記事一覧

【日記19-10-29】ライヴ準備に翻弄されて全く投稿できなかった日々

この記事を書いた人
カーミー
社畜ブロガー

雑記ブログ『Studio Kamix』管理人の社畜ブロガー「カーミー」です。無意識に良い人を演じますが、ゲスで小狡いスケベ野郎が内に潜んでます。写真・音楽・ガジェット・物書きが好きという無節操が未だ止まらないアラフィフ男子です。プロフィール

バンドのライヴに翻弄されたここ最近

10/27に高知市某所で所属バンドのライヴを行ったため、

直近の日々は準備と練習に追われ、全く投稿もできずになってしまっていた。

何か一つ集中しなくてはいけないイベントがあると他がバッサリと途絶えてしまう・・・。

仕方がないのだけれどもっと許容量をあげられればな・・・と思う。

ま〜仕事しながら自身のイベントもありながらとなると仕方がないのか・・・。

もうちょっと自由になる時間が多いといいな・・・と思った。

お客さんに助けられたライヴ

ライヴの方はお陰様でなんとかやり過ごせたのだけれど、

演奏は全編にわたって失敗がまんべんなく散りばめられ燦々たるものだった。

悔いの無いよう思い切ってやる事は出来たのと

助平根性を出して、変にカッコつけず、自分達の音楽を楽しむ事に集中出来たのと、

オーディエンスが暖かくて助けられたのとがとても良かった。(ほとんど身内でしたが・・・)

いろんな発見や気づきもあってとても有意義だった。

次があるなら活かさないといけないな・・・。

今回ギターアンプも二台使って、エフェクターも過去ないくらい多用して、

そのせいでの準備の複雑さ、本番の難しさも出てしまったので、

次回からはもっとシンプルにしようとも思ったのだけれど・・・

よく考えてみると、自分がしっかり準備さえすれば

その複雑さが自分のプレイスタイルになって良いのでは?と思いついた。

なので、このややこしいスタイルをしばらく続けてみようと思う。

もう少し複雑化するのもありだな!とかも妄想中。

冒険は大事だけれど、平穏な日々も大事

ライヴもちょっとした冒険だったけれど、

やはり冒険は大事だなとあらためて思う。

平穏な日々はとても心が落ち着いて穏やかで波風が立たなくて素晴らしいのだけれど

冒険して波風立てる事も同じくらい素晴らしい。

両方とも素晴らしいのでうまくバランスをとれるといいなあと思います。

ただ、面白い事に両方ともないものねだりで

平穏な時には冒険を夢想して

冒険の真っ只中では平穏に戻りたいと願うのだ。

人間の心理ってそんなもんなのだろう。

確か「中庸」っていう概念があったよな・・・。

でもこれを繰り返すのが良いのかな?

陰と陽、光と陰、静と動、ハレとケ、相反する事を行き来する・・・。

バランスをとる・・・?

え〜と確か「中庸」って言葉があったはず・・・。

亡くなった会社の恩師が教えてくれた言葉だった。

なんか真ん中の良いところでバランスをとるという様な深〜い意味だったはず。

時にどちらかに振れ過ぎる事はあっても

うまくバランスをとって中庸に持っていく。

行き過ぎて戻れなくなってしまうのは心にも体にもよろしくない。

という様な教えだったと思います。

え〜と、これも確かだけど・・・・「大学」っていう中国の有名な書物に記されてる話だったと記憶している。恩師に勧められて読んだんだけど、当時の僕には難し過ぎて読み通すのにえらい苦労したのを覚えてる。

また読んでみようかな。

どんな事もバランスが大事だよね。うまくいかない時は必ずバランスが悪くなってる。

中庸は僕の中で車のギアで言うところのニュートラルな状態のイメージ。

あらゆるギアを入れるんだけど時にはニュートラルに戻して俯瞰する事が大事なんでしょうね〜。

平穏な時はひたすらだらだらと過ごし平和ボケになってダメ人間になってしまう、でも心地よい。

忙しい時は忙しさジャンキーみたいになって色んなところでバトってみたりと

なのでどちらにも振れていないニュートラル状態を意図して持つ事で

心も体も整っていく様な気がします。

音楽も聴き過ぎたり、やり過ぎたりするとしばらく要らない・・・てなってしまうし、

ゾンビドラマも見過ぎると感覚がおかしくなっちゃう。

ほどほどにして中庸を意識していこうと思います。

これからしばらく中庸タイムかな?

いや、お客さんがあったり、フォトマスター試験もあるので慌ただしいので

行き過ぎない様バランスとらなくてはですね。

しかし、フォトマスター試験はやばい!こっから勉強頑張らないと!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA