記事一覧

失敗しない音楽サブスク選び。どれを選べば良い?Apple Music?Spotify?Amazon Music Unlimited?

music phone sing

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

こんにちは、

スタジオ・カミックス管理人のカーミー@StudioKamixです。

 

子供のころから音楽が大好きで、人生において音楽は欠かせません。

いつも人生に音楽が寄り添ってました。

一日中音楽を聴いて過ごした時期もありました。

音楽なしの人生なんて考えられない。

 

そんな風に、

音楽はあなたの人生の大切なパートナーであり、なくてはならないものの一つではないですか?

 

現代の音楽はネットを通じてデータで流通する様になりました。

多くの人々がサブスクを契約して聴き放題の音楽を消費しています。

では数ある音楽サブスクの中でどれをチョイスすれば良いのでしょうか?

この記事を読むと音楽サブスクを選ぶ際のポイントと自分に合った音楽サブスクを見つけられます。

イコライザー 音楽

僕はアマチュアミュージシャンの端くれで、アマチュアバンドをしながら録音、ミキシング、DTMをするほどの音楽好きなので、

あらゆる音楽サブスクを契約して一通り試してみました。

Apple Music、Spotify、Amazon Music Unlimited、LINE MUSIC、DEEZER、Google Playなど。

 

色々と比較してみた結果、以下の3つのサービスが日本のシェア・トップ・スリーでしょう。

いろいろと渡り歩いた僕が気づいたのは、

音楽サブスクを選ぶにあたって大事なのは4つ。

「アーティスト・音質・金額・操作性」です。

それら4つのポイントを比較してみた結果、納得の行く正解にたどり着くことができました。

音楽サブスクの結論

長くなる前に、結論を先に云うと、

僕が今使っているのは

Amazon Music Unlimitedです。

※人によっては他のサブスクが良い場合があるのでメリット・デメリットを含めて最後まで読んでみて下さい。

 

理由は3つ

  1. 取り扱いアーティストはおそらく他社とほぼ一緒で、
  2. 月々200円安い上に、
  3. 90日間の無料期間があったから。

もしも、まだ使ったことのないあなた、

あなたはまったくもって悩む必要がありません。

とりあえず三ヶ月の無料登録を利用すれば、ノーリスクで音楽聴き放題ライフが実現します。

繰り返しますがノーリスクで失うものはありません。

登録を行ってから判断してみて下さい。

※簡単三ヶ月無料登録

>Amazon Music Unlimited

 

サービスが気に入らなければ、三ヶ月以内に解約すれば良いだけ。

解約もネット上から簡単に行えます。

Amazon Music Unlimited解約方法

 

ちなみにこの三ヶ月無料登録は新規登録のみで期間限定2021/01/11までとなってます。

Amazon Music Unlimitedの評価

Amazon Music Unlimitedを「アーティスト・音質・金額・操作性」の4つの音楽サブスクのポイントで評価してみました。

アーティスト面

特にアーティスト面で「このアーティストは扱っていないんだ?」と云うことがなかった。

洋楽邦楽、ジャンルを問わず幅広く音楽を聴く方だけれど、聴きたいアーティスト・曲は全て網羅できていたと思う。

これが非常にポイントが高い。

 

最新のヒットチャートはもちろん、懐かしの名曲まで幅広いアーティストを網羅している。

クラシックやジャズ、インストなどの多彩なジャンルもカバー。

作業用のBGMやカフェタイムのBGMのプレイリストも豊富。

あらゆる音楽シーンを支えてくれて日々のミュージック・ライフを豊かにしてくれる。

音質

音質はネット経由と云っても全く気にならない。

普通にストリーミングでもダウンロードでも違和感のない音源を楽しむことができます。

他のサービスと比較すると、どのサービスも最大で256kbps〜320kbpsの圧縮音源のなので聴き取れるほどの差はないと思います。

(もし、聴き取れるならスゴイ!w)

上位サービスでAmazon Music Unlimited HDもありますが、こちらはいわゆるハイレゾ品質で飛躍的に音質が上がるサービス、残念ながらグレードアップしないと利用できませんが、こちらは聴けば分かるサウンド品質。

将来はこのサウンド品質が標準になっていくでしょうね。

上位サービスが現時点で先行して用意されている点でもAmazon Music Unlimitedに優位性があって安心感があります。

金額

どこの音楽サブスクサービスもなぜか?「¥980」と云う価格が多い?

お互いに様子を見ているのか?(笑)

その中でAmazon Music Unlimitedはプライム会員の優遇サービスで

¥980 が ¥780 になります。

さらに年間契約にすると年額 ¥7800 になるからプライム会員なら圧倒的にお得ですね。

実際、僕はこれが決め手になりました。

ミュージックアプリ操作性

操作性

Amazon Music Unlimitedの操作性はよく練られていてコレといった問題点はみられない。

快適に聴きたい音楽にアクセスできる。

スピードも申し分ない。ストレスフリーです。

 

プレイリストによるリコメンド(おすすめ)機能も優れてますね。

特に好きなアーティストに似たアーティストを紹介してくれる機能がとても気に入っています。

 

ただ、この部分は他社もよく作り込まれていてどこのサービスを選んでも遜色ないと思います。

他社との比較

音楽サブスクのトップスリーで「金額」「楽曲数」「音質」を比較してみました。

金額楽曲数音質(ビットレート)
Apple Music¥980/月7000万曲以上最大256kbps
Amazon Music Unlimited¥980/月
¥780/月(プライム会員)
¥7,800/年(プライム会員年額)
7000万曲以上最大256kbps
Spotify¥980/月5000万曲以上最大320kbps

楽曲数と音質(ビットレート)のところで楽曲数はSpotifyが2000万曲少ないけど、どういうジャンルが抜けてるのか?よく分からない。

音質に関しても「最大ビットレート」なので、アーティスト・楽曲によって異なるということ、聴き取れるほどの差異はないということ。

もっと云うと、再生する環境、特にイヤホン・スピーカーによって大きく変わるので気にしなくて良い。

そう考えると、価格面でメリットが出てくるAmazon Music Unlimitedが最有力候補になる。

デメリット

とは云え、Amazon Music Unlimitedにはデメリットもあります。

一つはiOSのミュージックとの連携はApple Musicに軍配が上がります。

「iPhoneでiOSのミュージックで聴きたいんだ!」

と云う方は絶対的にApple Musicがおすすめです。

Apple製品との親和性は当然ながら群を抜いてる上に、アーティストラインナップも音質も十分。

Apple信者の方は迷わずApple Musicですね。

Apple Music iPhone AirPods

メリット

Amazonプライム会員との親和性

Amazonプライム会員の方は、Amazon Music Unlimitedを200円引きで利用できます。

それだけで年間2400円もお得になるので十分お得だと思います。

 

「Amazonプライム」はもともとのサービスである「送料無料」や「Prime Video」「Prime Reading」などを使えばあっという間に元が取れる皆さんご存知の神サービス。

それがさらにAmazon Music Unlimitedまで安くなると云うのはもはや神超えか?(笑)

というのは大袈裟だけれど。

使わないのは大きな機会損失でしかない。

プライム会員

Amazon Echoとの親和性

AmazonのAIスピーカーの「Amazon Echo」との連携がとても良い。

「アレクサ、〇〇の△△△かけて」

と云えば、すぐにAmazon Music Unlimitedから楽曲を再生してくれます。

AIスピーカーとMusic Unlimitedの親和性は一度体験すると、その便利さに心奪われます。

そして、Amaon Echoはなんと云っても安いんですよね。我が家には三台居ますよ。

Amazon Echo

 

[Amazon Echo参考記事]

AmazonのAIスピーカー「アレクサくん」我が家にやってきて一年とちょい経ちましたので結論!

まとめ

というわけで、

色々と冷静に見てみると、それぞれ大きな差は見られないと思う。

「Apple信者はApple Music

「Amazonプライム会員はAmazon Music Unlimited

と云う選択肢が良さそう。

 

とくに今現在は音楽サブスクを使っていないけど、「一度試しに使ってみたい」と云う方は、

三ヶ月無料のAmazon Music Unlimitedを利用して、聴きたい曲が自由自在に聴けるミュージックライフを手にしてもらって日々の暮らしを豊かにしてもらいたい。

三ヶ月無料登録してから判断してみだください。

>Amazon Music Unlimited

 

音楽サブスクを契約したら、良いイヤホンで音楽を。

イヤホン記事を書いてますので参考にしてください。

Baseus SiMU S1 Pro Baseus SiMU S1 Pro〜片耳「3.6g」の軽い本体にノイキャン・外音取り込み搭載のANC高コスパ・ワイヤレス・イヤホン Edifier NeoBuds Pro Edifier Neo Buds Pro最先端のハイレゾ・ワイヤレス・イヤホンによく効くノイキャンで異次元コスパを実現。 TaoTronics-SoundLiberty Pro P10(tt-bh099) Taotronics SoundLiberty Pro P10〜ノイキャン・ワイヤレスで高品質サウンド&コスパを実現〜AirPodsをスルーし続けた人たちに教えたいイヤホン TaoTronics SoundLiberty S10 Pro TaoTronics SoundLiberty S10 Pro〜ワイヤレス・イヤホンは白と黒だけじゃない!革新的機能「なぞる」タッチに高品質サウンド Apple AirPods 【セール】AmazonでAir Pods ProをはじめAirPods、Apple Watchもそれぞれ12〜16%値下げ!・・・新作リリース間近か? COUMI TWS-834A 【レビュー】格安ワイヤレス・イヤホンCOUMI TWS-834A〜最近少数派のインイヤー型で自分の耳に合わせるイコライジング・アプリが意外にグー。 Tribit FlyBuds3 【レビュー】Tribit ワイヤレスイヤホン FlyBuds3〜格安なのに高音質!おまけにモバイルバッテリー機能も備えたニクイやつ。 TaoTronics SoundLiberty97 (TT-BH097) 【レビュー】格安スタンダードなワイヤレス・イヤホンの決定版『SoundLiberty97(TT-BH097)』はデビュー機にもセカンド機にも最適! ausounds-au-flex-anc 【レビュー】ネック・バンド式はワイヤレス・イヤホンの最適解かも!AUSOUNDS『AU-Flex ANC』はノイキャン・外音取込・ハイレゾ対応『無敵』の全部入り! 低音カットの耳に優しい「ソフト・ノイキャン」と外音取込機能搭載の格安ワイヤレス・イヤホンCOUMI『ANC-860』〜この機能では最安クラス? イヤホン&ヘッドホン アマチュア・ミュージシャンの端くれ!『イヤホン大好きカーミー』が2020年にレビューしたイヤホン&ヘッドホンたちをまとめました! 【レビュー】『AirPodsProをスルーした諸君!我々の勝利だ!』ノイキャン&外音取込機能搭載の格安ワイヤレス・イヤホンTaoTronics SoundLiberty94(TT-BH-094)降臨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA