記事一覧

【書評】『Think Clearlyより良い人生を送るための思考法』〜久しぶりに「あぶねぇっ!スルーするとこだった」・・・と焦った本

インナースペース innerspace

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

オーディブルで聴く本

久しぶりの書評です。


正確に云うと今回はAmazonのAudible(聴く読書)で

聴きました。

「聴く本」オーディオブックってやつです。

 

短い本はAudibleで聴いた事はありましたが、

今回の「Think Clearly」の様なボリュームのある本を聴くのは初めての経験。

隙間時間を利用して読んだので(聴いたので)

なかなか時間がかかりましたが、

「ながら聴き」を駆使しながら読破・・・聴破?(笑)

久々のヒット本、おすすめです。

結論から云って・・・・・

・・・・この本はお勧めしたい「良書」です。

「手を出して良かった・・・・・あぶねぇぇ・・・・

危うくスルーするとこだった・・・」レベルです。

僕にとっては。

 

本との出会いはいつも紙一重だけれど、

僕はAmazonのAudible無料お試しにトライしてなかったら、

この本に出会ってなかっただろう。

Audible無料お試しにチャレンジした僕!えらい!

(いや、そこはAmazon神に感謝だろっ!w)

Think Clearlyがくれる52個の考え方

と云うわけで、

書評なので中身について触れておきたい。

簡単に云うと、この本は「52個の考え方」を教えてくれる本、

「自己啓発本?」と聞かれると・・・なんか違うのかな・・・?

と思うのだけれど、

物事の考え方、捉え方についての

52個のヒントをくれる本だと僕は捉えてる!

哲学的な要素も多いので、

生きる事についてのヒントにもなり得る。

分類はやっぱ自己啓発なのかな・・・?(笑)

 

その52のヒントを全て読ませてもらって(聴かせてもらって)

僕の場合は10個くらい、心が「ザワザワッ」っとなる内容があった。

今日はその10個の中で、「最も僕の心をザワつかせた部分」

を紹介したい。

犬

52個の中で最も心がザワついたモノ?

それは、本書の最終章、52番目に紹介されていたのだけれど、

「内なる成功を目指そう!」

というお話。

なんとも朴訥ぼくとつなタイトルなんだけれど、すごい事が書かれていた。

 

要約すると・・・、

「自分の外側に意識を向けるのではなくて

内側に意識を向けて

自分の本当の心の平静と充実にフォーカスすべき!

というお話だ。

う〜〜ん、説明が難しい・・

って云うか僕の説明が下手すぎる・・・・。

ピンと来ないと思うので、話の中に出てきた喩え話を。

 

成功者の中には成功の証でもあるかの様に

高級腕時計を買って身に付ける人が少なくない。

成功者は、成功によって得た富で

高級腕時計を買い、身に付けるのだ。

 

そして、高級時計を身に付ける事によって

周りの人の自分を見る目が変わる。

おいそれと手にする事のできない高級腕時計を身に付ける事は

他者から見れば富と名声を得た「この世の成功者の証」であり、

それを身に付けた者は、憧れと畏敬の対象になる。

肝心なのは心の中で起こっている事

しかし、これは全て自分の外側の話。

つまり自分の内面、心の中で何が起こっているか?と云うと・・・、

高級腕時計を通して得られる羨望の眼差しや、他人からかけられる言葉

自分に対する他人の扱いなど、

高級腕時計を身に付ける事によって「他者に変化が起こる」事になる。

 

その時、自分の内面で何が起こっているか?・・・と云うと

他者の見る目や態度や対応が変わった事に対する満足感という

「心の充実」を手に入れる事になるのだ。

インナースペース innerspace

つまり、社会で苦労して成功して富を得て

高級腕時計を手に入れて、身に付ける事・・・、

というものを通して得られる「他者の自分への評価の変化」を通して

結局のところは「心の充実感」に到達しているに過ぎない。

 

最終的には「心の充実感」を得ているだけにも関わらず

不安定でコントロールしづらい自分以外の外側の世界を

苦労して渡り歩いてやっとの事で得た富と名声で・・・と思うと、

なんとも周りくどい限りだ。

もっと簡単に「心の充実感」には辿り着けないのか?

物質的な成功を価値観として押しつけられる時代

そして、なぜ?人はこうも自分以外の外側の世界に意識が及ぶのか?

よりコントロールしづらい世界へ執着するのか?

それは今の時代が物質的な成功を称賛する

経済最優先の時代だからだ。

 

アメリカのフォーブス社は毎年

フォーブスリストと呼ばれる富豪のリストを発表している。

[こっちは本家アメリカ]

参考 フォーブス世界長者番付2020年度版MEMORVA

[こっちは日本版]

参考 Forbes Japan日本の富豪Forbes Japan

ここの載っているのは企業家や巨大な資産を受け継いだ相続人がほとんどらしい。

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスやウォーレン・バフェットと云った資産家たちだ。

日本だと2020年は一位が柳井さんで二位が孫さん。

 

世界中でこの手のランキングが出され、

そこに掲載される事が、最も尊い事かの様に世界中で喧伝されてる。

なぜか?

現代社会にとって経済が最も大事だからだ。

時代が違えば、このリストはもっと違ったものになるのだろう。

 

大昔の狩猟時代であれば、

最も多くのタンパク質(獲物)を獲って来る者がリストに載ったのだろう。

戦争の時代であれば、最も多くの敵を倒せる者がリストに。

つまり、時代によって社会が求めるリストは変わる。

現代は経済が最も強いという事だ。

しかし、最も心が充実している人のリストは発表されない。

おそらく社会が、時代がそれを求めていないから・・・。

 

そう考えると僕らは社会の求めるフォーブスリストの様な誘導灯に、

ものの見事に翻弄されているのではないだろうか?

そうとも知らずに・・・・。

 

と云う様な事が書かれていた・・・・・

うまく伝えられてるだろうか?

僕はこの章で、物凄く考えさせられるとともに、

気づきを得る事ができた。

押しつけられる 囲われる

僕が生きていて最も価値を感じる瞬間

話は大きく変わるけど、ひるがえって、

僕が最近、最も心の充実を得られる瞬間を紹介したい。

それは・・・、

近所の川の周辺を5kmほどランニングして

汗をこれでもかと云うくらい大量にかいたあとに、

そのまま川に飛び込んだ時だ。

 

川に浮かんで空を見上げながら

汗だくで火照った身体が急速に冷やされていく時、

「最高やな〜っ」・・・と何度も無意識で言葉が漏れる。

周りに誰一人いない川で

ひとしきり泳いだり浮かんだりして

身体の火照りが納まったら陸に上がり、

心地よい疲労感と汗を流した爽快感を味わいながら

家路に着く、

この時も心の平静と充実を味わいつくす。

 

僕はこの行為をする時いつも思う、

口からこれほど自然に「最高やな〜っ」ってこぼれる瞬間ってそんなにないよな?

美味しいモノを食べても年代物のワインを呑んでもセックスをしても

最新型のiPhoneの一番スペックの高いやつを手に入れても

テスラに乗ったとしても

この瞬間にはかなわない!と断言できる。

 

きっと誰にもそう云う瞬間があるのではないだろうか?

恋人と一緒にいる時間や、

家族とともにする時間、

子供を抱きしめた時、ペットと過ごす時間、

真の心の充実は様々なところで得られると思う。

かわうそ カワドボン

心の内面の声を聞き取る

僕にとってのこの最高の瞬間を味わうためには

川と自分しか要らない。

なんとも安上がりだけれど、

コレに変わり得るモノを僕は知らない。

恐らく「ないだろう」と確信している。

Think Clearlyの最終章で書かれている事は

そう云うことかな?と思った。

 

フォーブスリストに惑わされてはいけない。

自分が生きている時代の社会が求める虚像というものを

しっかりと理解しておけば、

虚像に惑わされる事なく

より良い人生を送れるという事だ。

読む人によって人生の角度が変わる一冊

Think Clearlyにはこの様な

眼から鱗の考え方が

惜しげもなく52個も紹介されている!

 

より良い人生を送りたい!という方は是非手にとってもらいたい。

52個の考え方の中に、自分と相性の良いモノをいくつかきっと見つけられるはず。

読む人によっては人生の角度が変わる一冊だと思う。

現に僕はかなりフィットしてしまって

これからの人生に大きな影響がありそうだと・・・予感している。

 

ちなみに、僕はこの価値ある本を

Audibleの無料お試しで読んでしまった・・・・。

無料でこんな知識を得てしまう僕・・・・、

神さまに愛されてるのかもしれない・・・(笑)

Amazonのオーディブルの「一冊無料お試し」を使えば

人生が変わるかも知れない本がタダで読めちゃう。

こちらもおすすめです。

オーディブルに関してはこちらも読んでみて下さい。
「聴く本」ではかどる『積ん読』〜新刊まるまる一冊もらえるAudibleは試さにゃ大損!

2 COMMENTS

虎之介

カーミーさん…こんばんは✩.*˚

自分のココロの充足感は、世の中や他人の価値観では図れないのですね。。。

他人目線の満足ではなく、自分の中にある充足感。。。を、見つけたいです✨

気づかせていただき、ありがとうございます^^*

返信する
カーミー

虎之介さ〜〜〜〜〜ん!
ありがとうございます。
ヽ(・∀・。)ノヽ(。・∀・)ノ
僕もいかに自分が社会の価値観に囚われていたのか?・・・が
少しだけ分かった気がしました。
自分の心の声って自分が思ってるより聴けてないものですね・・・(笑)

虎之介さん
いつも読んでくださってありがとうございます!
コメントまで頂いて・・・。
感謝です(*゚∀゚*)/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA