンナンチャンさんや当時の最先端のお笑いを好んで観た。

自分が成長してグレードの高いお笑いを楽しむ様になった・・・とでも言わんばかりに

笑いも進化しないとな・・・

大人になるともう昔のお笑いでは物足りないな・・・・

とか大人ぶって分かったつもりでいた。

 

でも、さらにもっとあと、30代くらいだったかな・・・?

テレビで偶然「バカ殿」を観た時に、

何の気なしに観ていたはずなのにゲラゲラ笑っている自分が居た。

もう予定調和の笑いには飽きてしまっているはずなのに、とても面白くて腹を抱えて笑った。

ブレずに届けてくれているお笑いが本当に面白かったのだ。

「やっぱり志村さんは面白いわ!」と一回りしてその時やっとブレない志村さんの面白さが分かった。

 

自分の中では小学生の時も、思春期で気難しい高校生の時も、かっこつけたい青年期も

社会人になってからも、おっさんになって、親になってからも

志村さんという人は僕にとって

いつも会うと、ずっと同じ冗談で笑わし続けてくれている親戚の「変なオジサン」みたいな人なのだ。

すごく身勝手で失礼な捉え方だけれど、尊敬の意味を込めて・・・・、

 

そんな親戚の「変なオジサン」がこんなにもあっけなく亡くなってしまうとポッカリと胸に穴が空いた。

僕にとってのスーパースターでもカリスマでも

特別に注目している芸能人でも著名人でもないはずなんだけれど

大好きな親戚の「変なオジサン」の存在は自分が思ってる以上に大きかったみたいで

変わらぬ笑いが聞けなくなるかと思うと胸が痛くなった・・・。

会った事も話した事もないのに、こんなに身近な親戚の「変なオジサン」。

テレビの中に居るのが当たり前の「変なオジサン」・・・、

きっと僕みたいな人は多いんじゃないだろうか・・・、

親戚の「変なオジサン」はいったいどれだけの人の胸に穴を空けたのだろうか・・・・、

悲しいです。

 

会った事も話した事もないのに完全に僕の心の「親戚の変なオジサン」と化していた志村けんさん。

たくさん笑わせてくれてありがとう。

そう云えば、散々笑わせてもらったくせにお礼を云った事もなかった・・・・。

ありがとう。

安らかに眠って下さい。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA