記事一覧

【レビュー】Baseus 8in1 USB-TypeC ハブ〜イーサネットLAN付きハブはネットスピード爆上がりで作業環境が激変!

USB Type-C ハブ Baseus 8in1 USB-C PD

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

(➡︎プロフィールはこちら

 

昨年購入した愛機「M1MacBook Pro」ですが、

>>M1MacBook Pro2020のレビュー

M1 MacBook Pro 2020はご存知の通りインターフェイス(入出力)が

USB Type-Cと3.5mmのイヤホンジャックしかない。

 

なので、USB-Type Cハブは絶対的に

M1 MacBook Proの必需品である。

 

今回はBaseusさんのイーサネットLANポート付いたUSB Type-Cハブ

「Baseus 8in1 USB-C PD ハブ」をご紹介します。

Baseus 8in1 USB-C PD ハブの特徴

Baseus 8in1 USB-C PD ハブの特徴をご紹介。

特徴
  • イーサネットLANポート搭載
  • USB-Aが余裕の3ポート
  • HDMI・USB-C・SD・MicroSDの全部入り

Baseus 8in1 USB-C PD ハブパッケージ・開封

それでは開封してみましょう。

今回も動画を作成したのでこちらをご覧下さい。

ちょっと短めです。

パッケージはこんな感じです。

Baseus 8in1 USB-C PD

シンプルなパッケージでした。

写真からは伝わりづらいですが、

パッケージ表の製品写真の部分だけ

表面にザラザラ加工がされていて触った感じが印象的でした。

パッケージにもこだわりが感じられますね。

Baseus 8in1 USB-C PD

中身はいたってシンプルで

本体とマニュアル類がはいっていました。

あと、Baseusさんのキャラクター?でしょうか?

クマちゃん?ライオンくん?のかわいいシールがついてます。

Baseus 8in1 USB-C pd

Baseus 8in1 USB-C PD

M1MacBook Proに必要なインターフェイス

さて、本体の説明に行く前に

M1 MacBook Pro 2020はインターフェイスはUSB-Cのみとなってます。

でもはっきり云って、USB-Cだけでは困りますよね。

以下のインターフェイスがハブに備わってるコトが必須となりそうです。

SDカード

僕の普段の作業ではまず、

カメラから写真を取り出す時にSDカードが絶対的に必要

マスト・インターフェイスですね。

HDMI

外部モニターを使っているので

HDMIが必須

絶対的に要ります。

しかも4K対応は必須。

USB Type-C

Macの電源に繋ぎたいのでUSB Type-CのPD(パワーデリバリー)対応が

一つは絶対的に必要。

USB3.0

あとは、イヤホンとか諸々充電とかでUSB3.0は二つくらい欲しい。

Baseus 8in1 USB-C pd

全てを満たすBaseus 8in1 USB-C PD

Baseus 8in1 USB-C PDは

上記のインターフェイスを全て網羅してくれていて

尚且つLANポートを搭載している。

網羅性の高いハブになる。

Baseus 8in1 USB-C PD

Baseus 8in1 USB-C PD搭載インターフェイス(入出力)

さっそくBaseus 8in1 USB-C PDに搭載されている

インターフェイスを表にしてみた。

インターフェイス備考
USB Type-C1メス PD3.0対応
USB Type-A 3.13メス Type-A 3.1
HDMI14K(30Hz)、FHD1080P
SDスロット1
MicroSDスロット1(TFカード)
イーサネットLANポート11Gbps
合計8

そして、USB Type-CのオスがひとつあるのでMacBook Pro側にさすことになる。

USB Type-C ハブ Baseus 8in1 USB-C PD

Baseus 8in1 USB-C PD仕様

本体の仕様はこちら

筐体材質アルミ
外形寸法
幅13cm x 奥行き4.4cm x 高さ1.6 cm(ケーブルを除く)
重 量約88g
ケーブル長さ約15cm

Baseus-8in1-USB-C-pd

重さ

重さは「88g」とたいへん軽量です。

持ち運びも苦になりませんね。

大きさ

約13cm x 4.4cm x 1.6 cm

とコンパクトサイズです。

カバンに入れてもかさばりません。

Baseus 8in1 USB-C pd

驚愕の有線LANスピード1Gbps

今回、Baseus 8in1 USB-C PD ハブをつかって

有線LANをM1 MacBook Proにはじめてつなぎましたが、

驚愕のスピードが出てしまい・・・、

思わず「ゲェェェッ」と驚愕の声が出てしまいました。

と云うわけで、WiFiとの比較を紹介します。

 

まずはWiFiのスピードを計測しました。

計測はfast.comで行いました。

Baseus 8in1 USB-C PD

まあ、おウチWiFiでルーターもたいしたことないので

こんなもんか・・・・

「60Mbps」

 

では、Baseus 8in1 USB-C PD ハブを使って

有線LANで繋げます。

Baseus 8in1 USB-C PD

まさかの「780Mbps」

おいおいおい・・・・、

まぢかよ・・・・・?

「約13倍」のスピードが出ました。

こ・・・・こんなに違うのは予定外・・・・。

(何度かテストしてみましたがほぼ13倍でした。)

 

ずっとWiFiで動画のバカでかいファイルを

何時間もかけてアップロードしたりしていたのを思い出し・・・

なんてこった・・・と青ざめた(笑)

 

これはもう、おウチのデスクで作業するときは

Baseus 8in1 USB-C PD ハブで有線LANしかないっしょ!

ってコトになりましたね。

これからネットスピードが爆上がりしそうです。

楽しみ(笑)

嬉しい誤算でした。

Baseus 8in1 USB-C PD

HDMIインターフェイスについて

僕はセカンドディスプレイをよく使うので

HDMIに関してもテストしてみました。

全く何の問題もなく表示されました。

4K表示でリフレッシュノートは30Hzとのコト。

ゲームはやらないので十分な表示でした。

Baseus 8in1 USB-C PD

Type-C PD3.0でフルスピード充電

Baseus 8in1 USB-C PDに搭載している

USB Type-Cインターフェイス(メス)は

「PD3.0対応」に対応しています。

なので100Wまでの効率的な充電に対応していますので

「充電スピードが早い」

という特徴があります。

MacBook Proもフルスピードで充電可能ですね。

注意
このレビューはBaseusさんに製品を提供して頂き、Studio Kamixのレビューポリシーにご同意いただいた上で書いております。

Baseus 8in1 USB-C PD使用スタイルを紹介

僕は自宅の作業スペースでBaseus 8in1 USB-C PDを使う予定です。

実際の様子はこんな感じですね。

Baseus 8in1 USB-C PD

良い感じに繋がりました。

各インターフェイスをこんな風に使っています。

Baseus 8in1 USB-C PD

SDカードは通常サイズのSDカードスロットと

microSD(TFカード)の2種類があって

どちらも使うことができました。

Baseus 8in1 USB-C PD

佇まい・デザインがカッコ良い

Baseus 8in1 USB-C PDは普通に見た目がカッコ良いです。

何と云うか・・・シュッとしてますね(笑)

「スタイリッシュ」です。

Baseus 8in1 USB-C pd

アルミのクールなデザインにオレンジのアクセントカラーが

キリッとデザインを引き締めて個性を主張します。

通電時には青いLEDが点灯しますので

こちらも印象的ですね。Baseus 8in1 USB-C pd

Baseusさんの製品は全般的に「デザインが秀逸」で

所有欲をコチョコチョとくすぐられます(笑)

ガジェットって「機能」がもちろん大事ですが、

僕は、「見た目」もとても大事だと常々思っています。

Baseus 8in1 USB-C PD

でて」楽しい製品は

日々の生活をアゲてくれます!

「コレ大事!」

Baseusのデザイナーさんは優秀だな〜・・・と

思った次第でした。

Baseus 8in1 USB-C PDの惜しかったところ

個人的に「惜しいな!」と思うところをレビューします。

Baseus 8in1 USB-C PD

ケーブルの長さ

本体についているUSB-Cメスのケーブルが約15cmと短めです。

デザインとしては短い方がカッコ良いんですが、

LANポートを使う前提で考えると・・・、

 

LANケーブルの取り回しが面倒なのでM1 MacBook Proと

離れたところにハブを設置したいと思うと・・・、

ちょっとケーブルが短すぎるので

せめて50cmくらいあると良かったな・・・と。

とりあえず、延長ケーブルを導入しようか?と思っています。

Baseus 8in1 USB-C PD

USB-Cがもう一つほしい

Baseus 8in1 USB-C PDは

USB-Cが1個しかありません。

そして、そこには電源を刺す事が多いと思います。

そうなるとUSB-Cネイティブのモノを接続するときに

電源を抜いて挿すか?

アダプターをつけてUSB-Aのとこに挿すか?

というコトになるんですよね。

USB-Cがもう1個だけあると死角がなくなると思いました。

Baseus 8in1 USB-C PD

熱を持ちます

だいたい、どのハブもそうだと思いますが、

Baseus 8in1 USB-C PDも使用中、「熱」を持ちます。

電源をつないで全てのポートに何かを繋いで使ってみましたが、

本体はかなり熱くなりました。

夏場は特に熱をもつと思いますので、

その辺は注意して使ってみようと思います。

http://www.baseus.com/

メーカー「Baseus」さんについて

Baseusさんは2011年に設立された中国の家電メーカーさんで

ガジェットなどを中心にを幅広く研究・開発・製造・販売されている様です。

現在、世界180カ国で展開されているそうでスゴイですね。

 

お名前の「Baseus」は

ブランドスローガンBase on userを簡略化したもので、

ユーザーの視点で考えることを大切にしているみたいですね。

 

確かに今回製品をレビューさせてもらって

「ユーザのコトをよく考えているな・・・・」

と云うのが伝わってきました。

お名前からも品質には期待できそうですね。

Baseus 8in1 USB-C pd

まとめ

僕はハブにLANポートを期待していなかったのです、

使ってみてその「スピードに驚愕!」

一瞬でマストアイテムに昇格しました。

 

その他のインターフェイスも必要十分に揃っていて申し分ないです。

おまけに見た目もクールで愛でるのも楽しい。

 

結果的に、

僕のクリエイターとしての環境がアップグレードされました。

特にネットのスピードが上がるのは心強いですね。

マシンとネットのスピードが上がると作業効率は爆上がりします。

 

家ではずっとWiFiがあたりまえ!ってなってたので

LANケーブルでつなぐのは盲点になっていました。

この感じだとしばらくはケーブル生活になりそうですが、

WiFiとLANケーブルを気軽に行き来できるのは正義ですね(笑)

 

M1 MacBook Proを使うなら

イーサネットLAN端子搭載のハブを使って

高速ネットで快適環境を構築するのは

オススメですね。

ぜひ検討してみて下さい。

割引クーポン

今回メーカーさんである「Baseus」さんより

15%OFFのクーポンコードをご提供いただきました。

購入の際には、是非こちらを使ってお得にゲットして下さい。

15%OFFクーポンコード

Kamix81hub

<クーポン有効期限>

07/21/2021 5:00 PM 〜 07/28/2021 11:59 PM

※Amazonで利用可能です。

合わせてこちらも読んでみて下さい。

lenttion USB-C hub ハブ【レビュー】LENTION USB Type-Cハブ(CB-C37-1M)〜 M1 MacBook Pro2020(MacBook Air)アクセサリの中でも圧倒的必需品! M1 MacBook Pro【レビュー】新M1 MacBook Pro 2020を4週間使ってみて〜閲覧注意〜MacBook Pro 2020が欲しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA