記事一覧

【感電注意】N國党立花さんの動画で久々に電気走った!!!ビリビリビリっ!!(注:信者ではありません)

最近Youtubeが情報のインプット元になる事がとても増えている。

言い方がまわりくどいな・・・。笑

Youtubeをよく見る!!!

そのせいで、読書量も減った。

「書籍の情報インプットは最強!」と思い込んでいたのだけれど

最近はそうでもない?事に気付き始めた。

Youtubeのコンテンツでも全然勉強になる。

ってかインプットするスピードが書籍よりが早い様に感じる時がある・・・。

それだけYoutubeコンテンツの質が上がってきているんだろうなぁ・・・・。

いよいよ動画コンテンツが書籍を駆逐し始める時代の到来なのだろうか・・・・・。

本好きとしてはちょっとさみしいな・・・・(^^;

 

というか書きたかったのはその事ではなく、

よく見るYoutuberの中にかの有名な「N国党の立花さん」が居るのだけれど

1日一回「NHKをぶっこわ〜す!」を聞くとなんだか安心する。笑

もとい、盲信的な信者ではありませんが、

人柄の良さとか言ってる事とやってる事の斬新さが凄くて痛快なので

みていて気持ちが良いし、面白いし、為になるんですよね!

 

その立花さんが講演家Youtuberの鴨頭さんとコラボしている動画を見たんだけど

終始、興味深い話をお二人で繰り広げられていた中で

最後の方に立花さんが語ったお話を聞いて久々に電撃が走った!

その話は「自分というものの捉え方」についての話だ。

「自分は二人いる」

・・・・・・・??

「はあ?」

・・・・?

立花さんは「馬とジョッキー」に喩えられていたけど

要は

馬が「本能」或いは「潜在意識」

であって

ジョッキー(騎手)が「理性」或いは「顕在意識」

だって云うんですんね。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

ビリビリビリビリ・・・・ガガーーン・・・・

・・・・・・・

電気走りました。

「あ〜つながった!・・・・・」

ずっともやもやしていた脳内首脳会議の永遠の課題的テーマが

やっとの事でひとつ前に進んだ感じ!

ルービックキューブが5面まで揃った感じ!!

「お〜〜〜〜〜!」

っと一人で興奮してしまった。

二人いるんだよな・・・・・っていうのはなんとなく気づいてたんですよ。

でも、立花さんが断言して教えてくれた事で確信に変わった。

「やっぱり!そうだ!その通りだ!」って。

気持ちよかった。

 

僕はよく脳内首脳会議って云うんですけど

本当に自分ってよく分からなくて

色んな自分が自分の中で鬩ぎ合ってるんですよね。

僕の脳内首脳会議の与党は「つまんな いい人党」

最大野党は「ネイティブ浪花節エモ党」

あと、「合理効率化自己安全&自己不労最優先ゲス党」なんかもあるけど・・・・

そこは今日は割愛・・・。

基本、「つまんな いい人党」の圧倒的な会議掌握で

最大野党であるはずの「ネイティブ浪花節エモ等」は完全になりを潜めている。

これって自分の中で

本能と理性

潜在意識と顕在意識

派閥がふたつ・・・・

要は二人以上居るんですよね・・・・・。

そう、自分ってひとりじゃないんじゃないのか・・・・、

と云う漠然としたモヤモヤ・・・・・・。

 

それが、立花さんの云うところの二人であって

喩えると馬とジョッキーなんだ!

とパズルのピースがビシッとはまった!

いや〜気持ちよかった。

で?・・・・・・・

と云われると困るけど・・・・

兎に角、何か自分の中でモヤモヤしていたものが明確化して

なんだかスッキリしてしまったんです!

 

そして、立花さんは「もっと自分と対話しないといけない」とも言っていた。

そうだ!もっと自分と対話しないと・・・・

掘り下げないと・・・・・。

確かに、自分の事ってぼやっとしたまま放置している。

他人の事や仕事の事やなんか、家族の事やなんか、

自分以外の事を重要視して自分の事は常に最後尾に回している・・・。

なぜなら自分の事だから、分かってるはずという

強烈な先入観があるから・・・・。

分かってるつもりで案外自分の事って分かってないのだ、実は。

だから自分が二人居るなんて思いもよらないんだよね・・・・。

 

というわけでなんか分からんけど晴々しい気分になった。

そして脳内がざわついている!!!

僕の脳内首脳会議の最大野党である

「ネイティブ浪花節エモ党」がふつふつと動き始めているのか・・・?笑

と・・・・本日この件はここまで!

「さ〜ルービッックキューブはあと一面!」(・・・・????)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA