記事一覧

【備忘録】〜100年前のパンデミック『スペイン風邪』についてちゃんと知っとこうと思った。

スペイン国旗

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

コロナが相変わらず世界で猛威を奮っている。

いつまで、この状況は続くのか?

今後の事を世の中や生活を考えるためにも

100年前のスペイン風邪について知っておきたい・・・、

スペイン風邪って結局どのくらいの被害で

どのくらい続いて

どうやって収束したんだろう・・・?

恥ずかしながら、よく知らないわ・・・・

って事で、

スペイン風邪について少し調べたので備忘録。

パンデミック

スペイン風邪の流行期間

スペイン風邪1918年から1920年の3年間世界で大流行。

スペイン風邪の死者数

世界で2000〜4500万人(推定)

日本で38万人

発生源

アメリカの軍隊内〜アメリカ軍の欧州進出に伴い世界的に広がる

感染者数

世界の感染者数5億人〜世界人口の1/4と云われてる

日本の感染者数約2400万人

なぜ?スペイン風邪?

スペインが第一次世界大戦当時、

中立国で報道の自由をもっていたため

スペインから世界へ感染と惨状が報じられたため

「スペイン風邪」と呼ばれる事に?

ホント?って云いたくなる様な理由だけど

100年前ならそうなのかもな・・・。

第何派まであった?

第三波まであった模様。

どうやって収まった?

集団免疫によって収束。

要は感染者が抗体を得て、

抗体保有者が一定数まで増えていくと

感染力自体が弱まっていくという仕組み。

まとめ

やはり、歴史を見る限り、

コロナウィルスも収束までに2〜3年かかると

考えておいた方が良いのかもしれない。

 

そして、収束するのは

ワクチンか?集団免疫しかないのだろう。

 

集団免疫が収束の条件だとするならば、

感染者が増えている国が有利で

感染者を抑えている日本などは不利になる。

これが、進むと集団免疫を獲得した国と

そうでない国の二つに分かれるのではないか?

とも考えた。

そうなると、世界は二つに大きく割れてしまう。

そう云う未来も全くないわけではなさそうに思う。

 

<参考にさせてもらった記事>

Wikipedia〜スペイン風邪

 

上記の情報は

インターネット上の文献を読んで

備忘録としてまとめたものだが、

感染者数や死者数などが文献によって異なっていた。

しっかりとした情報が欲しい方は、

ご自分で信頼性の高い情報を探してもらった方が良い。

本ページはあくまで、僕の備忘録なので

参考程度にしておいて下さい。

健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA