記事一覧

ロルバーンではじまる新年、三年目の失敗・・・。

スケジュール帳はロルバーン

ロルバーンのスケジュール手帳を使い始めて三年目だ。

毎年、大阪の叔母の家で年末年始を過ごさせてもらっていたので

ここ最近は年始に吹田市のEXPOCITYにあるLOFTで

ロルバーンのスケジュール手帳を買うのが常となって

田舎者の1年に1回の楽しみとなっていた。

今年は叔母が年末年始にお友達と温泉に行くという事だったので

地元で過ごす事にしたのだけれど

ロルバーンのスケジュール帳は仕方なくネットで買う事にした。

LOFTで選ぶ時は色々選択肢もあったのだけれど

ネットではあまり見つけられず

今年は、スタンダードなものにしようと黄色の表紙のオーソドックなデザインを選んだ。

翌日の夕方には届いたので「早〜い」と感心したのも束の間・・・、

開けてみると・・・注文したロルバーンには違いないけど

いつも使ってるのよりワンサイズ小さいものだった・・・・。

「や・や・やっちまった〜〜〜・・・・」

ありがちなミス・・・・に落ち込む・・・・。

しかし、ポジティブシンキングがうまくなった僕は

翌日には気持ちを切り替えて、小さいのも案外良いかもしれないぞ・・・。

まずは使ってみよう!という事で使ってみると

意外に大丈夫そう・・・、字も丁寧に小さく書けば問題なさそう。

と切り替える事ができた。めでたしめでたし!

ロルバーン・スケジュール帳の魅力

このロルバーンは「一月を2ページに書けるスケジュール欄」に加えて

「方眼のフリースペース」や

「資料なんかを入れられるビニールケース」もついていて

多機能なところがとても気に入っていて

使い始めて三年目になる。

すっかり馴染んできて手放せないツールになってます。

値段も手頃で、毎年表紙のデザインも色々と出されていて選ぶのも楽しい。

今年のシリーズは残念ながら見られてないけど、来年はまたLOFTで書いたいなぁぁ。

MOLESKINも良いけどスケジュール手帳はロルバーンがお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA